協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 美浦追い切りレポート
  4. まずは一冠、GⅠ馬に相応しいオーラを発するサトノクラウン
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2015年04月16日(木)更新

まずは一冠、GⅠ馬に相応しいオーラを発するサトノクラウン

フルゲートに満たない皐月賞だが、到底勝負に関われない馬は篩い落とされた状態だから、メンバーの質は高くて目移りする。まずは、水曜にウッドで最終調整を済ませた組から。

その3頭は奇しくも1度目のハロー明けに集中。西下して際どくGⅢを手中にしたのがミュゼエイリアン。レース運びが上手くなったことでひと皮剥けた。半マイルから一気にピッチを上げた3頭併せでは測ったような抜け出しで余力十分の1F12秒4。唯、暮れの1勝クラスでの6着を持ち出すのは妥当でないにしても、一気の相手強化にあって確信を持てるほどのレベルにはどうか?

印象ほど差がなかったのがスプリングS・3着のダノンプラチナ。当時は冬場で同馬特有の柔軟性を取り戻すのに時間を要した。8分やっとのデキだったのだから叩き台としては上々。問題は期待ほどの良化を実感できない点。先週までの坂路に関しては詳細不明も追い切りが5F70秒0。馬場が悪かったにしてもGⅠに臨むにしては少し物足りぬ。軽快な捌きやセンスを感じさせる走りをプラス材料と踏んでもパンチ不足に映る。

これは、その直前に迫力満点の3頭併せを演じた皐月賞ゼッケン馬のインパクトが鮮烈だった故もあるが…。それがブライトエンブレム。縦列の最後尾で先頭との差が1秒8だったのが5F標識。その後も宥めるのに苦労するほどの道中が続いて直線を迎えると内にもぐり込む。持ったままでの1F12秒1も凄いが、仮に少しでも追っていれば外2頭を軽く抜き去ったであろう勢いが印象的。しかも、重厚感がダイレクトに伝わるフォームで、ハードに攻めた挙句の最終追いが5F66秒9。前走とは雲泥の差

それでも、美浦でのハイライトは堀厩舎の2騎。いつも通りの木曜追いで馬場開門の20分後に登場。どちらも1週前の段階で長目追いを消化しているから、しまい重点の最終調整に関しては織り込み済み。

一時は賞金的に届かないと思われていたドゥラメンテは3頭併せ。先週から装着したアイシールドは砂を被っても怯まないようにした工夫。それだけ稽古で馬を追い込みたいのだろう。縦列の2番手から外に進路を取った直線でも他2頭を窺う余裕で力強さも満点。共同通信杯時に劣らないデキというのは確か。

しかし、直後に追い切ったサトノクラウンの素晴らしさには一歩譲るではないか。長目からビッシリ3馬身先着した1週前も圧巻だったが、セーブ気味だった直前はそれに輪をかけた動き。

1F手前までは相手に合わせた形だったが、ただでさえ大きいストライドが伸びると瞬く間に外を置き去りにして3馬身先着。豪快かつ鋭い捌きで至るところにバネが備わっていそう。歩様が硬い面もあって完成形とは言えぬ段階でもGⅠを得るに相応しい貫禄を漂わしているのだから主役の座に据えなければならない

障害を除くと重賞はもう一つで土曜・阪神のアンタレスS。おおまかな勢力図では関西に塗りつぶされているダート戦線。が、そこに殴り込みをかけるアジアエクスプレスを推奨。復帰戦の名古屋では僅かに及ばなかったものの、3着以下には9馬身の大差。少々ギスギスした印象でブランクの影響は確かにあったにも関わらず。

体裁を整えるのに腐心した前走に比べ、全身から発する活気が違う。現に、1週前の段階で実戦を直前に控えた3歳を軽くあしらえたし、重いウッドだった直前では直線だけでパートナーを4馬身切り捨ててのフィニッシュ。皮膚を薄く見せるという点だけでも叩いた効果が歴然なのに、風格さえ実感できるのであれば確勝級

2週目を迎える福島からは日曜メインを取り上げる。54キロのハンデが後押ししたとはいえ、中山2500の前走で好時計、勝ちに等しい内容だったプレストウィックが充実しているからだ。中1週だけに5F70秒を超える時計だが、1秒近く追走する態勢から余裕の併入。少し前が勝ったバランスだったのが3歳時。それが馴らされた感じで均整が取れたのだから、苦手な坂を克服できたことにも納得。まして、以前から得意としているローカルの長距離戦なのだ。定量戦となっても勢いは失せぬ。

水曜の想定時点で36頭のエントリーがある日曜・雪うさぎ賞はゲートに辿り着くまでのハードルが高いが、エリーティアラの成長ぶりには触れざるを得ない。武市厩舎は馬場の荒れた時間帯。にも関わらず、楽な手応えで5F69秒7。馬体に幅が出た上に持ち前の軽やかな捌きに磨きがかかった。単調な先行馬からの脱却が成った段階で初勝利を挙げたコースに戻るのだから勝機

中山の他でも3歳戦にスポットを当てる。まずは土曜6Rのボルゲーゼ。一息入ったがレベルUPに余念のない中間。確かに、ここ2週の1Fこそ13秒台と弾けていない印象を与えるが、これは道中で負荷がかかるメニュー故だし、一瞬の鋭さで勝負するタイプだけに直線の短いマイルがピタリ。

土曜・山藤賞は古馬との追い比べで3馬身先着したミュゼゴーストを推すのが常識的。が、敢えてウイングチップ。最終追いだけウッドで5F72秒5。低調と思ってはいけない。古馬OPを前に置いて窺いつつの道中、スパートを遅らせた為の平凡なタイムで反応は鋭かった。しかも、角張った全体像が洗練されてバランスの取れた好馬体に変身。初勝利時の時計、センスを感じさせるレース振りからもここは通過点。 。

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line