協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 柴田卓哉:美浦追い切りレポート
  4. ノーマークにはできぬフェノーメノだが…

競馬コラム

柴田卓哉:美浦追い切りレポート

2014年12月25日(木)更新

ノーマークにはできぬフェノーメノだが…

今年を締め括るグランプリだが、出走権を得ている関東馬はフェノーメノの1頭のみ。多勢に無勢といった様相で復帰後の秋2戦も案外だったから旗色が悪いのは確か。

唯、1週前の併せ馬では追走して内へ、直線半ばでもまだ後ろだったにも関わらず、新コンビとなる田辺に闘志をかき立てられると一気に脚を使って先着。覚醒したと思わせた。そして最終追いへ。馬場が閑散とした戸田厩舎タイ ムにウッドの正面から姿を現すと単走で追い切られた。5Fから本格的にピッチを上げて14秒0のラップを刻む。気合いをつけられた直線でも自らがハミを取って1F12秒9と確かな伸び。

問題は跳ねるようなフットワークになるのが同馬の好調時だとすると、そのアクションに翳りが見えている点。単走だったこと、感触を確かめる程度のメニューがイクスキューズにはなるものの、完全復活とするまでにはいかぬ。とはいえ、前走は府中2400に関する適性で他に劣ったとの見方も成り立つ。コーナー6回の長距離戦なら別馬と言えるのではないか。少なくともノーマークにはできない

GⅠの影に隠れた印象だが、西の土曜メイン・阪神Cも興味深い1戦。ダイエットに余念のない前年の覇者リアルインパクト、輸送を控えてのしまい重点には納得できるが1F13秒7の数字が示す通り体の運びにスムーズさが見られぬ。盛岡まで遠征してのダート使いには首を傾げざるを得ないが、阪急杯の強さからコパノリチャードが主役に返り咲くと見做している。となると、そこで2着となったサンカルロを忘れてはならぬ。

コース適性の面で即アウトだった新潟のGⅠでも上がり最速。最後にひと花咲かせようと選んだのがここ。しかも渾身の攻め馬を披露。確かに、内目だったとはいえ、6F79秒3の好時計でラップもきつい。それでも、一杯になるパートナーを尻目に余裕の先着と年齢を感じさせないどころか、再び上昇

以上の2鞍、挙げた馬は面白い存在という域を出ない端役の位置づけ。となれば、期待したいのは2歳。ラジオNIKKEIから模様替えしたホープフルS。将来を嘱望される馬らが東上するが美浦勢も負けていない。戸田厩舎の2騎が併せ馬。5F68秒を超える時計だったが動きの質が単なる1勝馬のそれではない。

脚色優勢だったのが東スポ杯の大健闘が称えられて良いソールインパクト。回転の速いフットワークで父の良さを受け継いでいし、筋肉量もUP。唯、切れに優り過ぎている憾みも。これに1馬身遅れたエニグマバリエートだが、追走して外と負荷のかかるメニューであれば仕方ない。が、追っての味とパワフルな後肢の蹴りで中山の急坂になれば個性が光りを放つのではないか。ここ2戦との比較でも馬体が洗練された印象で上積み◎。

しかし、最大の惑星を忘れてはならぬ。マイネルシュバリエだ。前走の馬体増はほとんどが実になったもので成長を感じさせた。敗因は硬い馬場と精神面。一叩きでガス抜きができた今回は鞍上との呼吸もピタリと合った5F71秒4。目立たぬ時計だが活気に溢れる動きでフォームも豪快。タフな中山なら北海道の再現が可能。

中山の他ではまず土曜メイン。1馬身遅れたとはいえ相手はロゴタイプ、上がり37秒4が秀逸なノースショアビーチが急上昇。が、中山1800に関しては印象ほどの元値がない。同じ3歳のフィールザスマートも及第点以上。朝一番、3頭併せの真ん中でしぶとく先着。しかし、追走した分の負担を考えれば内で遅れたマスクトヒーローの中身に軍配が上がる。稽古の質を一気にUPさせての適条件でこちらの勝負気配の方が濃厚

あとは58キロのハンデでもグランドシチー。2週前の除外があったから既に仕上がっている分、感触を確かめる程度の単走だったが、抜群の推進力を示したラストが12秒8。7歳とは思えぬ若々しさを保っているのが驚き。◎はこれか。

その直前の10Rは昇級初戦でもトーセンマタコイヤ。頭打ちの古馬に票が散るようなら旨味も増す。2度目のハロー明け、ラッシュの最中に4頭入り乱れる併せ馬を消化。が、他とは違って自分のペースを崩さずに、最後尾に位置した道中から最内に進路を取ると、痺れるような手応えのままフィニッシュ。余裕綽綽での5F67秒0は立派で少し筋肉量が落ちた状態だった前走とは馬体のハリも雲泥の差。その上昇ぶりがあれば1600万下など通過点と言える素質の持ち主。中山替りも大きなプラス。

同じ3歳での注目株が日曜・グッドラックHのストーミング。前走で見せた二枚腰が納得できるほどのパワーUPぶり。また、多少余裕残しの仕上げだった復帰戦に比べればポリでの単走とはいえハードに追われているのだ。ラストまでリズミカルに弾んで5F66秒を切る好時計。充実期に突入

ポリでもう1頭挙げるならハッピーエンドCのヤサカオディール。芝のスプリント戦では関西のハイレベルぶりが目立つ。しかし、除外が2度あったこの中間、週を追うたびに迫力を増している。時計の速いコースでも3F36秒台を2度にわたって叩き出せたのは尋常でない。脚が溜まらなかった府中1400でも少差と地味ながら力をつけているのは確か。状態面の充実を加味すれば中山でも大駆けがあって良い

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line