競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 京都記念・柴田卓哉の調教予想
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

どこよりも早い重賞分析

サムネ画像このページでは 豪華メンバーが集結した大阪杯2020の・・・ ・出走予定...
続きを読む

春の中山・阪神・中京攻略

サムネ画像昨年は、水上学が「戦略的集中プロジェクト」にて馬連1万2890円、3連単11万0...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 30日、月曜日の昼前に遠野の携帯が鳴った。「とのさんさぁ。申し訳ないけど今日...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2020年02月13日(木)更新

京都記念・柴田卓哉の調教予想

水曜の想定段階で10頭に過ぎぬ京都記念には層の薄さを感じざるを得ない。また、あらゆる世代にわたって牝馬の存在感が増しているのが目下ということなら、下馬評通りにクロノジェネシス、カレンブーケドールの二者択一にテーマを絞って良いのでは。


秋華賞と同じ京都ということなら、そこで栄冠に輝いたクロノジェネシス◎が妥当か。
当時が春以来だったとポン駆けが利くわけだし、身上の切れを生かすには格好。ただ、その秋には長目追いの繰り返しで、闘争心を煽るようなメニューを消化しての臨戦と、謂わば背水の陣。それに比べると、行き出し5Fのユッタリとした入りだった直前には物足りなさを覚える。また、今回と同じ距離だったエリザベス女王杯が示すのは、2000mまでが守備範囲だということ。ここは相手の一角としたい。


代わっての◎はカレンブーケドール
確かに、ドバイを視野に入れての今季初戦だけに馬を猛烈に追い込む仕上げではない。しかし、一気にピッチを上げた1週前には、道中で12秒台のラップを踏んでの5F65.8秒の好時計をマーク。それでスイッチオンとなっての直前は3頭併せの真ん中、内目を選んで実戦を想定させるような中、実に力強い捌きを披露したのだ。以前には感じられなかった風格が備わった上に、湿りがちな週末。惜敗だったジャパンカップを容易にイメージできるし、京都も2度目となれば、それだけでも上積みは大きい。


同じ世代の牡馬、クラージュゲリエは長期休養明け。
それも爪の不安で昨秋を棒に振っての復帰戦となると食指は動かぬ。前走、1週前のオークスに比べて大きく劣る時計ではなかったのなら俎上に載せるべきだが、CWに移っての本格始動が2週前に過ぎぬのなら、急仕上げと断ずるのが妥当であろう。


それならば、順調に使われている強味を発揮しそうなステイフーリッシュ
特に、今回よりメンバーの揃ったアメリカJCCでの惜敗には敬意を表するべきだし、如何なる流れにも対応できる自在味が大きな武器。使い込んで確実に力をつけている点でも典型的な奥手と見做せる分、上昇余地も残している。


府中の両日は、3歳戦線の行方を占う登竜門がメイン。まずは共同通信杯で、ここでの注目は何と言ってもマイラプソディ
何せ、3連勝目の京都2歳Sが1000m通過60.4秒とピッチが落ちないまま。その中で一瞬は手応えが悪くなってもエンジンがかかれば独壇場と勝負根性さえ見せつけた。2歳チャンピオンに迫る立ち位置なのは間違いない。


ただ、ここでの◎は美浦勢から。休養を挟んだここ2走の3着が取りこぼしとしか例えようのないのがダーリントンホールなのだ。
札幌2歳Sは包まれてアウトだったし、+12キロが誤算だったのが暮れ。とはいえ、中間で一頓挫あっての1.59.1秒にポテンシャルが表れているし、仕切り直しの一戦で力コブ。現に、計2本の併せ馬消化で臨んだ最終追いは、古馬準OPを追走する形で進んで直線へ。そこでルメールが合図を送るや否や、迫力といった点で外を圧倒した上に、全身に力を漲らせる見事なフォームでの1F12.1秒。一度広いコースで走らせたかった馬、身体能力を余すことなく発揮する筈。


キャリア不足の健衛があってもフィリオアレグロ
それをカバーすべくラスト2週で3頭併せを消化する入念さ。ルーティンの木曜追いだった直前の5F72.2秒を額面通り受け取ってはいけないほどの唸りようで、既に洗練されたシルエットは超一流のそれ。初戦で見せた若さを念頭に置くのが常識的でも、その常識に当て嵌めることができないレベルにあるという見方が成り立つ。当然、本命候補に名乗りを上げた。


福島での強さが尋常でなかったココロノトウダイはそれ以来。
前目で捌きながら捻じ伏せたのが凄いし、左回りということなら新潟で強烈な決め手を示している。使い出しが遅れたのは誤算だったが、入念に稽古を重ねて直前は鞍上とのコンタクト重視ながら楽々の5F68.3秒。態勢を整えたと判断できるし、平坦オンリーのフォームでもない。


逆に、窮屈になった中山・京成杯で4着と更なる前進が見込める筈のビターエンダーは割り引きたい。
1週前にビッシリ追えたのは好材料だが、追い切りでは先行態勢の内で有利な態勢ながら1馬身遅れ。少々、体が硬くなって歪に見える全体像も。△、それも当落線上といったランクづけで良いのでは。


土曜のクイーンSはマジックキャッスル
デビューを飾ってからの2戦は惜敗続きとひと押しが利かない印象。が、前半で抑えるのに苦労する状況にありながら最後には脚を使っている点が非凡さ。特に、11月・京都では、初めて馬混みに入りながら臆するシーンなしと学習能力に高さを露わにしたのだ。勿論、ここに向けての調整も抜かりなし。その効果が最終追いの5F66.8秒。同じ世代の1勝馬に対して持ったままでの1馬身先着でスケールの違いが明らかだったし、回転の速さがパワーアップの証し。その成長力があれば、ミヤマザクラ何すものぞ。


無論、他の関東馬にも注目に値する。ポリでの併せ馬消化を始め、前走以上に濃密なメニューをこなせたアールクインダム、2勝目マークが上がり33.6秒で切れとセンスを十分に見せつけたホウオウピースフルらも首位争いに絡むこと請け合い。


それを含め、今週は牝馬戦にスポットを当てて、そこを勝負処にしたい。土曜9Rは叩き2走目のアップライトスピン
池上厩舎らしくピッチを落とした入りからしまいを伸ばす形を踏んで久々だった前走以上の切れを再三再四示しているのが何よりで、叩いた効果が絶大。しかも、その前走が強引な競馬ながらタイム差なしの3着。ジックリ構えても間に合う府中なら更に。
それと並ぶレベルがシングフォーユー
こちらも実質は叩き2走目ということで上積み◎。3頭併せの繰り返しで鍛錬を積み重ねたし、それがシャープな捌きに繋がっているわけ。しかも、前走は矯め殺した挙句の9着で上がり最速の34.5秒だった自体が恰好の稽古代わり。そもそも、当コースでは冒頭で挙げたカレンブーケドールに迫った実績があるのだ。それをクローズアップして然るべき。


日曜の初音Sはウインゼノビア
夏以来となっての始動が先月下旬。一見、乗り込み不足に思えるが、外厩での調整が進んでいたと思わせる体つきだし、最終追いなどは一杯になうパートナーを横目に抜群に推進力で4馬身先着。何より、シッカリとした過程を踏めたのが大きなフォロー。何故なら、2歳時の阪神ジュベナイルフィリーズからの一連は体質の弱さと背中合わせで、それをカバーしつつの調整だったから。当時に比べれば、順調過ぎるほど。多少の馬体増には目を瞑って狙うべし。

柴田卓哉が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN