協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 柴田卓哉:美浦追い切りレポート
  4. 今週は土曜メインで勝負!

競馬コラム

柴田卓哉:美浦追い切りレポート

2015年02月04日(水)更新

今週は土曜メインで勝負!

力を要するコンディションだったのが追い日のウッド、東京新聞杯を狙う関東勢で一番負荷をかけた調教だったのがアルフレード。なるほど、過去にはNHKマイルでの2着があるほどで、熱が籠るのにも納得。先行したとはいえ、稽古駆けする3歳に対して余裕で併入と貫禄勝ち。唯、仮に追ったとしても弾けた雰囲気はない。持久力という面で劣化した気がするのだ。現状では1F長い。

昨年の段階でも好勝負に持ち込めたサトノギャラントはウッドでの3頭併せ。2度目のハロー明けで縦列の真ん中だった道中からスパートすると、力強いフォームでフィニッシュ。半端な仕上げだった上にベストとは言えぬ中山が叩き台、馬体も引き締まった今回の上位争いは約束されている

地力強化を窺わせるのがシャイニープリンス。11月以来の実戦となるが、前週までに密度の高い併せ馬を4本消化と調整に余念がない。加えて、最終追いのパートナーはイスラボニータ。格を考えれば4馬身先行の態勢はやむを得ない。また、体がピタリと合った直線では重厚感といった点で相手に譲りもした。が、四肢を目一杯伸ばした小気味良い捌きで1F12秒9。馬場が荒れ出した時間帯での秀逸な伸びで態勢は万全

注目していた4歳、1走ごとに力をつけているマイネルメリエンダは残念ながら坂路。4F53秒8だったが詳細不明だけに割愛。とはいえ、京都金杯を経たことに価値を求めて良いメンバー構成。混戦だが、それが基本線になりそうで、西高東低は否定できぬ。

逆に、土曜メインは追い切りを目の当たりにできた関東馬を推奨。朝の早い時間帯に3頭併せを消化したジャッカスバーク。向正出しの5Fスタートで3頭縦列の最後尾。追走にも余裕のある道中から直線で内にもぐり込むと自らハミを取って重心が沈む見事なアクション。痺れるような手応えでの1F13秒0で、本気で追えば12秒台前半が確実な勢い。先週の木曜にはOPを相手にした質の高い稽古をこなしているのだから、ゆとりを持った直前の内容も理に叶っている。コーナー4回が苦手だけに、前走は昇級の壁ではないし重目も残っていた。青写真通りの仕上げでベストの府中、54キロは恵まれた

西の重賞はきさらぎ賞。エントリーこそ少ないものの、ルージュバックの西下で興味深い1戦に。牝馬特有の切れがアピールポイントで、完成度に相違があったとはいえベルーフを置き去りにした前走が圧巻。調教でも‘跳ぶ如く’で見る側を惚れ惚れさせる身のこなし。輸送を控えているから1週前が実質の追い切りと思っていたが、直前でも6F追いを敢行。内を突いた直線では持ったままで瞬く間に古馬を1秒突き放す素晴らしい伸びを披露。確かに、急仕上げ気味でゆとりのある過程とは言えないが、今後に向けたスクーリングをメインテーマにしてはいけないほどの器。

これを始め、今週末は3歳戦に照準を合わせる。特別戦では土曜のゆりかもめ賞。全ての馬が未経験の2400だけに適性を見抜く作業がともなう。血統面や初戦のレース振りからエトランドル中心は仕方ないところだが、その分で目数を絞れそう。次位争いの筆頭がタンタアレグリア。最終追いこそ坂路(53秒0)だったが、1週前のウッドでは古馬1000万下を相手に互角以上の併せ馬。パワーを要するコンディションは苦手な筈だけに、明確な上昇曲線を描けているということ。シルエットが綺麗な反面、トモが発展途上だから中山より府中向きの現状。追っての味が魅力だけに距離延長もOKで、デビュー戦で先着を許したフォワードカフェとの逆転は必然。

あとは平場戦。土曜5Rは番組上芝の鞍数が限られているだけに質の高いメンバーが揃った。中山では抜け出すのが僅かに早かったレッドベリンダに順番が巡ってきそう。最終追いでの5F68秒5もセーブ気味だったことを思えば水準を遥かに超えている。が、どうも歩様が硬いのが気懸かり。コズミ気味なのが前走の反動と受け取れないこともないのなら危険な人気馬と見做す

ここは菊川厩舎のラッシュアタック。昨秋の内容が良くて脚質的にも1F延長が追い風に。加えて、この中間には明らかなレベルUPを実感できるし、追い切りでは古馬を‘おいでおいで’。ハロー明けで馬場状態が良かったことを割り引いても5F67秒6を楽々マークできるのは並大抵でない。休む前以上のデキ。

この直後に追われたマイネルプロンプトも迫力満点。同じ3歳を3馬身追走する5Fから追い比べとなった直線でしぶとさを存分に発揮。3馬身先着と勝負根性と追っての味をアピール。恐らく、北海道では良化途上。それほど中身が詰まった馬体に造り。

土曜3Rは前開催でデビューしたキャプテンバローズ。前走では勝ち馬に軽くあしらわれたが余力残しの仕上げで絶えずマークされる展開。当然ながら実戦を経験したことでセンスの良さが磨かれているだろう。ラスト14秒0だった追い切りはセーブした故で6Fから15秒6を刻めたほどだから密度の高い単走と言える。叩いた効果は覿面

大穴で面白いのが日曜1Rのユニコーンスター。昨秋のデビュー戦こそ見せ場なく終わったが、道中からして周りに気を使う走りでレースになっていなかったし、馬体も緩かった。リセットしての今回は凄い動き。古馬1600万下を追走しながら、直線では懸命に食い下がって併入に持ち込んだ。3歳のこの時期に3F37秒1で動けるのだから驚き。ベースになる能力なしでは成し得ぬ業なのだ。それを妨げているのが気性という側面はあるものの、その分で人気にはならないのだからリスクを冒す価値はある。

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line