協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 柴田卓哉:美浦追い切りレポート
  4. 高松宮記念、ナムラクレア首位争い濃厚!

競馬コラム

柴田卓哉:美浦追い切りレポート

2023年03月23日(木)更新

高松宮記念、ナムラクレア首位争い濃厚!



例年通り、高松宮記念はフルゲートの混戦。

枠順が結果を左右する傾向にある点も見落としてはならない。その中、4歳勢が優位にあるのは、昨秋からの一連に表れている。

特に、前哨戦の中では最も質の高かったシルクロードステークス覇者ナムラクレアの首位争いは約束されている。

そこでは、牡馬に換算すれば58.5キロといった足枷がありながら、前を窺う態勢から目の覚めるような脚での抜け出し。つまり、伸び悩んだスプリンターズステークスからの日進月歩が何とも心強いわけ。
桜花賞での僅差が元値の高さを物語っているのに加え、スプリンター仕様の切れがそなわった段階と、とどまるところを知らぬ。

前哨戦からの巻き返しを図るのがトウシンマカオ


≫ 続きはログイン内で


lock
いますぐ無料登録いただくと
境&ブライアンの『GI&重賞特注馬』が無料!
無料登録して続きを読む
または
ログインして続きを読む
contents01
contents02
contents03
いますぐ無料登録いただくと
境&ブライアンの『GI&重賞特注馬』が無料!
無料登録して続きを読む
または
ログインして続きを読む


柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line