協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 柴田卓哉:美浦追い切りレポート
  4. 七夕賞は新潟大賞典組が台風の目

競馬コラム

柴田卓哉:美浦追い切りレポート

2015年07月08日(水)更新

七夕賞は新潟大賞典組が台風の目

梅雨の影響でコンディションが大幅に悪化しているのが美浦の坂路。水曜の追い日にも関わらず、10頭強しか時計を出せないような状態。結果、ウッドに大量集結という事態に。調整パターンの変更を余儀なくされたタイプには相応の割引が必要に思える。

夏競馬の2週目は七夕賞がメイン。前年より1キロ重いメイショウナルトにとっては連覇を狙いたいところだが、同型との兼ね合いが鍵になる。昨秋・福島記念より0.5キロ軽くなっても分が悪いのは確か。そこからピックUPしたいのは、状態が上がってきたフラアンジェリコ

追い切り後に下馬するというアクシデントがあった暮れからの立て直しに時間を要したが、2度叩いたことによって稽古でも馬を追い込めるようになった。1週前の好時計で十分と思えたが、直前には追走の態勢から内を突いて抜け出す。5Fの入りが緩いしまい重点でも3F37秒9ならハードなメニューと見做せる上に伸びやかなフォーム。少なくとも昨秋のGⅢ2着は尊重すべき。当時と同じ斤量なのだから。

福島が初になるステラウインドは路線変更が吉と出そう。前回でも指摘したことだが、長距離では上がりの速い競馬に持ち込まなければ辛抱が利かない馬。スタミナタイプでは断じてない。従って、距離短縮は大きなプラス。ということなら、目黒記念当時の豪快な動きに翳りがないのならチャンス拡大。長目追いだった先週にはラストの反応が鋭かったし、大外を選んだ最終追いの単走でも5F67秒9。重い馬場を考えれば高密度で風格さえ感じさせた。唯、56キロでは◎に耐えうるか微妙なところ。

面白いのが新潟大賞典組。まずは、そこで3着だったアルフレード。一時期のスランプを脱したどころか、一本芯が通って進化を遂げた印象さえ。馬場の荒れた時間帯の併せ馬での確実に歩を進められたようにフォームが安定。3馬身追走してスタートした5Fから最後にはビッシリ追われるとパートナーを1秒突き放す見事なフィニッシュ。確かに、マイラー寄りではあるが、新潟外回り2000さえ克服しているのだ。コーナー4回であれば器用さを生かせる筈。

大穴ならマイネルディーン。OPに入っても大きく崩れぬ点が地力強化の証し。前走は仕掛けが中途半端で不完全燃焼。厚みのある体だがパワーに頼っただけではなく実に滑らかな動き。追い切りでも本当に注目していたのは相手。今週の函館・マリーンSに向けてピッチを上げているソーミラキュラス。これと半マイルから馬体が合うと直線では内を圧する印象。鹿戸流とはほど遠い外目での5F68秒6でラップも厳しいながら余裕の手応え。ひと皮剥けたのではないか

土曜メインの準OPもハンデ戦。激戦だったむらさき賞を評価した時に浮上するのがオコレマルーナ。距離に対する融通性を具えたこともプラス材料。唯、馬場が合わなかったとはいえ、しまい重点の目論見だった最終追いで4F58秒4、動きにも余裕がなかったから感心できぬ。それならバロンドゥフォール。前走後も鍛錬を怠らずに2週連続での併せ馬。特に、直前では先行したとはいえ全く寄せつけない1馬身先着であるとともに、重いウッドでの67秒1。マイルで覚醒したように思えるが、元々が府中得手とは言えぬタイプ。連続して好走と本格化を漂わせた上に、調教ではOP級のアクション。小回りでの不安は皆無

日曜の特別戦は七夕に因んだ名が続く。9Rの織姫賞は難解な牝馬戦だが、前走後にワンクッション置いたゴールデンハープの上積みが大。まだ華奢な印象は否めないものの、必要部位に関する限り良質な筋肉をまとった好馬体。また、捌きにパワーが増した印象を与えた最終追いでは、追走の道中から内にもぐり込むと瞬く間に3馬身の差をつけてゴール。それも痺れるような手応えというのだから充実著しい。福島替りで破壊力は更に増す

続く天の川Sは降級4歳の一騎打ち。3歳未勝利に遅れたノースショアビーチに不安を覚える向きもいるとは思うが、5F66秒8で動けば十分だし、最後になって頭を上げたのは状態というより気性。稽古の手を緩めていないのだから2走ボケはあり得ぬ

同じ降級での準OPからというと上記馬に見劣る感じを受けるがリッカルドにはブランク明けの不安はない。というより、以前より均整が取れた印象で成長さえ窺えるのだ。気性的に単走でも仕上がるタイプでしまい重点を丹念に繰り返す過程。引き締まっているしラストの反応も鋭い。ソツなく運べるセンスということで、今回が初になるローカル1700への適性は抜群と考えた。

彦星賞は3歳優位とも考えられる。特に、厳しい流れだった昨秋・福島2歳Sで一定以上の結果を出している2頭、アミーキティアアルマクレヨン。両馬ともに調教では軽快な動きを披露しているし斤量利もある。唯、パワースラッガーも捨て切れない。

前回時も動きは良かったが、少しメニューが軽かった分、+14キロと重目が残った。誤算と言えば誤算。しかし、骨折による長期休養から立ち直って存分に調教をこなせるようになったのは事実で、追い切りでは外目で豪快な捌きを披露。元々、マイルで実績を残した馬だが、胴の詰まった体型でパワフルな捌きを見せるからスプリンターとしての潜在部分がある筈。小細工無用の作戦に出れば一変さえ



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line