協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. ラップナビゲーター
  4. 【スプリングS】鈍足キャラがイチ押し!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

ラップナビゲーター

2019年03月14日(木)更新

【スプリングS】鈍足キャラがイチ押し!

 GⅠ馬5頭が顔を揃えた金鯱賞。ダノンプレミアムが好位から最速上がりを叩き出す圧巻のパフォーマンスで、同じ稍重の前年(2分01秒6)を大きく上回るVタイム(2分00秒1)を叩き出して完勝。ハイレベル4歳世代のチャンピオンが完全復活を印象づけた。大阪杯出走なら軸馬の地位は不動とみてまず問題ないだろう。


 一方、阪神の桜花賞トライアル・フィリーズRは1着同着の波乱劇。スプリント色の強い阪神7ハロンらしく、前3ハロン34秒9の入りからラスト2ハロンは11秒3→12秒2とラップ急落。ノーワン、プールヴィルの脚勢が目を引いたビジュアル面とは裏腹に、データ面からは展開に恵まれたとする見方も十分に可能。少なくとも好発進を決めた阪神JFワンツー両馬(ダノンファンタジー、クロノジェネシス)の瞬発力レベルには遠く及ぶまい。本番で上位争いとなると疑問符をつけざるをえないのが現実だ。


 今週の注目レースは皐月賞トライアル・スプリングS。同じトライアルの弥生賞が3連単45万円超の大波乱。2歳王者アドマイヤマーズが今季初戦の共同通信杯でつまずき、もう1頭のGⅠホース・サートゥルナーリアはトライアルをパスして本番へ直行。手探りの状態が続く牡馬クラシック路線だが、その混沌にさらに拍車がかかる可能性が高い。


 上位人気を形成するのは朝日杯FS2、4着のクリノガウディー、ファンタジストあたり。GⅠ2着、重賞V2の実績には敬意を払う必要があるものの、アドマイヤマーズが一敗地にまみれた先の共同通信杯で朝日杯組の脆さが露呈したばかり。傑出馬不在の混戦とみれば、いわゆる〝格下〟にもチャンスの目は出てこよう。


 イチ押しはロジャーバローズ。キャリア3戦の自身上がりが全て35秒台の鈍足キャラだが、それは新潟→京都→京都の内回りであったがゆえ。紫菊賞=24秒0→23秒8、福寿草特別=23秒7→24秒2と落差の小さい一貫型ラスト4ハロンラップを潜り抜けてきた経験値は軽く扱えない。33~34秒台前半の速い上がりを叩き出せるかは未知数も、高速上がりとは無縁の中山9ハロンなら十分勝負になる。


明石尚典

AKASHI TAKANORI

関西学院大学法学部卒。大阪スポーツの若き俊英記者として知られる。ラップ理論の先駆者でもある上田琢巳記者を師と仰ぎ、同氏からの信頼も厚い。東スポ・大スポ週末版で「ラップナビゲーター」を大好評連載中。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line