協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 美浦追い切りレポート
  4. 今週は1000万下が面白い
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2015年08月19日(水)更新

今週は1000万下が面白い

札幌と小倉では重賞があるから今週の新潟は‘谷間’の週。しかも、日曜のメインに至っては「ここは関西か?」と思わせるメンバー構成。勝負に関わりそうなアースゼウスにしても坂路だし、放牧明けのシセイオウジは5F73秒3でお釣りなし。先行の態勢から格下に1馬身遅れでは望み薄。

土曜メインの準OPに目を移しても美浦勢はパンチ不足。確かに、4Fからのしまい重点と前回のパターンを踏襲したショウナンバッハは力強い動き。唯、相手は格段に強化。それならもう一度セキショウ。ホームコースのポリで3頭併せ。今回は間隔が詰まった上に輸送を挟むことになるからセーブ気味でも先行する2頭を直線で一気に交わすと真一文字。開幕週の大敗は、向正で矯めることができなかった大野の腕に尽きる。実績のない2200だが内回りに替る点、乗り替りも含めて残り目を考えて良い

となると、1000万下にスポットを当てるしかない。まずは、札幌・おおぞら特別。セイユウスマイルに注目。6節同士の抽選で想定段階では7分の4。今回は2度目のダート1000になるが適性は十分。何せ、暮れの中山で前半3F33秒3の速さを見せたほど。フラットなローカルこそ持ち味を生かせる筈だったが、前走では控える競馬が仇に。加えて、直前輸送を意識した為か、1本追い足りなかった。逆に、今回は半マイルから見事な加速で、それを持続しながらポリ3F37秒0と高密度。引き締まった体でこそスピードを発揮できる。

本場の新潟からは日曜10R。ティルナノーグ、エトランドルの資質は高いものの、同世代モンドインテロも負けていない。特に、初芝だった春・新潟での1分46秒1は圧巻で瞬く間に後続を置き去りにした瞬発力が非凡。体を一段と大きく見せるのは、身体能力の高さとそれにともなうパワー故。一息入っての中間は入念というより、レベルUPに励んでいる点にも好感が持てる。1週前には同厩の3歳でダートの看板馬になりそうなアルタイル(先週、古馬相手の1000万下で楽勝)を追走したほど。

直前でも手を緩めずに外に合わせる負荷をかけて先着。捌きの力強さが生む推進力を存分に見せつけた形。1F延長でも中心視

土曜10Rは入念に乗り込んでトップフォームを取り戻したガッサンプレイ。当クラスの短距離ダートは飽和状態だけに出走に漕ぎつくのでさえ一苦労。唯、その分密度の高い調整が可能になった。中間は広いDコースが中心、ポリに移ってからは強い稽古不要といった雰囲気だったが、最終追いの5F68秒6は見た目以上の速さ。身のこなしが軽くて伸び伸びとしたフォームで走れているということ。

調教タイムは出ていたが裂蹄明けで動きが硬かった前2走とは雲泥の差。現級での2着は阪神だが元々が左回り巧者で脚も一瞬。従って、新潟は向く筈。昨夏に振るわなかったのは前残りの馬場に泣かされただけで、そんなコンディションを避けられれば一発がある。

他の特別戦で面白いのが土曜9R。500万下にしては質が高いからだ。それを担っているのが牝馬2頭。今回が降級初戦になるキュリオスティーは当コース2勝の新潟巧者でもある。元々、無駄肉がつくタイプではないし、併せ4本と入念な上に最終追いではしぶとく伸びて1馬身先着。唯、ユッタリと追走したいし、直前は軽めで間に合わせて欲しかったというのが本音。前走の1分33秒3が評価に値するクインズミラーグロは好調キープ。今回は単走だが中2週であれば十分だし力強さもある。以上の2頭は認めるものの、3歳牡馬を敢えてピックUP。4Fからのしまい重点も活気が溢れんばかりで上昇カーブを描くディアコンチェルトにとっての平坦マイルは願ってもない条件

あとは平場戦。新馬からは日曜5R。追い切りは明日の木曜だが、先週の除外が示す通り態勢が整っているニシノオウレイ、1週前の追い切りが能力の高さを物語る。ここではプロイエットにも注目。時計こそ目立たぬがセンスを感じさせる身のこなしで反応が良い。何より奥のありそうな好馬体が魅力。

土曜6Rは評判馬ミュゼウェルズが満を持して登場。血統に裏付けられた好馬体で重厚感さえ漂わす。将来性豊かなのは確かだが人気だけに旨みはない。それよりも、これのパートナーとして併入だったミュゼメルノワールを推奨(土曜7R)。というより、外に合わせて手応えに余裕があったように直前で大幅に良化。大きな完歩を生むのが柔軟性で、骨折明けの春には見られなかったフットワーク。少し単調だけに直線競馬での一変に期待。

土曜の最終Rは低調な500万下だけにメイショウカノンを負かすのは少々困難に思える。が、ダート替りのジュエルアラモードなら可能性はある。そもそも、2度も骨折している馬に芝というのが酷。パワフルだが前肢が伸びきらないから砂でこそだし、半マイルから一気に加速した稽古は秀逸。スピードに頼った反面、半端なギアチェンジではなかったのだから、先手必勝での番狂わせがあって良い。

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line