協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 柴田卓哉:美浦追い切りレポート
  4. 関東馬ではクインズミラーグロに一縷の望み

競馬コラム

柴田卓哉:美浦追い切りレポート

2015年10月15日(木)更新

関東馬ではクインズミラーグロに一縷の望み

3歳牝馬の総決算になる秋華賞を迎えるが、美浦勢のラインUPは寂しい限り。直前の輸送を嫌った国枝勢を始め、栗東での調整を進める馬が多いからだ。しかし、春には旋風を巻き起こしたキャットコインはポリでの仕上げ。全休明けになる水曜に併せ馬を消化して5F66秒8、糸を引くような伸びを見せたラストは11秒8と速い。唯、華奢だった春に比べると幅が出た反面、シルエットが曖昧で緩い印象。久々の実戦がGⅠというのは荷が重い。

同じようなことが言えるのが最終追いに坂路を選んだディアマイダーリン(4F52秒4)。1週前の6F追いが焦り故のハードさで態勢が整ったとは受け取れぬ。それならば、紫苑Sで権利を得たクインズミラーグロ。直前はポリでの単走で馬の気に任せた程度だったが、見た目と先週より速い5F66秒8。ストライドが綺麗に伸びるフォームが生んだタイムで、以前にはなかった力強さも加わった。嵌った感のある前走だが、中山で最後にひと脚使えたのが成長の証しだし、フラットな京都なら更に良い。が、本番に直結しない紫苑Sの勝ち馬でレベルに疑問符がつくのは確か。

水曜ウッドの朝一番に時間帯だったノットフォーマルは、4Fの行き出しでしまい重点。先着して当然の相手とはいえ、1週前の好時計マークで上昇気配。年明けの重賞勝ちが示すように自分の型に徹すれば力を出せるだけにデキに達した。それでも、2000となると話は別。せめてスローの決め手比べにならぬとよう、レースをかき回して欲しい。

西下する3歳には気がないが、同日の最終Rに臨むフクノドリームは期待できる。前走は逃げる形でなくても2着争いに加わって復調急。骨折によるブランクから立ち直ったのだ。加えて、変則日程を考えれば月曜の3F37秒0が実質の追い切りでも良かった筈。が、木曜のポリで5Fから14秒1で入ると一気に加速して抜群のスピード感を保ったままゴールに飛び込む。64秒4の好時計を楽々とマークしたのだから近走一番。2歳時のダート勝ちが門別を含めた北海道だったことでも坂のない京都での大きな前進は約束されている。

牝馬ウィークとなって東では府中牝馬S。こちらは関西馬に太刀打ちできるメンバー。一時期の勢いを失った印象があるカフェブリリアントは好仕上がり。太目を感じさせないし良質な筋肉を纏った造りで気品さえ感じる。1週前の3頭併せの段階でさえ、もう強い稽古は不要と思わせていたほどだから、木曜のしまい重点でも心配無用。正味3Fの調整だったが身のこなしは柔らか。唯、1800は守備範囲であってもレースを引っ張る馬の存在があると距離に対する限界が露呈しかねぬ。

鍵を握るのがヴィクトリアMで先行した2騎。坂路中心のケイアイEには触れないが、少なくとも軽やかな動きで好気配のミナレットに関しては太鼓判を捺せる。となると、浮上するのがスイートサルサ。昨年の当レースは極端なスローが災い、そこからのパワーUPは明らかだし、水曜1度目のハロー明けではラッシュの中でもそれと分かるシャープな捌きで1F12秒6。牡馬相手で馬場に脚を取られた新潟記念でさえ見せ場はあった。牝馬戦なら。

近走では逃げに拘らぬセキショウを穴馬としてマーク。ホームコースのポリでは鞍上が促すと弾けるように伸びて1F11秒9。絶好調を実感できる上にピンポイントの距離、上述したようにハイピッチでペースを造る馬を窺える位置からのひと伸びがあって不思議ない。

日曜メインは出涸らしといったOP特別。ならば、別定58キロでもステラウインド。外ラチに触れんばかりのコース取りで力強い捌きを披露。余力残しでのラスト12秒9は上々だし、馬体のハリを目立つ。元々、シンプルな設定になる当コースは得意だし、スタミナを競う条件でない点でも大きなアドバンテージがある。

ここからは平場戦。まずは日曜8Rのアデイインザライフ。久々になるが、元々が体質の弱さを抱えていた馬でブランクが恥部になるシーンはない。実際、2週連続の長目追いで豪快な身のこなし。勿論、ベストと言える仕上がりではないが、元値はOP級で今回は8分あれば十分

日曜6Rは3頭併せで中身の濃い5F67秒4だったラジオデイズの態勢が整う。1000万下で通用した能力を如何なく発揮しよう。唯、ベイビータピットも面白い。最終追いでは少し反応が鈍かったが、これは気性ゆえ。ハナ必須というだけあって展開次第だが、スケールを感じさせる馬体は500万下の範疇を超える。これに好仕上がりのアバオアクーを絡めて買いたい。

2歳戦はまず土曜1Rのイザ。先週は事故渋滞に巻き込まれてよもやの取り消し。が、その消耗は微塵もなく、水曜のウッドでは古馬相手にビッシリ追っての3頭併せを消化と新馬戦を叩いての良化が確実。差せるタイプで追走が楽になる1F延長と長い直線があれば初勝利は手に入れたも同然

今週から始まる新潟からは土曜2Rのレギオン。輸送を控えている為、全休明けに追い切りを消化。力強い動きに加え、気合いをつけられた直線では瞬く間に1秒以上突き放す抜群の伸びを披露。素質馬揃いのデビュー戦は速い脚がない分の負けで適性の問題。ダート替りならパワーを存分に発揮しよう

最後に新馬戦。土曜4Rは良血馬が登場。特に、グレ―デリンテは期待に違わぬ能力を感じさせる動き。唯、全体的に緩い印象がある分、初戦に関しては隙が生じるかも。好馬体を誇るモーゼスは直前軽目。ゲート練習でテンションが上がったからとのことだが、その気性がネック。元々、まだ体を持て余し気味という点でも初戦は?

ここはエクラミレネール。1週前の3頭併せでは未勝利戦好走のレベルにある馬に対して大差先着。追っての味と勝負根性がアピールポイントで最終追いでも鋭く反応。ギアを上げると脚の回転が一気に速くなるから抜群の瞬発力。上記の2頭に比べて将来性ということになると分が悪いが現時点でなら上を行く。

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line