協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 柴田卓哉:美浦追い切りレポート
  4. 菊花賞追い切り情報!二冠へ好調タスティエーラと穴馬も発見!

競馬コラム

柴田卓哉:美浦追い切りレポート

2023年10月19日(木)更新

菊花賞追い切り情報!二冠へ好調タスティエーラと穴馬も発見!



春の二冠で上位を争った面々が集結するということで、世代トップを競うに足る近年では珍しい構成になった今年の菊花賞。

中でも、ダービーを制したタスティエーラが再び主役を張るであろうことは想像に難くないし、安全策を選ぶのであればそうなる。

なぜなら、ブッツケになる不安よりも成長を促すリフレッシュを経ての進境が著しいからだ。
現に、美浦入りしてのDW2本目から一気にピッチを上げられたと同時に、最終追いに至っても3頭併せを敢行。中には上がり35秒台突入さえある。その高いハードルを楽々クリアできたのは、より垢抜けた馬体を駆使した滑らかな動きがあるから。
早目に抜け出したダービー、そのまま押し切れた所以たる持久力からも待ったなし。

そのタスティエーラに皐月賞で土をつけたのが、ソールオリエンス


≫ 続きはログイン内で


lock
いますぐ無料登録いただくと
境&ブライアンの『GI&重賞特注馬』が無料!
無料登録して続きを読む
または
ログインして続きを読む
contents01
contents02
contents03
いますぐ無料登録いただくと
境&ブライアンの『GI&重賞特注馬』が無料!
無料登録して続きを読む
または
ログインして続きを読む


柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line