協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 美浦追い切りレポート
  4. 日曜の東西重賞は勢い重視で
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2015年11月05日(木)更新

日曜の東西重賞は勢い重視で

息詰まるGⅠシリーズからのワンクッションとなるのが今週。唯、京都のみやこSはチャンピオンズCに向けて目の離せない1戦。関東からは2頭、いずれも実績では劣る。が、ロワジャルダンは3歳の下半期を棒に振らなければもっと早くにOP入りを果たせた逸材。しかし、今回は中1週で息を整える程度。Dコースで追えたこと自体はプラスに捉えて良いが5F72秒4では少々物足りぬ。これは、唸るようだった前走との比較があるし、OP特別→GⅢという相手強化も。それならば、昇級初戦となるモンドクラッセ

元々、稽古は目立たぬタイプだから5F70秒を超える時計でも十分。それよりも全身に力の籠った身のこなしで余裕綽々でのラスト12秒台だから、前走を明らかに上回る中身。戦法が固定されているから、ローカルがベストとの見立てを覆した上に、単騎逃げが見込めるメンバー。暮れの中京に向けて名乗りを上げるには格好の鞍

一方、府中では掴み処のない戦として名高いアルゼンチン共和国杯がメイン。まずは前年3着のスーパームーンの取捨に関して。海外遠征直後の前走は明らかに叩き台。今回は熱の籠った3頭併せをウッドで敢行と意欲が違う。しかし、5Fの入りが16秒5と緩かった点、ハロー明け一組目という馬場が整備された状態でのラスト12秒5に関しては疑ってかかるべき。体のハリが戻ってこない印象で去年からの据え置き55キロでも感触は良くない。

相変わらず稽古で良く見せるのがマイネルフロスト。2週前にハードに追ってから尻上がりだから直前の平凡な時計は気にならぬ。前肢を伸ばすと同時に重心が沈む見事なフォームで好調は間違いないところ。唯、アクションが大きいことで無駄の多い走りという面も。ステイヤ―の走りではない分、注文がつく。同じようなタイプがヒラボクディープ。青葉賞勝ち馬といっても当時は極端に軽い馬場。加えて、札幌戦から間隔が開いて少々重目が残る体つきということも気懸かり。

ここも勢い重視で良いのでは。◎はゴールドアクター。朝一番の併せ馬で好時計をマーク。走り易い状態だったにしても5Fから13秒台を刻むラップでも気合いをつける程度だったから充実一途。ハードに追われてもキビキビとした身のこなしを最後までキープする様は3歳時にはあり得なかった。昇級が形だけなのは菊花賞3着が示す通りで府中実績もある。軌道にのったというより、本格化の気配さえ漂う。

スタミナ勝負では劣ると思える牝馬だがマリアライトは別。既に整った態勢で迎えた最終追いでも手を緩めた気配はない。500万下とはいえ、去勢効果が抜群のアナザーバージョンを4馬身追走して外に合わせたのだから濃密なメニュー。それを易々とこなせたのだから状態には太鼓判を捺せるし、53キロなら上位に迫ろう。(編集部注:次週エリザベス女王杯に出走予定のため回避。最終ジャッジにもご注目を)

土曜は京王杯2歳S。来季に繋がるとは言い難い傾向になるレースで完成度が問われる。けれども、長い直線を控えるのだからローカルの成績を鵜呑みにできないのは確か。となると、軽快な動きを見せるオデュッセウスは状態面とは別の理由で信頼できぬ。進歩は見られるものの、本質は一本調子だからだ。

それならば、同じ北海道デビューでもボーダレス。5Fからビッシリ追った併せ馬では最後までフォームを乱さずに68秒7。攻め強化にも動じない点が心強い。もう1頭がヒルダ。しまい重点の黒岩厩舎だから突出した稽古にはならぬ。が、柔らかみのある動きで追っての味を存分に出した追い切り。つまり、1200オンリーだったこれまでが持ち味を出せなかったとしても納得できるわけだ。当コースが似合いそうで狙い撃つ価値十分

人気のトウショウドラフタも好調キープ。今回は全て単走だがはち切れんばかりの馬体を誇示。順調に使える点でも新潟2歳Sより事態は好転しているし、相手の揃った前走でも‘あと1F短ければ…’と思わせたほど。勿論、◎候補の俎上にはある

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line