協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 美浦追い切りレポート
  4. 太目でも勝負に関われるサトノクラウン
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2015年10月29日(木)更新

太目でも勝負に関われるサトノクラウン

少し小粒といった感が拭えぬ天皇賞。唯、人気のラブリーデイを始め、キャリアを重ねて力をつけたタイプが多くを占めるから、過去に囚われ過ぎるのもどうか?そして、美浦組でも紙一重の位置までランクUPしているのは、毎日王冠の結果を振り返っても明らか。唯、2頭出しになる小島太、藤沢和厩舎がいずれも坂路で目の当たりにできなかったのは残念。その中ではダービーフィズが面白そう。最後の最後まで脚を矯めて、という決め打ちができる人気薄の気楽さがあるし、昨年のスピルバーグがそうではなかったか。

追い切りから判断するならウッドで追った2頭の取捨ということに。まずは水曜のイスラボニータ。中山記念以来となった前走こそひと押しが利かなかったが、当コラムで指摘した通り春に懸念されたコズミが解消。それはこの中間も同様で、1度目のハロー明けだった併せ馬では気合いをつけた程度でも1F12秒3と抜群の伸び。GⅠ馬の風格が蘇ってきたのだ。が、ここに向けての鍛錬というより微調整というのが正直なところ。斤量利があった昨年でさえ詰めの甘さに泣いた。上位に絡むのは確実でも自信を持っての推奨とはいかぬ。

となると、3歳サトノクラウンが砦。厩舎のマニュアル通りの調整で最終追いは木曜のしまい重点。開門後20分も満たない時間帯にDコースに姿を現してのキャンターからウッドへ。半マイルからの行き出しで1600万下・オコレマルーナを1馬身追走、手応え抜群で楽走といった印象でのフィニッシュで4F56秒1、ラストは12秒8であった。

久々で強く追ったのは先週だけでのGⅠ挑戦。常識的には無謀に近いし成長分を含めても太いのは明らか。が、沈み込むようなフォームで重厚感は3歳とは思えぬほど。一段と麗しくなった全体像と洗練された動きを見せつけられると上位に関わるように思えてきた。

土曜は東西での重賞でより注目が集まるのはマイルCSに直結するスワンS。西下するのは2騎。輸送を控えての水曜追いは堀厩舎の定番で5F70秒1の平凡な時計でも力強い捌きだったバクシンテイオーを侮ってはならない。2週前、新潟のOP特別で除外になったほどだから乗り込み入念。少なくとも、昨年暮れの阪神で2着した当時と比べると順調さといった点で雲泥の差。

古馬との初対戦で案外だったアルビアーノだが、目標になる形が応えての0秒1差なら悪くない。1週前には渾身の6F追いで仕上げたから直前はしまい重点。唯、追い出されるとストライドが一気に大きくなる見事なフォームでパワーUPを実感。前回より相手強化で楽ではないが、ベストの距離でフラットな直線と機動力を存分に生かせる条件に替るのだからチャンス到来

土曜・府中のアルテミスSは能力比較の難しいレース。唯、メジャーエンブレムが主役を張って良い。直前は坂路で53秒3だったが、先週のウッドが圧巻。追走する態勢から外に合わせての追い比べでパートナーを問題にしない動き。確かに、中山では相手に恵まれた上に時計も低調。が、脚慣らし程度での楽勝。負担なしにGⅢに臨めるのは有利。

同じ2勝馬でもマシェリガールはポリ。気の良いタイプで一息入ったことがマイナスに働くことはないし、最終追いでも余裕の5F66秒0で太目感なし。しかし、前走のレースレベルに疑問符がつく。それならばウインファビラス。3頭縦列で進んだ道中から余裕綽々での併入。仮に、少しでもアクションを起こしていたなら5F65秒台も可能といった勢い。元々、稽古で目立つタイプではあっても、今の時期の2歳としては抜群の完成度。坂のある府中に替っても首位争いに加われる筈

他の特別戦では日曜8Rのオホーツク。同世代と併せて2馬身遅れ(精進湖特別予定のモンドインテロでこちらも夏以上のデキ)だが、ビッシリ追えたこと自体がパンとした証しだし、瞬発力で劣ったという、持ち味の違いだけ。中身の濃い追い切りをこなせて前走からの二割増しと考えて良い。アッサリ通過できそう。

ここからもダート戦に照準。三峰山特別は好仕上がりのムーンレンジャー。身体能力とは裏腹に歩様に問題があったのが以前。しかし、再三にわたるDコース追いで直前に至っては3秒近い前との差を埋めてのゴール。力強さに磨きがかかった。コーナー4回では乱暴な競馬だっただけにシンプルなコースで破壊力が増すに違いない。前残りの馬場にならないことを祈る。

同じ厩舎でもう1頭、土曜12Rのギンガメテオールも。制御の難しい馬だったが鞍上との呼吸がピタリとあった5F69秒1で、四肢を綺麗に伸ばしたフォーム。脚が一瞬のタイプで前走のマイルは気持ち長かった。ピンポイントの1400ならフル回転。

最後に新馬戦。先週に推奨したストロングバローズが堀厩舎でのダート部門を背負っていく器。芝ならば日曜5Rのチャパラルバード。少々華奢に映るが如何にも芝向きといった抜群のプロポーションで追っての反応も◎。追い切りでは測ったような半馬身先着で勝負強さもある。本来、ゲート試験をパスすれば一旦は外厩へ、というパターンを踏襲しない点で来季を意識した使い出し。古馬相手に余裕を見せての5F66秒1だったブラックプラチナムが相手、1点で仕留めたい。

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line