協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 美浦追い切りレポート
  4. 今村聖奈のテイエムスパーダも!CBC賞追い切り最新情報!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2022年06月30日(木)更新

今村聖奈のテイエムスパーダも!CBC賞追い切り最新情報!



サマースプリントシリーズの第二弾となるCBC賞は、今年も小倉での開催。

昨年と同じ状況なら、連覇を狙うファストフォースには敬意を払うべきだろう。

何せ、その昨年は、格上挑戦ながら押してハナへ。4角までにセイフティーリードを保つとそのまま押し切ってのレコード勝ちと文句なし。
しかし、今回はそこからの4キロ増しで、当然ながらマークもタイトに。再現を図るには高い壁が聳え立っているように思える。

それならば、タイセイビジョンに分があるのでは。

57キロのトップハンデになるが、4歳時の当レースも同様で、いわば据え置き。しかも、そこがスプリント戦に転じて初だったのに加え、勢いづいた直線でブレーキをかける不利が如何にも痛かった。
にも関わらず、上がり33.3秒は、後にスプリンターズステークスを制することになるピクシーナイトと同等だったのだから価値◎だし、そこからここに至る過程で経験値もアップしている。開幕週でもその決め手を軽んずるわけにはいかぬ。

復活が待たれるのがモントライゼ

3歳春の葵ステークス以降は良いところなしと、早熟といった見立てがあって良い。しかし、4月のダート戦を含め、自らがレースを投げた結果だから気持ちの問題。間隔を開けてのリフレッシュが功を奏しているのは、坂路の好時計で分かるし、追い切りではチークP着用と工夫を凝らしている。マッチレースの結果、2着だった一昨年夏以来の小倉がきっかけになって不思議ない。

とはいえ、やはり魅力は軽ハンデの3歳で、まずはアネゴハダ

ラスト1F地点で他とのレベル差が明白だった前走がポテンシャルの表れ。それを経ても未だ3勝クラスで格上挑戦になるが、これまでに重賞の3着が2度あるのだから、能力的に遜色なし。
ただし、昨年の小倉2歳ステークスでの位置取りや、フィリーズレビューでの味なレースぶりを振り返ると、当距離では少々忙しくなるやも。

逆に、テイエムスパーダはピンポイント。


≫ 続きはログイン内で


lock
いますぐ無料登録いただくと
WEB新聞・競馬成駿が有馬記念まで無料!
無料登録して続きを読む
または
ログインして続きを読む
contents01
contents02
contents03
いますぐ無料登録いただくと
WEB新聞・競馬成駿が有馬記念まで無料!
無料登録して続きを読む
または
ログインして続きを読む
宝塚記念01 宝塚記念02 宝塚記念03 宝塚記念04
いますぐ無料登録いただくと
WEB新聞・競馬成駿が有馬記念まで無料!
重賞予想を無料でGETする


柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line