協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 美浦追い切りレポート
  4. トップハンデも気にならぬデキ マルターズアポジー
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2017年07月05日(水)更新

トップハンデも気にならぬデキ マルターズアポジー

2週目の福島で迎えるのは、サマー2000シリーズの口火を切る七夕賞。最大のポイントになるのはゼーヴィントの仕上がりに他ならぬ。何せ、初の重賞ゲットが昨7月の当舞台だったし、その秋の福島記念でも2着。休養直前にはGⅡでも通用したほどで着実なステップUPを果たしていたからだ。

2週前から一気にピッチを上げて体が引き締まってきた。当然だ。最終追いを含めて都合3回の6F追い。しかも、ラスト2本は3頭縦列の最後尾から。直前に至ってはゴール板を過ぎても肩ムチが入ったほどで実にハード。本来なら逆らえないが、理想はAJC杯時のようなしまい重点。鞍上がアクションを起こしてからのタイムラグが気懸かりだし、ゆとりのない過程が急仕上げを暗示しているようでならない。

同じ久々でもマルターズアポジーの態勢は整っている。阪神のGⅠでは12着と退いたが、番手にいたのがキタサンブラックだったから、その厳しさは見た目以上。キャンターに移る際、肩の出が少し硬いというのはあるが、1週前の長目追いで好時計をマークして息はデキた。行き出しが5Fでユッタリとした入りだった直前にしても、馬場の外目で武士沢が目一杯追い出すとストライドを広げてのフィニッシュ。重いウッドでの3F38秒2には‘さすが’のひと言しかない。57.5キロのトップハンデでもローカルなら足枷にならない

上昇気流に乗っているのがマイネルフロスト。ここ2週、僚馬とともにウッド入りしても自分のペースを崩さずに単走で終えるというパターンで、追い切りは15秒台後半の入りだったから、結果的には5F70秒1と目立たぬ時計。しかし、全身を余すことなく使ったダイナミックなフォームは前回同様で、はち切れんばかり。気合いをつけたわりにラスト12秒8だったのはブリンカーを着けていなかった故。ここ2走での変り身が示すように、実戦に行けば心配は無用。

格上挑戦となるソールインパクト、1000万下突破は2400戦だったが持ち前の決め手はそれより短い距離でこそ。稽古で目立つタイプではないが、前走後もシッカリと追えているし、最終追いではシャープな捌きで2馬身先着と高いレベルをキープ。しかし、昨夏の福島でマルターズAに大きく水を開けられた。斤量差があってもそこからの逆転は困難。

日曜・中京は同じGⅢでもダートのプロキオンS。能力の上ではカフジテイクになろうが、海外遠征直後で不安なきにしも非ず。かといって。西下するベストマッチョにチャンスが巡ってきたわけではない。降級した前走、追い出しを待つ余裕があったから、着差以上の強さだったし、根岸Sでの大敗を経験値の低さと決めつければ1400に関しては底を見せていないことになる。加えて、間隔を開けて臨んだのが麦秋S。その時より調教の質が上がったのは、同厩のOPアルタイル以上の中身だった先週の併せ馬が示す通り。けれども、当たりの強い乗り手でないとトボけるタイプでテン乗りの幸では割り引くのが妥当。

中京に臨む美浦組でむしろ面白いのはロードセレリティ(土曜メイン)。京都での現級勝ちはペースを握っての逃げが功を奏した形だったが、中央に転入して3戦目ということを考えれば見上げたもの。フックラとして美浦入りした経緯があったからここ、2週のハードな併せ馬がこなせたということで、直前の4F追いでは抜群の切れでパートナーを一気に1秒も置き去りにしたほど。2走前の中京では12着と振るわなかったが、中途半端な位置取りに馬体減と悪条件が重なっただけ。従って、トリトンSで先着を許した馬たちとの勝負づけが済んでいるとは言えない

その直前の濃尾特別で主役を張れるのはマイネルビクトリー、というのが常識的な見方。降級2戦目で当コース2着は3月の1000万下。ホームコースで追われた今回もラスト11秒台と反応◎なら好調キープで順番が。

しかし、ここで侮ってはならないのがトラネコで、ユニコーンSはレース直前の雨でスピードを要求される馬場に。出番もなくなる。ユッタリと運んで持続力で勝負するのが身上と思うし、コーナーワークに関しても左回りがベター。砂が流されたDコースを避けてのウッド追いとなってラストは13秒9と要したが、このコースでは上手く体を使いこなせない故に時計が出ない。身のこなし自体は力強くて使うごとのパワーUPさえ伝わってきた。

福島に戻って他の特別レースを。‘暑さに強い牝馬’という格言を水曜の蒸し暑さで思い出したわけでもないのだが、推奨したいのはオール牝馬に。まず土曜メインはワンブレスアウェイ。4ヶ月ぶりの実戦で牝馬の55.5キロは少々見込まれたように思える。が、スッキリとした綺麗なシルエットでブランクを感じさせない立ち姿。加えて、追い切りは3頭併せで大きく追走しながら余裕の手応えに終始。格下とはいえ、アドバンテージを与えれば楽ではない外2頭を遥かに上回るシャープさをアピールできたのだから万全。元々、1400で突出していた馬で、中距離では底を見せていないし、立ち回りの上手さからも分かるようにセンス◎。

松島特別は降級4歳の一騎打ち。1週前には準OPを追走して併入、直前の3頭併せではサンドされる直線でもリズムを崩さずに動きにも余裕があったダイワドレッサーは2階級落ち。しかも、当コースであればゼーヴィント相手に少差という適性さえ。

ゲッカコウのデキも◎。休養前の1戦は不利が痛かったし、トーンダウンした中間もあったから、そこでリセットしたのは英断と言える。現に、帰厩後は見違えるほど麗しくバランスの取れた馬体に。漆を滴らせたような毛ヅヤで牝馬らしい皮膚の薄さ。追い切りでは軟弱な馬場にも動じることなく外ラチ沿いを選んだラストは12秒6で実にパワフル。ダイワDを負かすまである。

平場も牝馬。土曜8Rのブランメジェールを取り上げる。一息入れての復帰戦だった前走、馬体重に大きな変化はなかったが、胸前の筋肉が発達して休養前よりむしろパワーUP。中身が詰まってきたわけだ。ダート1300にしては前半3F35秒を切る流れに晒されても大崩れしなかった所以。行き出した4Fからのスピード感は相変わらずで更に活気を呈してきた追い切り、器用さで他を制するタイプだけに今回が初になるローカルで勝機を迎えた。 。

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line