協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 柴田卓哉:美浦追い切りレポート
  4. オークス以上のデキで臨めそうなヌーヴォレコルト

競馬コラム

柴田卓哉:美浦追い切りレポート

2014年11月12日(水)更新

オークス以上のデキで臨めそうなヌーヴォレコルト

秋華賞では足元を掬われたヌーヴォレコルトが、雪辱を期しての西下。前走が栗東滞在で今回が直前輸送という点に矛盾を感じるが稽古内容が秀逸。岩田が跨った1週前の木曜、3頭併せの最後尾からで先頭との差は1秒8。1F手前でも前2頭の1馬身後方だったのに瞬く間に交わし去ってのフィニッシュ。研ぎ澄まされた状態でなければ成し得ない業。

従って、直前は感触を確かめる程度との予断があった。しかし、1度目のハロー明けに正面からウッド入りすると行き出しは6F。鞍上との呼吸がピタリと合っていたから、ハロン標ごとに無理なく加速。結果、ラストでも鋭く反応、輸送を控えた牝馬の最終調整とは思えぬ5F65秒2。それだけ馬に活力があるということだし、GⅠに向けて手を緩めずに鍛錬を重ねる姿勢には好感が持てる。オーバワークとなるか否かは当日の馬体重を目安にするしかないが、少なくとも現時点ではオークス時を上回るデキ

古馬との初対戦になる反面、斤量が54キロと有利。タイトルへは最短距離と考えて良い。これを中心とした場合、3歳の上位独占まであって不思議ない様相。

珍しく芝コースで追い切ったのがホエールキャプチャ。楽走での1F11秒9で弾むようなフットワーク。追い切りパターンを変えたのは好材料ではないか。が、過去2年で着外とレースの条件に適合できていない。同じように、調子とは別の意味で勝負に関われないように思えるのがグレイスフラワー。朝一番のラッシュの最中で併せ馬。追走した内の脚色を窺いつつ1馬身先着と軽やかな動き。充実しているのは確かだが、準OP突破がハンデ戦、相手強化しての右回りと課題は多い。

府中のメインは土曜・武蔵野S。層の違いを物語るメンバー構成。水曜想定段階で何と14の枠が関西馬で埋まるほど。が、2頭のみの関東馬も負けていない。3歳フィールザスマートの前走は順調さを欠いていた。如何に1600万下とはいえ、生易しい状況ではなかったのに鬼脚を披露。当然ながら叩いての良化を期待できる。実際、中1週にも関わらず併せ馬消化。1馬身遅れたものの、スムーズな捌きで力強さもあった。古馬相手のOPでも臆するシーンはない筈だ。

もう1頭のロイヤルクレストは猛稽古。抜群のスピード感で道中を進むと直線でも鞍上のアクションに応えて豪快なストライドでフィニッシュ。2週連続でビッシリ追われて久々の不安は皆無。北海道では早目に動く競馬で連勝とひと皮剥けた印象。まして、小細工無用の府中マイルでは好時計勝ちさえある。脚抜きが良くなればチャンスは更に広がる。

3場にわたって行われる重賞。最終週を迎えるローカルは名物の福島記念。ここは難しい。三連覇を狙うダイワファルコンは単走で仕上げるパターン。が、2週連続で好時計マークと意気込みが並大抵でない。直前では6F80秒を切って上がりも37秒4と優秀。唯、前2年は直前の天皇賞で揉まれたことを糧にできた。今年はローテが異なるし58キロもネック

3歳時に見せていた柔軟性を取り戻したのが、朝一番の5F66秒4を楽々マークできたムーンリットレイク。が、これを取り上げると札幌記念で先着しているナカヤマナイトも浮上。直前の2週はポリと調整パターンを変えた効果も窺える。さすがに年齢を感じさせるものの、張りつめた馬体で復調、四肢を伸ばし切った直線の動きも◎。穴なら坂路専用で4F56秒3だったトーセンジャガー。2走前は作戦を誤った。乗り方に工夫を加えれば足りる

不確定要素のあるGⅢよりも福島2歳S。クラウンノキミは1週前の長目追いで負荷をかけた。そして直前ではしまい重点と理に適った調整ぶり。外ラチ沿いで一杯に追われて1F12秒8と力強さが増した。勝ち鞍のある福島に向けて青写真通りの仕上げ。土曜メインはベルモントラハイナ。一息入ったがシルエットが明確で放牧先での順調さを物語る造り。ウッド追いは直前の1本だが、シャープな伸び脚。馬場の荒れた時間帯でのラスト12秒3は凄い。

再び府中に目を移す。日曜のオーロCは一変したショウナンワダチが復活する。稽古と実戦が直結する馬で、NHKマイルからの休養を挟んだ3戦は明らかにトーンダウン。しかし、追走して内にもぐり込んだ最終追いでは痺れるような手応えでの5F66秒0。力感溢れながらも切れを実感できる動きは好調時のそれ

土曜10Rは牝馬限定の1600万下。自己条件に戻ればスイートサルサが中心。しかも、前走は微妙に間隔が開いて緩さもあった。併せ馬敢行の先週時点でも手応えを感じたが、直前の単走でもシャープな捌き、そこから生まれる推進力が本調子を実感させる。あとはマジックタイム。こちらは直前軽目。唯、いくら稽古駆けしないドレミファドンが相手だったとはいえ、一気に突き放した先週の木曜が圧巻。直前の5F73秒4を気にする必要はない。

最後に平場戦から日曜8RをピックUP。現級勝ちのキタサンミカヅキは定石通りに叩き良化。ポリで素軽い動きを見せたものの、上積みという点で?がつくダンシングMより上。唯、一変ということならスズヨストラ。この中間は急ピッチ。先週でも目を惹く動きだったが念を押したような最終追いではそれに輪をかけたような反応。軽いダートになれば更に。

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line