協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 美浦追い切りレポート
  4. 最強マイラーにふさわしい状態!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2020年06月04日(木)更新

最強マイラーにふさわしい状態!

無観客という異常事態の中、春のGⅠシリーズは今週の安田記念でひと区切りがつく。とはいえ、NHKマイルカップを除けば、強い馬がおおむねその通りの結果を導くといった、原則通りだったのも確か。更に、アーモンドアイが、ヴィクトリアマイルに続く参戦と興味は尽きない。

先週10人気3着のヴェルトライゼンデを推奨
柴田卓哉の安田記念・特注馬3頭は
「重賞トリプルトレンド」で公開中!
↓↓↓

水曜の朝一番に追い切ったのが、アーモンドアイの一世代下になるグランアレグリア
同じOP馬を1.3秒先行させた上に、ラスト1F地点でも3馬身後ろだった態勢から終わってみれば併入と中身は濃い。リズム重視でも切れ満点といったアクションが、高松宮記念で刺激を与えられた効果と言えよう。つまり、状態だけを問うならピークに達したわけ。
ただ、どうも左回りに瑕疵があるような……。制御し切れぬ道中だった挙句、降着の憂き目に遭った3歳時のNHKマイルカップが頭をよぎるし、1200mを使った直後となると、ペースの違いに気が逸る恐れも。最少限押さえておけば良いのでは。加えて、アドマイヤマーズとの相性でも手を出しにくい。

ダノンキングリーに3馬身遅れたノームコア
2週連続でハードなメニューを消化できてはいても僚馬に対しては貫禄負けといった風情。1.30.5秒のレコードホルダーといった勲章とは裏腹に、アーモンドアイとの格差を見せつけられた今年のヴィクトリアマイル直後といった点でも大望は無理スジか。

それならば、昨年の覇者インディチャンプに敬意を払うべき。
大きなアクシデントがあった外枠2頭の間隙を突けたとはいえ、当カテゴリーにおけるセンスは秀逸。その特性を生かせる馬場コンディションでもある。


開催替りでの大きな特徴の一つが、3歳と古馬が交わってのスタートとなる点。キャリアで優る上の世代を凌駕するほどの勢いを感じる馬をピックアップしたい。まずは、土曜・由比ヶ浜特別のオータムレッド
ただでさえ、斤量面のアドバンテージがあるのにハンデ51キロといよいよ身軽。しかも、昨12月以来だったスイートピーステークスでは、そこからの+14キロとリフレッシュ効果が実感できたのだ。
2歳時にはトモをついて行かないイメージで、如何にもローカルオンリーといった身のこなしだったのは対照的に、今季を迎えて蹴りが格段に強くなった。結果、内で我慢が利くという精神面に繋がったし、前が開いてジリジリとしか伸びなかったのは1800mゆえ。対して、2F短縮で気性面でも嵌りそうな今回である。
ラスト2週こそ坂路だったが、中間にはDWの5Fからビッシリ。何と、1馬身遅れながら、ラスト1Fの時計では0.2秒上回ったほどで、道中の負荷、如何ばかりといったハードさなのだ。休養を挟んでのOP4戦で大きく崩れたのは阪神ジュベナイルフィリーズのみといった実績を引き下げての2勝クラスとなればタダ貰い。

同じ2勝クラス、土曜12Rのブランクチェックに昇級の壁なし。
冬場以来だった先月が1.24.9秒。稍重だったわりに時計を要する週だっただけに及第点だし、-2キロだったとはいえ、前後のバランスが整って筋肉量自体はアップしたと思わせる造り。それが、切れよりも持続性といった印象を与えていたわけ。
その反動どころか、相当な上積みがあるということを示すのが直前。坂路で流す程度でも十分なのに、DWで5F66.7秒をマークできたのだ。結果は単走に終始したことになるが、同厩の前2頭を絶えず窺う態勢のまま、平常心と保ってシッカリとラストで反応できたように、ハンドル操作が一層容易くもなっている。その段階に達したのであれば、落ち着いて捌けるマイルなら更に、といった確信がある。

1勝クラスでは土曜・国分寺特別のディアセオリー
年明けまでは詰めの甘さがつきまとっていたタイプ。ただ、春・福島では流れに乗れずに後ろからといった形でも4着に押し上げられたように、きっかけを掴んだ。要するに、稽古の良さが実戦に繋がったということ。それは前走にも明確に表れて、速い上がりに対応しての3着がプリンシパルステークスと価値◎。また、3角手前からのコース入りながら4Fからが12秒台といきなりのエンジン点火だった追い切りには目を奪われた。同じ時間帯、やはり単走で前を行く3勝クラス・ハルクンノテソーロを遥かに上回るスピード感にラストの鋭さ。ここはおろか、上に行っても即勝負になるレベルに。

続いては日曜8R、シネマトグラフのスピードに魅力を感じないでもないが、敢えてコウソクスピードを。
2歳夏からとデビューは早かったが、当初は坂路で体裁を整えていた程度。逆に、DWがメインとなってからはグングンと成長している。前走、ニュージーランドトロフィーでも、初の右回りゆえ、1000m過ぎからコントロール不可となった挙句、4角で捲った2頭に体を当てに行く始末。直線などは半ば強目といった程度ながらの1.0秒差に過ぎなかった点が元値ではないか。
そこからひと息入ったが、ラスト3週はいずれも5F追いで追走の形。追うごとに身のこなしがシャープになって直前の1F12.1秒は痺れるような手応えのまま。差す競馬を試みて一定以上の成果を得た2月を遥かに上回る。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line