協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 柴田卓哉:美浦追い切りレポート
  4. 重ハンデにも耐えられるデキに達したフェイムゲーム

競馬コラム

柴田卓哉:美浦追い切りレポート

2015年02月19日(木)更新

重ハンデにも耐えられるデキに達したフェイムゲーム

とうとう美浦からのエントリーがゼロになったフェブラリーS、賞金面をクリアーできる馬がいないのは寂しい限り。だが、日曜の府中は冬場のハイライトと言える日。その前後で勝負する。

アメジストS(10R)は準OPのハンデ戦。通常なら混戦となろうし、勢いのある明け4歳をピックUPしたいところ。しかし、一息入った後だった前走のサトノフェラーリは案外であった。最終追いの芝コースでシャープな捌きを披露していただけに、劇的な変化は考えにくい。まして、中間はオール坂路だから目が届かない。距離延長でユッタリと追走できるのは好材料でもマイラーに近い体型だけに、条件替りが加点になると思えぬ。

それならば、マイル路線から戻ってきたダノンジェラート。最終追いは2度目のハロー明けで単走。しまい重点でラスト12秒7と感触を確かめる程度だったのは前週までにやるべきことを終えたから。前2頭を猛然と追いかける併せ馬で抜群の反応と身のこなし。相手が3歳(うち1頭は土曜5R予定のシーサイドジャズでデビュー時とはデキが違う)だったとはいえ、能力を秘める馬たち。ハードなメニューを課せたのは体質強化の証しで、以前は多少動きが硬くても及第点を与えて良いほど見栄えがしなかったのだ。マイルでは詰めを誤る競馬が続いたが、[3.1.0.0]の距離実績が示す通り2000はOK。というより、持久力を問われてもゴーサインを出せるレベルに達したのだ。

穴で面白いのがマイネルマーク。7歳を迎えて以前ほど稽古駆けしなくなったが、手応えの余裕があっての併入と持ち直した感がある。遡ればGⅡでの好走が示すように典型的なハンデキャップHと見做せるのならチャンスは今回を措いて他にない

日曜の最終に組まれた金蹄Sは好メンバーが集った。中山では現級でも通用する能力を示したエルマンボの直前は堀厩舎らしく軽目。唯、中間は全て単走と寒い時期の大型馬にしては少々物足りぬ。見た目は悪くないが良い意味での平行線という域を出ない。昨秋から急激に力をつけたのがドラゴンピース。息の長い末脚が武器だけに条件が揃った。1度目のハロー明けに3頭併せの真ん中で併入。元々、稽古で目立つ馬ではないから、5F70秒0でも十分だし、併せ3本と乗り込み量も豊富。唯、レースを使い込んで良くなるだけに今回のリセットで評価は微妙に。

叩き2走目のロワジャルダンが中心。骨折明けだった前走で快勝と元値の違いを見せつけた。見切り発車と言える過程にも関わらず。対して、この中間はDコースで迫力満点のフットワークを披露したかと思えば、直前のウッドでは少し気合いをつけただけでも鋭く反応してのラスト12秒8。負荷を十分にかけたのだから二走ボケの不安はない。重賞級の器だけに準OPでも軽く通過しなければならぬ

土曜・府中のメインはダイヤモンドS。京都でのOP特別勝ちで勢いに乗るステラウインドが絶好調。1週前の長目追いではラストまで軽快さを失わない上に、全身に漲るパワーが見る側にダイレクトに伝わってくる模様。しまい重点の直前は措くとしても本格化を思わせる馬体の造りとなれば首位争い必至。しかし、これまでのキャリアからラブイズブーシェに先着できる保証はない。

やはりフェイムゲームの連覇に期待するのが妥当か。スローに泣かされたAJC杯は度外視して良い。得意とする広い府中でのスタミナ勝負となるからだ。週を追うごとに負荷を強めての最終追いでは充実した筋肉を駆使してのアクションで余裕の併入。宗像厩舎が外目を通っての5F68秒1なら水準を遥かに超えるのだから、ここ目標といった意欲のほども実感できる。58キロにも耐えられるのではないか。あと大穴ならネオブラックダイヤ。AR共和国杯では力を出し切っていないから、戦法を180度変えれば可能性はある。鹿戸厩舎にしては珍しい6F追いで最後までビッシリ。背水の陣といった印象

先のドラゴンピース(1600万下)と併せて追走しながら楽な同時入線だったバンズームの復帰戦が土曜12R。ユニコーンS3着は伊達でない上に、仕上り上々なら当然勝ち負け。それでも敢えてサトノアルバトロスを指名。5F71秒5と時計こそ目立たぬが、自らハミを取って推進する様に凄みすら覚える。肩から胸前にかけての筋肉が一段と発達したことで急激な成長が認められるのだ。

京都・洛陽Sの下馬評は関西優位。が、前走の大駆けをフロック視することはできぬゴールデンナンバーの存在がある。ラスト14秒台は前走同様で輸送を控えた牝馬であれば織り込み済み。馬体のハリや行く気満々の道中は好調時のそれ。所属厩舎のラストを飾って不思議でない

復活間近を思わせるショウナンワダチにより大きな期待がかかる。2走前からこの馬本来のスピード感を取り戻していた。結果に繋がらなかったのはレースの綾。確かに、京都金杯は前残りでシーンがなかったとはいえ、坂の下りを上手にこなせた訳ではない。けれども、今回はコース2度目になる分、ロスも少なくなるのではないか。しかも、3頭併せの真ん中で尋常でない瞬発力を見せて先着。ゴール寸前のほんの一瞬で間を割って抜け出した動きは秀逸。OP特別程度で何とかしようといった辺りのレベルを遥かに凌駕していた。

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

 

柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line