協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 柴田卓哉:美浦追い切りレポート
  4. 4連勝へ待ったなし ルージュバック

競馬コラム

柴田卓哉:美浦追い切りレポート

2015年04月09日(木)更新

4連勝へ待ったなし ルージュバック

桜花賞に臨む関東馬で直前輸送を選んだのは3頭。唯、TRとはいえアネモネSでのワンツーは俎上に上げなくても良さそう。OPとは名目ばかりでオール1勝馬の中で権利を得ただけだからだ。

となると、1番人気が確定的なルージュバックの動向に絞れる。水曜は雨に祟られたウッド。しかも、1度目のハロー明けでもラッシュが一段落ついた時間帯だったから馬場も荒れていた。その中でいつも通りの向正出しから助走をたっぷりと取る。しかし、輸送を控えている為、ペースUPは5Fから。

誤算は3F手前で制御が利かなくなった点。ただでさえ能力が違う相手との併せ馬だけに、一旦前に出てしまえば独壇場。内目だったとしても5F65秒4は速い。しかも、柔らかみのある身のこなしで惚れ惚れするようなフォームに終始。確かに、予定通りとはいかなかったものの、少しでも緩めれば即弾ける点で初のマイルにも対応できる面を示せたのは好材料。

また、1週前の長目追いを消化、引っ張りきれないほどの手応えで迎えた直線で抜群の切れ。スケールの違いを存分にアピールしたのであれば、4連勝でのGⅠ制覇に向けて待ったなし

ライバルというか、◎候補として挙げておきたいのがココロノアイ。が、前哨戦の直前が坂路でその後は栗東での調整。唯、昨秋からオーソドックスな手順を踏んだ上に、真っ当な競馬での完勝がチューリップ賞だから精神面の進境ぶりが凄い。稽古でそれを目の当りにできないのが残念でならぬ。

阪神は牝馬ウィークということで土曜の阪神牝馬Sにも触れたいが、関東勢では能力的に分が悪いからパス。中山の土曜メインにスポットを当てる。

まだ勢力図が定まらない3歳のマイル路線を占う1戦。まずは1勝馬ながらアーリントンを制したヤングマンパワー。6F追いを敢行したウッドでの併せ馬では脚色劣勢。しかし、アジアエクスプレスを3馬身追走しての同時入線なら価値◎だし、通ったコースを考えれば上々の時計。唯、頭の高い走法で身体能力に頼った走りが好みではないのだ。そういった荒削りな面を残してのGⅢ制覇だから大したものなのだが、安定味という点では今一つ

同じようなことが言えるのがビヨンジオール。5Fから14秒0と抜群のスピード感ではち切れんばかりの体だが、距離に限界のあるフォーム。それならばナイトフォックス。古馬を追走して内にもぐり込む併せ馬で実にシャープな身のこなし。能力が高いことを実感させたのだ。問題はレースに注文がつく段階といった現状での若さ。従って、テン乗りだった前走は力を出し切れていないから度外視して良い。唯、今回も初めて手綱を握る田中勝という要素が。北村宏の騎乗停止が痛い。

マイルに替わって魅力が増すのがタケルラムセス。朝一番のウッドで田村康厩舎特有のコース取りで好時計をマーク。ゴールに近づくにつれ、完歩が大きくなるダイナミックな追い切りを披露とデキは間違いなく良い。年明けの時点で2000を2分1秒台で駆ける能力、その距離になると脚が続かぬシーンもあることからも距離短縮での一変も

あとはグランシルク。バランスが今一つだったのが2歳時。が、実戦を経るごとに洗練されてシルエットがシャープに。1週前の遅れも余力あってのものだし、ビッシリ追った直前は馬場悪化の中、1F12秒4と鋭く反応。切れに磨きがかかった印象で優秀だった前走時計の短縮は確定的。

今週からスタートする福島のメインは芝中距離のOP特別。一応、前年の覇者でその時計、レース振りからレッドレイヴンが有力。唯、坂路調整が続くだけに当コラムでの評価は措いておく。勢いがあるのはマイネル2頭。2度目のハロー明け、余裕の手応えでパートナーを圧倒したマイネルミラノは、ラッシュの最中でもそれと分かるほど軽快な動きで好調キープ。ヒュウマとの兼ね合い一つ。3週続けての3頭併せでひと追いごとに豪快さが増すマイネルフロストもOP特別に入れば一枚上といったスケールを実感させる内容。

けれども、ここはヒラボクディープ。道中は馬を前に置いて進む。3F手前で一旦は離されかけたが、再びギアーを入れ直した直線では実に力強い捌き。負荷をかけた中間とブリンカーの効果が覿面。元値があるだけにきっかけ一つで変わる筈。

直後の喜多方特別ではサクラヴィオーラ。一息入っての過程で直前こそ軽めだが、先週までの中身の濃さは3歳時に窺えなかったモノ。体に厚みが出て芯が一本通ったと確信できる動きで明らかにパワーUP。決して向くとは思えぬ中京での2着が前走と力をつけている段階で、昨夏・福島での2着も評価できる内容。もっと上を狙える器

これを含めて今週は田島俊厩舎に注目。中山・野島崎特別のティックルゴールドは、先のサクラVをパートナーにして2週にわたって余裕の手応え。それも追走して外という負担がありながらだから一変と断言できる。現級入りしてからの2戦は逃げる戦法が裏目に出たのではないか。以前の差す競馬なら真価発揮の予感。また、中山での1度の着外は経験不足が露呈しただけで、気に病む必要はない。

もう1頭が隅田川特別のサクラダムール。3頭併せの最外で5F67秒5は、馬場コンディションを考慮すれば極めて優秀だし、瞬く間に併走馬を1秒以上置き去りにした反応に瞠目。中山マイルに関して底を見せていないのは関係者も承知の筈。それに向けた渾身の仕上げ

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line