協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 柴田卓哉:美浦追い切りレポート
  4. 復活に向けて余念のないロゴタイプだが…

競馬コラム

柴田卓哉:美浦追い切りレポート

2014年11月20日(木)更新

復活に向けて余念のないロゴタイプだが…

寂しいことにマイルCSに出走する関東馬は2頭のみ。骨折を境に冴えないレースが続くエクセラントカーヴでは足りない、ロゴタイプの双肩にかかる。角馬場からAコースでキャンター、坂路が最終調整。4F54秒2~ラスト12秒1で感触を確かめる程度の馬なりというのが中身。しかし、1週前のウッドでは3歳とはいえOPにランクされている馬を追走する態勢。外目を選んだ直線では瞬く間に交わして4馬身先着でのフィニッシュ。1Fも12秒4と鋭さ満点であった。

復帰後の2戦では復活の兆しが見えなかった。唯、今回はマイル。2歳時にはレコード勝ちやGⅠ制覇まであった距離に戻る点に光明を見い出せる。問題は、全盛時より体が薄い印象で筋肉量が足りないと思える点。また、渾身の追い切りを消化した毎日王冠でさえ伸びを欠いたのであれば、条件替りだけを理由に飛びつくのもどうか?印は回すものの、半信半疑といった域は脱せぬ

日曜・府中メインはダートのOP特別。ハンデ抽選はあるが権利持ちが大半を占めて想定段階でもメンバーがほぼ決まっている状態。惚れ惚れするような体のハリを誇るシンボリエンパイアは好仕上り。1週前の芝コースでも軽快だったし、ウッド5F70秒7とセーブ気味だった直前でも自らハミを取ってパワフルなフォームで追走併入と青写真通り。が、ワンペースのマイラーとなると1400がネックになりそう。

それならばサトノプライマシー。木曜の併せ馬では1馬身の遅れ。が、あくまでも自分のリズムを崩さぬ意図があってのものだし、動き自体はダイナミックで心配無用。4F55秒2でも太目感はないし息もデキている。シンボリ同様、大飛びではあるが、前向きな気性がそれを補って余りある。積極策なら初距離での一変が濃厚

3日競馬のオーラスで注目すべきは東スポ杯。出世レースとしての地位を確立させつつある。スケールの違う関西馬クラージュシチーは仕方ないとしても次位争いには加われるのがアヴニールマルシェ。木曜、朝一番の3頭併せでは最内にコースを取っての併入。勿論、追走する負担があったから、5F71秒5という数字以上の濃さがある。唯、手先が少し重い感じがなきにしもあらず。

マイネルシュバリエの前走をフロック視してはいけない。確かに、理想はしぶとさを生かせる洋芝だろうが、一段と成長した姿を見せた帰厩直後の3頭併せで強烈にアピール。更に、最終追いの単走では最後まで楽走という見た目の印象だったのに、1F12秒3という速さ。ゆったりと構えているが、ストライドが大きく姉マイネグレヴィル(3歳OP)とは比べものにならぬほど奥行きを感じさせる。札幌2歳Sのレベルを信じる手。

これを始め今週は2歳戦に興味深いレースが多い。まずは土曜・からまつ賞。前走では差す競馬を試みて嵌ったアンプリカル、僚馬2頭とともに向正からウッド入りしたが単走。5F70秒1は平凡に映るが、キビキビした捌きで数字以上の鋭さ。2走前はオーバーワークが祟ったと思えるから、しまい重点は現時点での最良の選択。再び1分21秒台で走れそうなのだから圏内。2戦目の前走はOP挑戦だったダイトウキョウも好調キープ。古馬相手に2馬身追走から始まっての併入で5F70秒0と目立たぬ時計だが、前週までに負荷をかけているから十分。相手関係もあったが詰めが甘かったのは距離。従って、1400に替っての前進は必至

唯、ここはマイネルエスパスで仕方ない。直前はハロー明けでの単走で本気になったのは1Fだけ。それでも12秒4を楽々マーク。それよりも、1週前の長目追いで6F82秒9と2歳の範疇を超える稽古をこなせたから仕上り万全。函館2歳Sでは大事に乗って脚を余した。小回りではフル回転とはいかない豪快なアクションが持ち味なのだから、広い府中 なら能力全開

ここからは新馬。日曜5Rはトエハタエ。併せ馬では全て先着という以上にバネの利いた走りで抜群の瞬発力。直前の3頭併せでも両側からサンドされるような直線で最後にひと伸びできたように勝負強さがある。直後の6Rはダート戦。古馬と互角の動きを見せたラテラスは実にパワフル。が、角馬場やキャンターで見せる仕草に若さを覗かせる。それでも勢いで走ってしまうかもしれないが…。面白いのは水野厩舎のブラッシングスター。当初は冴えなかったが、ビシビシ追われるごとに走りのレベルがUPした。学習能力の高さを言えるし、馬体も洗練されてきた。バテぬ強みがありそうなのも魅力。

月曜4Rの牝馬限定からは2頭。入厩当時は華奢な面が表立っていたが、稽古を消化するたびに良質の筋肉を纏ってきたレッドマジュール。芝コースでの3F37秒1も余裕綽々で初戦向き。これより上位としたいのがロッカフラベイビー。鹿戸流で5F70秒を超える時計しか出していないが、シャープな身のこなしには目を惹かれる。特 に、最終追いでは2歳500万下のダイワバーチュー(日曜赤松賞でも圏内)をアオる動き。少しでも追っていれば大きく差が広がったと思えるほどだから能力はかなり

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line