協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 美浦追い切りレポート
  4. アルゼンチン共和国杯、軸は美浦に、穴は栗東に。
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2021年11月04日(木)更新

アルゼンチン共和国杯、軸は美浦に、穴は栗東に。



11月を迎え初めての開催となる今週、メインは長丁場のアルゼンチン共和国杯。

それがハンデ戦ともなれば、掴み処がないような印象が先立つ。

しかし、長いホームストレッチを含め、2400mとは明らかに違う設定で、地力がダイレクトに結果に繋がる傾向を見落としてはならぬ。

となれば、連覇を視野に入れているオーソリティを巡る争いと捉えるのが妥当に。

確かに、5月の天皇賞以来となって、そこでは10着と案外なまでの不振。しかし、ピッチが落ちぬまま進む中、エキサイト気味の1周目があった上に、直線では逆手前で外に張り通しとなれば仕方ない。
要するに、GⅡ2勝をマークしている府中なら違うということ。
特に、キャリア6戦目に過ぎず、骨折明けという二重苦だった昨年のこのレースは、上の世代を力で捻じ伏せる強さを見せつけたではないか。
そこからの3.5キロ増しが気にならないのは、順調度で遥かに上回っているから。5F69.2秒と半ば流したような追い切りは、外厩を含め、思い通りのプランを遂行できた証だし、冬の足音が近づいたと思える冷え込みを迎えた時期と思えぬ毛ヅヤの冴えには目を奪われる。

美浦組で注目されているのは、2頭のエントリーがある国枝厩舎。


≫ 続きはログイン内で


lock
いますぐ無料登録いただくと
WEB新聞・競馬成駿が有馬記念まで無料!
無料登録して続きを読む
または
ログインして続きを読む
contents01
contents02
contents03
いますぐ無料登録いただくと
WEB新聞・競馬成駿が有馬記念まで無料!
無料登録して続きを読む
または
ログインして続きを読む
宝塚記念01 宝塚記念02 宝塚記念03 宝塚記念04
いますぐ無料登録いただくと
WEB新聞・競馬成駿が有馬記念まで無料!
重賞予想を無料でGETする


柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line