協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 柴田卓哉:美浦追い切りレポート
  4. 関東の大攻勢がありそうな中京を狙い撃つ

競馬コラム

柴田卓哉:美浦追い切りレポート

2015年03月11日(水)更新

関東の大攻勢がありそうな中京を狙い撃つ

一筋縄では収まらぬ中山牝馬Sが今週のメイン。前年の2着馬・ケイアイEの回避によって展開面でも読みにくくなったレース。加えて、コーナー4回の1800となると条件的に微妙な馬も多くなる。

最終追いが坂路で56秒1だったパワースポットは1週前のウッドで軽やかな捌きを披露して好調は間違いないし、1度目のハロー明けでラスト12秒6と鋭く伸びたスイートサルサも。唯、以上の2頭は展開に注文がつくだけに状態面だけで推奨するのも憚られる。

となると、バウンスシャッセか。確かに、直前のウッドでは5Fでの3馬身差を覆す追走しての先着と負荷をかけた。栗東での調整が裏目に出て大きく馬体を減らした秋華賞時の面影はない。加えて、昨春のフラワーCと同条件なら魅力十分。しかし、中身のある稽古は最終追いの1本だけで、シッカリと馬を追い込んだ過程ではない点で二の足を踏む。

波に乗っているのはアイスフォーリス。6歳牝馬とは思えぬ馬体のハリに加え、弾むようなフットワーク。内目とはいえ、楽々と3F37秒5をマークできたのだから、充実ぶりがダイレクトに伝わる。中山金杯に比べれば相手落ち必至、柔軟性溢れる身のこなしとなったのが今というなら愛知杯での敗因は馬場に尽きる。良馬場ならその組には負けない。

下馬評は低いがウイングドウィールも忘れてはならぬ。ここ出走の僚馬グレイスフラワーを相手に先行しての先着。けれども、一杯になる内を尻目に痺れるような手応えのままフィニッシュ。9分処を通っての5F67秒4だけに価値がある。52キロのハンデを生かせるデキ。

日曜にはOPがもう一鞍。マイルの東風Sが準メイン。相変わらず迫力ある稽古を見せるペイシャフェリスが好調キープ。前週の長目追いがあっても直前で一杯に追って1F12秒3。馬体のハリと四肢を目一杯伸ばしたアクションが魅力的。今回、別定で1キロ増となると微妙だがその勢いは侮れない。少なくとも、水準以上の時計では動けたが、一頓挫あっての立て直しに時間を要した上に、‘都落ち’といった風情の移籍馬をパートナーに選んでいる段階でトップフォームには遠いフラアンジェリコよりは上。

ここに至る過程で併せる相手のレベルを問えばシャイニープリンスの右に出る馬はいない。イスラボニータのパートナーを務めるようになって自身もレベルUP。先行したとはいえ、2週前でも互角に近い動きだった。追走して内にもぐり込んだ最終追いでも余裕十分の5F68秒3でリズミカルな動き。地味ながら着実に力をつけている。

本場開催でのメイン3鞍が牝馬戦になる週、中山・アネモネSは桜花賞への切符を賭けた争い。朝一番に単走で軽やかに駆け抜けたテンダリーヴォイスは見た目以上の速さで1F12秒2。シャープな体の線を保って気品さえ感じる。唯、これを含め年明けにノットフォーマルを捕えられなかったクチには魅力を感じないのだ。

ここは1F長いマイルを承知でメジャーフォルム。追って甘い分、2勝目が遠いし、トモが薄い分で急坂にも?唯、今回には工夫が見受けられる。感触を確かめる程度の最終調整は単走で牝馬なら当然だが、それよりも先週の3頭併せに着目。馬を前に置いて仕掛けを遅らせるメニュー。その弾け方が尋常ではなかったのだ。ギリギリまで脚を矯めれば切れを発揮できる予感。注文がつくものの、狙って損はない。

今週からスタートする中京は食指が動くレース揃い。まずは中日新聞杯。2週にわたって6F追いを敢行したユールシンギングは、シルエットが洗練されて復活の予感。昨年より2キロ重い57でもシーンはある。

しかし、ここはダノンジェラートを指名。着差以上に余裕があった前走が圧巻。馬の間を割る芸当は今まで見られなかった。その際、このコラムで推奨したように、体質の弱さが解消された故。直前は5F70秒2と控えたが、先週には反動を微塵も感じさせぬ時計をマーク。マイルを使い込んだ効果で身のこなしもシャープになった点を強調したい。

思いのほか頭数が揃わなかった土曜10Rの3歳戦はステラスターライト。ラインUPが豪華な厩舎だけに高いレベルの併せ馬を消化できたのだ。シャープな動きは元々だったが、馬体に幅が出て力強さが加わった。揉まれてレースにならなかった昨11月は度外視すべき

同じ3歳でもダート路線の今後に関わるのが昇竜S。逃げたアキノCには一目置かねばならぬが、アジアンテーストが3連勝を視野に入れた。確かに、ウッドの3頭併せでは遅れ。唯、他2頭のレベルから非常に濃密な5F70秒4と見做すべき。内はGⅠ馬で外が3歳500万下ながら急激に良化しているデュアルメジャー(中山・土曜6R、初ダートでこそ狙い目)。まだ絞れる体での楽勝だった前走を叩いた上に鍛錬に余念がないということ。

日曜の中京メインは準OPのスプリント戦。前走が久々の芝、窮屈な競馬でも目途を立てたレッドファルックスを指名。無理に馬を収めなければならぬ1400よりスムーズに流れに乗れるのが今回の距離。元々、バランスの良い馬体でパワーに頼った走りではないから芝が合わぬ訳がなかった。地力強化とともに本来の場を見い出しただけ。Dコースの3頭併せで最外、先頭との差が2秒あった5Fスタートで最後には併入と中身は濃いし、広いコースで存分に追えたのだから、トータルの運動量ということでも文句なし。何とか抽選をくぐり抜けて欲しい

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line