競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. アメリカJCC・柴田卓哉の調教予想
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

どこよりも早い重賞分析

サムネ画像フェブラリーステークス2020の出走予定馬と予想オッズの紹介、データ分析を行って...
続きを読む

フェブラリーステークス2020

サムネ画像2020年最初の東京開催が開幕します。日本の競馬を象徴する競馬場として、競馬ファ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 3連休直前の10日の金曜日。お嬢達より早く「頑鉄」に着くと、正月の挨拶もそこ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2020年01月23日(木)更新

アメリカJCC・柴田卓哉の調教予想

例年と異なり、4週にわたった中山の最終週はアメリカJCCがメイン。当然ながら、目玉は唯一のGⅠ馬であるブラストワンピース。フランスでは通用しなかったが、国内のGⅡとなれば格の違いを見せつけなければならないし、中山に関しても1戦1勝と瑕疵がない。


唯、立て直しに手間取ったのは、連覇を視野に入れるべきだった有馬記念をスキップしたことでも分かる。また、美浦での本数を抑える大竹厩舎のポリシーに則った調整ぶりだが、少々重いといった印象が拭えないのだ。現に、しまい重点を目論んだ直前でも5Fから時計になったほどで、間に合わせるのに汲々としているのが見え隠れ。そして、案外なラスト12.7秒がそれを指し示しているのでは。ここは疑ってかかる。


となると4歳勢をクローズアップしたくなる。特に、唸っているのがニシノデイジー
元々、稽古で目立つタイプで、昨秋の2戦でもデキには太鼓判を捺せたから成長力の問題はある。しかし、ラスト2週の併せ馬が圧巻。特に、追い切りの3頭併せでは気合いをつけられるや否や、重心を沈める見事なフォームでゴールに飛び込んだ。菊花賞の敗因は距離に尽きるから、ここからの再発進があって良い。


暮れの中京で復活したのがラストドラフト
直線半ばからの弾けようは尋常ではなく、一旦は勝利を手中に収めたほどで、デリケートなタイミングの問題に過ぎなかった惜敗。脚を温存する戦法を完全にマスターしたということだし、単走だった最終追いの5F66.8秒は持ったまま。同厩を前に置いて併せる意図はなかったが、逆に目標を据えて追い詰めるといったメニューが理に適っている。本来の力強いかき込みが蘇って推進力が増したわけ。理想より1F長いのが気懸かりでも覇権争いといった立ち位置にいるのは間違いない。


もう1頭の◎候補はミッキースワロー
年明け1本目から好時計を出せたほどで放牧先での進み具合が分かろうというもの。しかも、1週前は迫力の3頭併せで全身に力を漲らせていたし、単走だった最終追いも行き出し6Fと手を緩めるシーンなし。完全に軌道に載ったからこそのハードなメニュー消化とくれば2度目のGⅡゲットにリーチをかかった状態と見做せる。


多士済々のメンバで伏兵にも色目を使いたくなる。まずはゴーフォザサミット
スランプは長かったが、暮れのGⅢでは上がり最速の33.8秒での0.2秒差。狭い処に嵌っても怯まなかったのは、秋からの2戦でチークP、ブリンカー着用で刺激を与えられた故。それは調教にも表れていて、集中力アップによって鍛錬が実になっているということ。ラスト2週が5F70秒を超える時計とトーンダウンしたように映るが、既に態勢を整えているからこそ。適度な落ち着きを強調点に。


あとは紅一点のウラヌスチャーム
秋の京都2戦では7→11着と尻すぼみ。唯、京都の下り坂でなし崩しになったことから、コースへの苦手意識がモロに出た。加えて、慣れぬ栗東での調整が尾を引いたのでは。対して、キリリと締まってはち切れんばかりなのが目下で、それは冴えわたる稽古が如実に物語る。何せ、長目の行き出しで5Fから一気にペースアップした先週でもラストで糸を引くような伸びだったし、追い切りも実にリズミカルな5F66.4秒が手応え楽なままと非の打ちどころなし。3着以下なしの中山替りを根拠にする手も。


他の特別戦からはまず土曜・東雲賞のアフランシール
秋に復帰しての2戦目が道悪に持ち味を殺されたように巡り合わせが悪かった。唯、500キロ超えと春からのパワーアップを実感させる体つきで素質開花が目の前といった段階にまで。そこでの特徴は切り替えが少々遅かった神奈川新聞杯に表れていた。つまり、1400mで一瞬の切れを生かしていたのは、基礎体力のつき切っていなかった時期だったからで、本来はマイルがピンポイント。
確かに、昨3月からTRでは連続して振るわなかったが、大一番を見据えた故、使い出しが早くて急仕上げ。ジックリとレベルを上げてきた目下とはまるで違う。それは年明けから3週にわったての一杯追いが示しているし、最終追いに至っては馬なりでの上がり37.0秒でゴムマリが弾むよう。53キロ、天気が保ちそうな土曜にレースを迎えられるのも僥倖と言える。


土曜のもうひと鞍が2歳ダートの呉竹賞。現級入りして2、3、2着と惜しい競馬続きのショウナンマリオには敬意を表すべき。5F70秒2と前回時を大きく下回るのは中1週の為で、順調に調教をこなせていること自体に目を向けるべき。
唯、ここでの◎はコバルトウイング
札幌以来だった暮れは絞れぬ時期で太目が残った。それでも、息は造ってきたから案外な5着で、それは消極策ゆえ。つまり、今回の乗り替りがきっかけになるだろうし、スケールを実感させるダイナミックなフォームは相変わらずで、既にOP馬と見紛うばかり。また、ラスト2週での1Fが実に鋭い。体の使い方を覚えてきた故で、その点にも大きな上積みを感じる。
あと面白いのがピオノノ
今回は美浦入りの段階から引き締まった体で切れのある動きが再三。ビッシリ体を合わせての5F66.5秒が迫力満点で、使い出しが早かった夏場とは別馬だし、ダートに活路を見出しての勢いは天井知らず。9月・中山ではコバルトWに置き去りにされたが、当時からの進歩は確かで差は詰まる筈。このラインを厚く買おうと思っている。


同じ2歳戦の日曜・若竹賞はシーズンズギフト
ローカルデビューといった点で軽く見られがちだが、その偏見は捨てるべき。しかも、徐々に進出してマッチレースに持ち込むや、最後は力で捻じ伏せる強い競馬であった。その相手が京成杯で掲示板を確保したことから、1勝クラスであれば即通過しなければならないわけだ。また、タイトなラップを刻んでもゴールまで全身を余すことなく使ったフォームを維持できるようになった。実戦を経ての上昇度といった点でも他との差が生じてくる。


柴田卓哉が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN