協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 柴田卓哉:美浦追い切りレポート
  4. リアルスティール断然とは言わせぬ関東3騎

競馬コラム

柴田卓哉:美浦追い切りレポート

2015年03月19日(木)更新

リアルスティール断然とは言わせぬ関東3騎

中山のメインとなる皐月賞TR、共同通信杯からの流れなのだが、頭数が揃わない傾向に沿って水曜の想定段階でも12頭のみ。上手く使い分けられる反面、本番まで鎬を削るバトルが少なくなるのは少々物足りないのだが…。

今週から馬場開門が6時と早まった。そこでモヤに覆われるアクシデント。1度目のハロー明けまでの9割方は1Fとゴール標識が辛うじて見える程度となって時計班泣かせの追い日。

幸い、スプリングSで関東の期待を集める馬は視界が利く時間帯での追い切り。坂路54秒5で調整を澄ましたブラックバゴに関しても、1週前はウッドだっただけに仕上りはある程度把握できた。この馬は短期放牧を挟むたびにパワーUP。元々、筋骨隆々のタイプだったが、今回はなだらかな流線型の馬体となって洗練された印象さえある。帰厩後はウッド2本のみでも十分な負荷がかかったし、先週の長目追いでは豪快な動き。実戦で課題を次々とクリアーしているセンスからも、ベルーフとの逆転はあって良い。

真打ちはやはりダノンプラチナ。勿論、目標は先だから暮れのGⅠ時ほど馬を追い込んでいないという点は攻め過程を見れば一目瞭然。それでも、古馬OPに対して余裕綽々だった1週前追い切りはさすが。間隔が開いても無駄肉に覆われる体質ではないから水準以上の仕上り。直前の道中は前2頭を窺う形で道中を進む。唯、体がデキている分、敢えて併せ馬には持ち込まずに自分のペースを守ってのフィニッシュ。そのアクションがゴムマリのようで、持ち前の柔軟性には翳りがなかったし、1Fは12秒3の鋭さ。2歳王者として恥ずかしい競馬はできぬ

骨折のアクシデントがあったものの、それを感じさせないほど順調に乗り込まれているのがミュゼスルタン。確かに、先月の3頭併せと1週前には遅れていた。しかし、追走しての内容だけに額面通りに受け取ってはならない。しかも、直前の5F追い以外はゴール板を過ぎて2角に差しかかるまで柴田善が手綱を扱くハードさ。当然ながらブランクを感じさせぬ引き締まった体だし、直線半ばでも前との差があった最終調整で弾けるように伸びて併入と切れも伴ってきた。同じ2戦2勝のリアルスティールにはスケールという点で劣るものの、全く太刀打ちできぬというわけではない。

どうしても層が薄くなるのが牝馬の中距離戦。その例に漏れず、土曜メイン・フラワーCも難解。一応、GⅢ勝ちのあるノットフォーマルが実績上位ということに。目標をここに据えて疎漏はない。帰厩後の3本目に6Fで81秒0という好時計をマークできたほどだし、先のミュゼスルタンと絡んだ併せ馬となった最終追いでも軽やかな捌きを披露。が、戦法を他の陣営に読まれているし、コーナー4回の1800ということになると昨秋・福島での淡泊さを思い起こさざるを得ない。少々評価を下げて良いのでは。

あと、調教レポートから離れるのだが、この中間がオール坂路だったホワイトフーガに触れておく。前走まではウッド中心で動きを目の当たりにできたのだが、その動きを見る限り、パワーオンリーの砂馬ではない。ここ3走で能力の高さは証明されているし、ゆったりと走れる距離も良い。初芝でも注意が必要

最終追いは坂路53秒7だったがウッドでの長目追いでは幅の出た馬体を見せつけたディアマイダーリンも上位に加わろう。クイーンC自重の影響はない。唯、やはりアルビアーノの魅力には敵わぬ。牝馬らしからぬ雄大な馬格がありながら、シャープな捌きで身体能力は相当高い。3頭併せの最内から矢のように伸びて先着と凄味さえ感じさせた。何せ、2馬身先んじた真ん中の馬は古馬OP。強力なラインUPとなっている木村厩舎の3歳世代を象徴するような最終追いであった。

3歳のマイル路線を占う意味で重要なのが土曜・中京のファルコンS。課題と思われていたタフな中京を難なくクリアーしたフミノムーンが主役というのは衆目の一致するところだが、西下組も侮れぬ。モヤを切り裂くような伸びでラスト12秒4、豪快なアクションだったアポロノシンザンは好調キープ。もう1頭挙げておきたいのがビヨンジオール。差す競馬を覚えてからの充実ぶりが凄い。特に、ここ2週の併せ馬では遅れても不思議でないメニューを課せられながら二段ロケットのような伸びを直線で披露。従って、1200限定馬とは思えないし、中京を既に経験している点も強味。

その直前の熊野特別、叩き2走目になるタイダルベイスンの良化ぶりには驚く。元々、パワフルな動きには目を惹かれていたが、柔軟性溢れる見事なフォームでラスト12秒4。馬場の荒れ始めた時間帯での伸びだったから圧巻。今回の距離延長でエンジン全開

中山の他からはまず韓国馬事杯。準OPのダート戦だが、強い馬が次々と上に進出する時期。安定味だけを評価しても仕方ない。例えばブラインドサイド。今回は中1週で坂路。骨折明け2戦を目一杯走った反動が気になるし。3頭併せの最内で上々の動きだったキープインタッチにしても本質的には軽いダートで真価発揮のタイプ。スノーモンキーも。有力視されている面々を絶対視できないのならショウナンアポロン。はち切れんばかり馬体のハリ、それを存分に駆使したアクションで3F37秒6$の好時計をマーク。後続に脚を使わせる逃げを打てば2走前の再現も

昇級組ではサトノアルバトロスよりマドリードカフェ。朝一番のモヤで道中の詳細が不明だが、1Fだけでパートナーを3馬身切り捨てた。飛びが一段と大きくなったのは稽古を余さず実にしている証し。確かに、前走は全てが上手く行っての勝利で準OPの流れは厳しい筈。が、絶好調を誇っているのなら、無理にでも印を回して損はなさそう。

土曜の中山では早いうちに勝負を決めて有利に進めたい。1番手は3Rのシーサイドジャズ。大飛びでエンジン点火が遅い反面、トモが充実して踏み込みが深い馬でダート替りは絶好機。中間はオール坂路だが、たびたび調整の場としていたウッドを捨ててDコースでのキャンターから坂へ。その身のこなしが実にパワフル。

続く4Rはペンタプリズム。デビュー前から稽古は目立っていただけに能力は確か。今回も古馬1000万下を瞬く間に置き去りにしての1秒4差先着と未勝利クラスの動きではない。課題の気性をカバーするような戦法ならあっさり勝ち上がれるだろう。

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line