協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 美浦追い切りレポート
  4. 凄味さえ出てきたステルヴィオ
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2019年03月28日(木)更新

凄味さえ出てきたステルヴィオ

 ドバイとの兼ね合い、ダノンプレミアムやウインブライトが出走を見送ったにしてもレベルが保証されている大阪杯。層の厚いカテゴリーだと再認識させられる。その中で支持を集めているがキセキで、異論を挟むのは無謀に思える。毎日王冠からの3戦はいずれも高速決着の中で3、3、2着。戦法をガラリと変えて復活した上に、今回は内回りでの単騎逃げが濃厚だからだ。しかし、それは他も承知で、スパートを早めるなど、対抗措置はある筈。底力といった面を指し示すのが有馬記念5着と考えれば下馬評に逆らう手があって良い。


その昨季総決算において念願のGⅠを奪取したのがブラストワンピース。菊花賞で伸び悩んだのは生粋のステイヤーではないという、明確な理由がある上に、ラストでレイデオロを捻じ伏せたパフォーマンスには瞠目させられた。


問題はそれ以来となる点。確かに、1週前に6F追い消化から直前のしまい重点と定石通り。特に、長目追いでは5Fまでに一旦控えた為に、先頭との差が開きながらも最後は貫禄勝ち。その時点で重かったのは確かだし、当該週でも立派に映った。唯、切れに切れた3歳春とは異なり、重厚感とズブさの分。思えば、前回時も同じ印象を受けた。輸送を含めれば力を出せる造りになろう。


とはいえ、ここに向けて一度使った強味は計り知れない。その観点からステルヴィオが最右翼。何せ、前哨戦での+12キロが全て実になったと思えるほど充実ぶりだったからだ。しかも、以降の調教ではそれの更に上を行く動きを披露している。6Fで3秒近く追走した先週などは、道中でセーブしつつもハイラップを刻んで、またまたラストで弾けるといったように文句なし。半マイル50秒を切って3Fに至っては36秒4の快時計をマークしたのだ。4Fスタートの追い切りでは脚色劣勢だったが、ゴール板を過ぎて2角に至るまで追うのを止めなかったほどで、字面以上にハードなメニューを課していたわけ。  3歳時の対戦比較には目を瞑って良いほど馬が変わったということ。中山記念でも直線でフラついた分だけ届かなかっただけで、丸山も2度目に騎乗となれば御し易くもなる。即ち、人馬ともに上積みは絶大。


関東馬でのワンツーまで視野に入れておきたいが、やはり注目は同じ世代。復活の予兆を感じさせたエポカドーロは、皐月賞をイメージできる条件に替る。実績的にワグネリアンには敬意を表さねばならぬし、力をつけているステイフーリッシュも。5歳勢となると昨年の2、3着、更にサングレーザーの突っ込みは視野に入れておくべき。多士済々でステルヴィオを軸にして手広く流すしかないか。


中山のメインは土曜のダービー卿CT。暮れの牝馬GⅢで案外な結果に終わったプリモシーンをまずは指名。そこでは、秋華賞で緩い流れを経験した反動が看て取れた。前が開いた4角手前で機敏に動けなかった挙句、そこからが窮屈になった所以。1分32秒7の決着と多少のロスも許されぬ状況ではやむを得ない。デキのほどは、当時同様に保証できるのであれば巻き返し必至。テンションを抑えつつでもシッカリと気合いをつけた併せ馬があったし、直前でも2頭の間を割ってのラスト12秒0と抜群の切れを披露したからだ。


もう1頭の◎候補はダイワキャグニー。再びマイルに転じた前走では直線までレースに参加できない状態。それでもゴール前の勢いはピカイチで、相手の質が今一息だったとしてもきっかけとしては十分。無論、右回りのコーナーワークには難はあるが、ブリンカーの効果が覿面な上に、4Fスタートでいきなり13秒台のラップを刻めたように、パワーとスピードを兼ねた動きで漸く本来のデキに。枠順に注文がつくだけに、水曜時点では如何ともし難いが、内枠を引けば矯めるだけ矯めての直線一気が目に見えるよう。


復活が待たれるのは、安房特別のマイネルヴンシュも同様。復帰戦は早目先頭の競馬で惜しくも差された。低調なメンバーにあっての取りこぼしと受け取れなくもないが、何せ長休明け。それも脚元と相談しつつの長い過程を踏んだのだから、まずはそれを終えて無事だったのが収穫。加えて、レース後には順調に時計を出せたこと、最終追いを含めて3本いずれもがスムーズな捌きを見せているのだ。バランスを崩さぬ走りでシャープな体の線とハリ。57.5キロのハンデなど取るに足らぬ。


同じ1000万下でスプリント戦となる千葉日報賞はカッパツハッチ。休養を挟んでのここ2走は1F長い距離ゆえに、詰めの甘さを念頭に置いての組み立て。にも関わらず、大崩れなしと地味ながら脚力UP。また、いずれもが今回よりメンバーの質が高かったから信頼に値する。加えて、間隔が詰まっても1週前のウッドで5Fからシッカリと追えて、直前でダイナミックだったのは幅が出た故。挫石明けの緩い調教で臨んだ昨9月とは雲泥の差なのだ。従って、中山へのコース替りより、ピンポイントの距離でのエンジン全開を見込むべき。


平場も1000万下からで土曜の12Rを。ここはゲンパチカイナルで断然の鞍。本調子に近づきつつあった前走は出し抜けを食った惜敗。500万下を好時計で勝ち上がった1番人気を意識してそれを負かせば事足れり、といったレース運びが仇になった。とはいえ、大野に瑕疵はなく、勝ち馬の脚を凄すぎただけ。また、追い切りは単走だったが、これは前走同様で、前を行く池上厩舎の併せ馬に瞬く間に追いつくほどの機敏性を見せた結果、ラストで控えても水準を遥かに上回る5F67秒7。そこに表れているのは、ハンドル操作の容易さ。馬の気に任せていた3歳時と大きく異なる点で、安定したレース運びにも頷ける。他のペースに惑わされずに今度こそ後続に決定的な差をつける。


エンパイアステートの台頭があって不思議ない。年明けを予定しながら一頓挫。が、そこでのリセットが功を奏してシッカリとした造りになった。2週前まで時計が詰まらなかったのは相変わらずの気性難によるものだったが、ブリンカー着用で劇的な良化。その先週は見紛うほどの瞬発力で他2頭を瞬く間に3馬身突き放したのだ。休養は挟んでの当クラス2戦は見せ場を造れずに終わったが、状態面での数段UPが見込める上に、集中力を保てるとなったらこれまでの姿は忘れて良い。ゲートの不安はつきまとうものの、それは人気に見合ったリスク。




柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line