協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 美浦追い切りレポート
  4. 明け4歳の上位独占まであるヴィクトリアM
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2015年05月14日(木)更新

明け4歳の上位独占まであるヴィクトリアM

温帯低気圧が通過した直後が水曜の追い日。唯、危惧したほどの馬場にはならなかった。ヴィクトリアMの主役は当然ながらヌーヴォレコルト。昨秋はGⅠに手が届かなかったものの、今季のスタートに選んだ前走は牡馬の一線級を撃破。

中山記念時でも当コラムで礼賛したほどだから、ここに向かう過程は微調整程度でも良かった筈。が、放牧先から帰厩した直後でも洗練された馬体ですぐにでも実戦に臨めそうなほど。まして、1週前の併せ馬では稽古駆けする3歳を追走しての長目追い。でいながら上がりが36秒9と凄味さえ感じさせる伸びを見せたのだ。

2度目のハロー明けに登場した直前でも、単走ながら緩める気配は微塵も感じさせぬ。抜群のスピード感を示す道中から直線でもアクセントの利いたアクションで6F81秒9。皮膚の薄さに気品を感じると同時に無駄を全て削ぎ落した、との形容が当て嵌まる仕上がり

この馬を始めとして牡馬相手にもヒケを取らぬということでも現4歳牝馬の質の高さは改めて指摘するまでもなかろう。◎の選択はこの世代からということ。そうなると、昨年のオークスで際どい3着だったバウンスシャッセ首位争いに加われる

中山牝馬Sで底力を問う状況に自らを追い込むことによって覚醒した感。加えて、当時はまだ手探りの段階。最終追いが控え目だったからだ。対して、今回は3頭併せの最後尾から外に進路を取るというハードなメニューを課した。にも関わらず、ラストまで安定したフォームでの1F12秒8。4~3Fにかけては矯めを利かせた上にでも、追い切りとしての密度が極めて濃厚。不安は久々のマイルで極端な高速決着に持ち込まれた場合の速さ負け。

比較的追い切り頭数の少なかった1度目のハロー明け、皮切りだったのがスイートサルサの4F56秒7。物足りないタイムと思うが、福島牝馬Sは一頓挫あった上に小回りという二重苦をあっさり克服。つまり、以前と違って調教を軽くすることによってレースに向けて力を蓄えられるようになったのでは。叩いた効果はスムーズな身のこなしが示す通りで警戒は必要。唯、対戦比較の上で印を回すにはかなりの矛盾が生じそうなのだが…

ここにきて3連勝と急激に力をつけたカフェブリリアントは定石通りの木曜追い。先週の1馬身遅れはセーブ気味だっただけに気に懸ける必要はない。というより、肋が浮き上がって見えるほどの研ぎ澄まされた馬体が充実振りを物語る。堀厩舎への移籍できっかけをつかんだ昇り馬。他9頭とともにDコースでのキャンターからウッドへ。

最後尾とはいえ、1馬身間隔の4Fからピッチを上げての直線では内にもぐり込んでの併入。シャープな伸びは予想通りで4F53秒5という数字以上の切れで青写真通りに臨めるだろう。が、府中マイルでは緩いレースしか経験していないのが玉に瑕。立ち回りの上手さを生かせる展開待ちといったところか。

今週の3歳戦は将来性豊かな馬のラインナップが凄い。その最たるが夏木立賞のキャンベルジュニア。デビュー戦の時計は拍子抜け。が、一度使ったことでレース仕様の筋肉を纏った上に、追い切りは3頭併せの真ん中。勿論、手応えは抜群で少々の合図でも即反応して抜け出せた筈。それはセーブしたというより、両側からきつくプレッシャーを与えて馬に我慢を覚えさせる深謀遠慮。それでも、初戦の時よりテンションを抑えられているし、スケールの大きさがダイレクトに伝わってくるアクション。無傷でのステップUPを逸するとしたら途轍もない誤算とまで言えるほど。

固いところでは日曜7Rのマリオーロ。2週続けての6F追いでパワーUPは明らか。特に、1週前の木曜には格上の古馬に挟まれて闘志をかきたてられた。何せ、冒頭のヌーヴォレコルトに食い下がっての好時計だったのだから、自己条件に戻れば取りこぼせぬ。

今後の3歳ダート路線を占う意味で重要なのが青竜S。古馬との混合戦になる直前の開催ということもあって勝ち時計にもチェックを入れておくべきレース。前走では抑える競馬さえマスターしたアキノCが最有力だが関東馬のレベルも相応。先行したとはいえ、アジアEに対して脚色優勢だったアルタイルは好調キープ。

唯、ヒヤシンス賞重視でいくべきか。大久保洋厩舎からの転厩があってもウッドでバリバリ攻めているイーデンホールは相変わらず力強い捌き。以前と同じように吉田豊が跨っての調整だけに仕上げに抜かりはない筈。

大穴なら高柳厩舎のタマノブリュネット。3頭併せでの遅れは追走の分。先週の追い比べでの先着に目をつけるべきだし、体型的にもマイルで大きく変わるタイプ。同厩舎のラテラス(土曜6R)は2勝目にリーチがかかる。直前は単走での4F55秒1と平凡だが、テンションを上げない為のケアー。内から一気に突き抜けての好時計だった1週前の時点で態勢は整っていたのだ。先々はOPをも目論む器

面白いのが日曜・新潟の直線競馬、はやぶさ賞。開幕週で2着とローカル巧者ぶりを発揮したトロピカルガーデンが軽快な動き。向正スタートのしまい重点だが、中1週となれば納得。それでも2度目の長距離輸送だけに隙がないこともない。同じような非力型がヴィクトリースノー。昨夏の55秒8は圧巻だったが、稽古をこなしても馬体に幅が出てこないのが気懸かり。一度負かされているリターンストロークとの差は広がったのでは。こちらはポリで力強い動きを披露。追われてからもフォームが安定してきた点で着実にレベルUP。

唯、一発を狙うならケモノタイプ。朝一番の3頭併せで2馬身及ばなかったものの、6Fで大きく追走するハードなメニューを消化して急上昇。元々、芝がネックになるフットワークではないし、重戦車を思わせるパワーも秘める。ということなら、直線競馬での一変があって良い。一度走った新潟での着外は仕上げていなかったデビュー戦ということもあったし、急なコーナーで勢いを削がれただけ。

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line