協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 美浦追い切りレポート
  4. 【ジャパンC】紅一点の3歳を主役に
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2019年11月21日(木)更新

【ジャパンC】紅一点の3歳を主役に

今年度の府中、フィナーレを飾るジャパンCを迎えるが、香港との競合による分散傾向に拍車がかかったと実感できるメンバー構成。となると、一昨年の2着馬であり、これまでのGⅠ2勝が当コースというレイデオロが急浮上して当然であろう。問題は、態勢を整えたオールカマーでの取りこぼし。


しかし、そこで見切りをつけた分、ゆとりを持って仕上げられたのは確かで、その効果がラスト2週に表れている。いずれも追走して内というパターンで鞍上のアクションに即応して流れるように体を運んでいた。特に、1週前は1F12.2秒の鋭さ。唯、底力がありそうに見えて高速ターフでの上がり勝負といった注文がつく点が。全幅の信頼を置いて良いかと問われると答えに詰まる。


やはり、この秋で最もハイレベルだった天皇賞組重視とするのが正解への最短距離。中でもワグネリアンは昨年のダービー馬で直線の長いコースでこそ。
少々距離不足の2000mで猛然と追い込んで2着となら0.1秒差と際どかった上に、その距離での持ち時計を大幅に詰めたのだ。再び上昇気流に乗ったと受け取るべき。また、そこでの上がり最速33.7秒をマークして4着に食い込んだユーキャンスマイルも。元々、持久力を売りにして昨秋の菊花賞ではブラストワンピースに先着したほど。そこからの地力強化が明らかなこと、2Fの延長なら首位争いに突入として良い。


ただ、冒頭で触れたように、アーモンドアイに匹敵する馬が見当たらないとなれば波乱の余地あり。それを関東馬に求めてカレンブーケドールではどうか?



まず挙げたいのが、内で包まれ気味になった秋華賞でも結果を出せたこと。勿論、そこを目標にして秋初戦からのレベルUPはあった。が、テンションを上手くコントロールすべき牝馬だけに、態勢を整える難しさも。にも関わらずの惜敗で、それが右回りのコーナー4回2戦目に過ぎなかったのだ。難なく克服できたのが能力のなせる業で、今回は早目の動き出しでも勝利目前まで行ったオークスと同じ舞台。
しかも、坂路中心だったこれまでの2戦と異なり、最終追いに選んだのが広いDW。そこで存分に追えたのなら上積み◎。3頭縦列の2番手で、先頭との間隔に気を使いつつの道中。つまり、抑えるべきところで意のままに収まりがついての再スパートといった点に進境ぶりを感じて良い。そして、内の古馬OPが迫るとそれを待っていたかのようにストライドが伸びた結果、5F65.4秒の好時計をマークしたのだ。この秋一番のデキに53キロ。アーモンドアイ、ジェンティルドンナほどのスケールはなくても今回であれば脅威になり得る。


その当日は7Rから特別戦が始まる特殊なプログラムが組まれる中、まずはオリエンタル賞。
青葉賞3着が今春にあるのならピースワンパラディにとっての2勝クラスなど通過点の筈。弾け切れなかった前回からの1F短縮で盤石と考えるのが普通。が、秋を迎えて増えた馬体重ほどの迫力が感じられない分、成長度を案外にもスローと見做すべきだし、1週前の6F追いから直前での軽目と、ルーティーンをこなしているだけといった点にもインパクトを感じぬ。素質は認めての相手の一角といったところか。となれば、それより1キロ軽いニシノカツナリ
骨折明けの前走が1分32秒台に突入する高速決着だったから、その反動あるやなしや。唯、中2週なら立て直しは容易い。というより、前回時と同じようなハリを誇っていることに加え、水野厩舎らしく5Fからハイピッチで飛ばす追い切りを消化して馬なりでの5F66.6秒なら太鼓判を捺せる。こちらとて前が詰まったアーリントンCで僅差4着と器では劣らないのだ。追い出してからジリジリとしたシーンがあったのが復帰戦。良い意味でズブさが出たことで距離に対する融通性も伴ってきた。


ここからも2勝クラスを取り上げる。芝では土曜12Rのアフランシール
半年ぶりだった前開催、直前は芝コースでのしまい重点。つまり、ビッシリ追ったのは1週前の1本のみで手探り感が満載。その影響があっての+16キロだった分、追い出されての反応が鈍かった。唯、フックラと丸味帯びた馬体に様変わりして弾力性のある動きに。従って、レース勘を取り戻せる今回はスンナリと前を射程に入れられるに違いない。また、最終追いの単走では5Fから15秒を切ったようにスイッチオン。全身バネといった風情のラストなどはOPと見紛うばかり。


ダートでは日曜・シャングリラ賞。ここは、初ダートだった前走が惜敗だったフォッサマグマが人気。それに逆らうのは無謀なほど順調に稽古を積んでいるし、2度目のダートで反応自体が劇的に変わりそう。唯、敢えてオルクリスト
確かに、2勝目マークの1.25.0秒は水準に過ぎぬ。けれども、落ち着いたまま進んでレースの上がりが36.8秒となる中、外から次元の違う脚で後続には3馬身と水を開けた。戦法は限定される反面、その個性に磨きをかけてきたということ。実際、復帰戦の馬体増が全て実のなった前後のバランスが大幅に良化。体を上手く使えるようになった所以で、余力十分だった追い切りのフォームにそれが如実に表れていた。ひと皮剥けたとなればトントン拍子に進めるだけの素材。


平場戦、土曜8Rのマイルではクレディブルを狙う。
パワフルな動きには、以前から惚れ惚れするほどだったが、それが推進力に繋がらなかったわけ。あり余る身体能力を生かし切れなかった休養前と異なり、1週前の3頭併せではゴムマリのような身のこなしでの5F65.6秒。更に、直前でも長目追いから追走して内、ゴールまで痺れるような手応えに終始したのだ。今回の休養で馬が変わった。


最後もダートで2歳のカトレア賞を。ここは水曜の想定段階で26頭のラインナップと狭き門。◎候補は3頭列挙しておきたい。1頭目は衝撃のデビューを飾ったロンゴノット
ラスト2Fにラップの落ち込みがなかったことでも1.55.3秒は掛け値なし。しかも、まだ首の使い方がままならぬ状態での楽勝だったから凄い。1週前の5F追いで態勢を整えて直前は流す程度の楽走でも4F52.8秒、気持ち良さそうに四肢を伸ばして駆け抜けた辺りに一度実戦を経験した効果が窺える。
次がデュードヴァン
こちらも初戦のラストは流した程度。前との差を詰めんとした直線入り口で手応えが一瞬だけ怪しくなったのはご愛敬だし、ワンターンのマイルを既に経験している強味も。何より、使った後にもシッカリと鍛錬に励んでいるのだ。先週などは3歳の3勝クラスを窺いつつの併入で余裕綽々。一段とシャープになった。
最後にアルファウェーブ
初ダートの今回こそ狙い目と思わせる馬体に身のこなし。辛勝に見えた札幌でも道中で押っつけざるを得なかったのは不器用な面があってのコーナー4回ゆえ。逆に、シンプルな設定なら、力の漲ったフォームが功を奏す筈だし、距離短縮で新味が出そうな少々寸の詰まった体型というのも後押しに。加えて、最終追いこそ5F72秒を超える時計だったが、坂路を含めて入念に乗った結果、これまでの3戦とは見違えるような締まりよう。本質が露わになる筈。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line