協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 柴田卓哉:美浦追い切りレポート
  4. 堀厩舎のワンツーまであるラジオNIKKEI

競馬コラム

柴田卓哉:美浦追い切りレポート

2015年07月02日(木)更新

堀厩舎のワンツーまであるラジオNIKKEI

日が替る頃に降り始めた雨が間断なく続いたのが水曜。3歳のハンデ戦という難解なファクターが加わったラジオNIKKEI賞は当然ながら混戦。

青葉賞で勢いを削がれたストレンジクォークは、ここ目標に入念な調整。走り易いポリを選択しての併せ馬で相手は好調のダービーフィズ。5Fの入りこそ15秒6と緩めだったが、4馬身追走して外に合わせると豪快に伸びて先着。4Fなら50秒6の好時計で能力の高さを感じさせたし、仕上げにも抜かりはない。

唯、2走前には負かしているミュゼゴーストの進境ぶりには一歩譲るのでは。最終追いは1度目のハロー明け1組目。3頭縦列の最後尾から外に進路を取っての追い比べに持ち込むとラスト12秒9で力強い捌きを示す。というより、ハイラップで飛ばした1週前に最後まで脚勢が衰えぬままの4馬身先着が凄い。若駒とは思えぬ重厚感を醸し出してきたのだから、これまでの成績にプラスαを加えなければならぬ。

相手とペースが向いたとはいえ、楽に2勝目をマークしてここに間に合ったロジチャリスは好調キープ。+28キロだった前走でも太いというわけではなく、成長分を多く含んでいた。大きく先行した馬は無視して2番手との2頭併せとなった直線は抜群の推進力。勿論、引き締まっているし奥行きを実感できる雰囲気。唯、当コースでの勝利はあるが、乱暴な競馬。大飛びで小回りとなるとロスが生まれて不思議ない。

あともう1頭捨て切れないのはマイネルシュバリエ。流れに乗れないと脆い面はあるが、ダービーTRでは、今回のトップハンデ馬に食い下がっている。遠征後の反動を微塵も感じさせぬ体のハリ。つまり、前走で力を出せたわけではない証し。ポリでの単走だったが余力十分。シャープな身のこなしでの5F66秒9だから高密度。ローカルの1800に関しては底を見せていない。

ここまで列挙したが、木曜に追い切った堀厩舎2頭の前ではいずれも影が薄くなる。Dコースからウッドの向正に移動して姿を現すと、レアリスタキャンベルジュニアの併せ馬という態勢。

勿論、先週までに負荷をかけた豪州産はテンションを上げない程度の調整。外に併せた4F追いで56秒6だったが、シャープな身のこなしでセンス溢れる動き。一層洗練された馬体で実質2歳という範疇を大きく超えているのだ。当然ながら、もっと厚みが出て良いものの、GⅢであればワンランク上の器。見込まれた53キロでも3連勝濃厚。

4~3Fまで半馬身追走したレアリスタもゴムマリのような動き。豊富な筋肉量で身体能力が抜けているのだ。セーブするのに相当な苦労を乗り手に強いるほどの性能が全身から溢れ出ている。無傷のまま進んでも納得。

土曜メインは準OPのスプリント戦。開幕週だけに速い時計への対応が第一。となると、相当絞れるのではないか。冬場の中山で示したスピードを生かせば極めて有利な状況だが、1200が2度目になるフォーエバーモアにとっては格好の目標となる。

遠征後の中1週で鹿戸厩舎となると軽目が定番。しかも、雨で重くなったウッドを避けて朝一番の芝コースへ。感触を確かめる程度のしまい重点で4F57秒2。が、数字以上に馬体を大きく見せているし、四肢に力が籠ったフォームで一時期の不振を完全に脱した。稽古でエネルギーを蓄えて実戦で爆発させる、夏場の牝馬にとっては理想的と言える。

同じ距離で面白いのが、日曜・さくらんぼ特別でこちらは1000万下。降級アルマエルナトにとっては勝ち鞍のある福島での再発進ということになる。稽古ではどうにかセーブしても結局抑え切れぬ勢いとなる道中。従って、今回の調整も全て半マイルからの単走で最後は流す感じ。それでも、柔らかみがあってスピード感◎と態勢は整う。唯、融通の利かぬ戦法しか選べぬ気性には一抹の不安を覚える。

となると、3歳ゴールドペガサスの充実ぶりを買いたくなる。5F70秒5と目立たぬ数字だが、コンディション悪化のウッドでも最後まで安定した走りで1F12秒9。1週前、長目追いで負荷をかけた効果と言えるし、一層洗練された体つきになって急上昇。前残りの馬場と斤量が追い風にもなろう。

中京・土曜メインは定量戦に戻った上に叩き2走目のランウェイワルツが有力。けれども、勢いを増したキネオイーグルは底知れぬ。前肢のかき込みが驚くほど力強い。厩舎特有の4F追いながら直線では瞬く間にパートナーを4馬身突き放す瞬発力さえ身につけたのだ。はち切れんばかりの馬体で上昇一途。これに前走で敗れたロワジャルダンは、土曜福島10Rの1000万下に未だにランクされる器ではない。しかも、追い切りでは一完歩ごとにパワーが増す感じでの3馬身先着とトップフォームに近い。唯、小回りがネック。となると、同世代のアールプロセスにチャンスが巡ってきた。こちらは広いDコースで併せ馬。手加減なしの一杯追いで軌道に乗った。しかも、1700への適性が抜群とみた。

戸田厩舎でより盤石を求めるならエニグマバリエート(土曜福島9R)。中間の運動量がUPして一本芯が通ったと確信。右回りのコーナー4回が現状ではベストだし、痺れるような手応えのままのフィニッシュだった最終追いも迫力満点。ハンデ次第では日曜メインに出走したとしても恥ずかしい競馬にはならないほどの馬が500万下。取りこぼしようがない。

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line