協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. ラップナビゲーター
  4. 晴雨兼用の軸選びを!安定感随一のクロノジェネシス◎
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

ラップナビゲーター

2020年06月25日(木)更新

晴雨兼用の軸選びを!安定感随一のクロノジェネシス◎


今週のピックUPレース
宝塚記念

今秋は上半期のGⅠシリーズの掉尾を飾る宝塚記念。GⅠ馬8頭と例年以上の好メンバーが顔を揃えたが、そこに文字通り水を差しそうなのが週末の空模様。梅雨時で馬場レベルが読みづらいとなれば、まずは晴雨兼用が軸選びの大前提となろう。





白羽の矢を立てたのがクロノジェネシス。
10戦して掲示板外なしの安定感もさることながら、ここまでのV5のうちラスト2ハロン合計22秒台が3鞍。24秒台2鞍と高速、低速のどちらにもきっちり対応。馬場レベル、展開(ペース)に左右されないのは大きな強みだ。上がり3ハロンは5鞍とも最速あるいはナンバー2。過去10年で最速上がりを叩き出した馬が並びを含めて【6-5-0-0】の連対パーフェクトという宝塚記念のレースキャラとも見事にマッチする。馬場レベル&展開不問の末脚で2つ目のGⅠタイトル奪取へ。曇天の梅雨空を吹き飛ばすような快走劇を期待したい。



先週のピックUPレース
ユニコーンS

一昨年のルヴァンスレーヴに昨年のクリソベリル。逸材の輩出が止まらないダート界にまた新たな大物が誕生だ。その馬はもちろんユニコーンS完勝のカフェファラオ。

前3ハロン34.2秒→58.4秒のハイラップを2番手追走から5馬身も抜け出した。ラスト2ハロンを減速のないラップ(12.2秒→12.2秒)で駆け抜けられては後続お手上げも当然。Vタイムも稍重でレースレコード更新の8ハロン1.34.9秒なら文句のつけようがない。

かつては芝より一段低く見られていた砂上の闘いだが、路線整備が進み、血統レベルも飛躍的に向上した今では芝の一流馬といえども簡単に通用しなくなったのが現実。カフェファラオの父は米国の3冠馬アメリカンファラオ。いずれは本場の一流馬を打ち負かすほどの超大物へと成長してもらいたい。

明石尚典

AKASHI TAKANORI

関西学院大学法学部卒。大阪スポーツの若き俊英記者として知られる。ラップ理論の先駆者でもある上田琢巳記者を師と仰ぎ、同氏からの信頼も厚い。東スポ・大スポ週末版で「ラップナビゲーター」を大好評連載中。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line