協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 柴田卓哉:美浦追い切りレポート
  4. 昨秋の雪辱を果たせるヌーヴォR

競馬コラム

柴田卓哉:美浦追い切りレポート

2015年11月12日(木)更新

昨秋の雪辱を果たせるヌーヴォR

再び火蓋を切るGⅠシリーズは京都・エリザベス女王杯で幕を開ける。数の上では劣勢となる関東馬だが質は高い。唯、馬体が充実しているシュンドルボンにとっての初OPがGⅠ。元々が右回りに難のあるタイプなら考えなくて良い存在。

少々下馬評が低いように思えるマリアライトは絶好調。直前は単走で5F71秒を超える時計だったが、1週前の併せ馬が高密度。想定には入ったAR共和国杯でも出走していたならマークが不可欠と考えていたほど。実績で劣る反面、底を見せていない魅力があるし京都2200が最も似合いそう

逆に、オークス以来となるルージュバックはトーンダウン。確かに、長目追いで躍動感があった1週前があるし、しまい重点の直前ではパートナーを切り捨てての4馬身先着で1F11秒9。しかし、3Fまでが15秒と緩かったし通ったコースは内目で、この馬の能力をもってすれば当然。それよりも桜花賞前はストライドがもっと伸びていた上に重心も低かった。間に合ったという程度で古馬相手となると辛い

となると、ヌーヴォレコルトを信じて良いのではないか。最終追いは1度目のハロー明けでラッシュの最中。唯、前の集団に迫る直線の伸びで実に鋭い動き。それだけではない。前2週、主戦の岩田が上京して跨ったほど。特に、3頭併せでは最後尾からの追走で先頭との差は3秒以上。内を掬ったとはいえ、有利な態勢だった2番手フラアンジェリコを追い詰めたのだから凄い。牡馬でGⅢ勝ちのある馬に対して、である。

昨年は馬体を維持するのに汲々としていた部分もあった。対して、流麗なシルエットながら四肢にパワーが籠っている上に、はち切れんばかりのハリ。少なくとも、馬体重が安定しないラキシスに対してなら今回に限っては断然有利

一方、府中メインはチャンピオンズCを視野に入れる面々が集う武蔵野S。低調だった先週のみやこSよりは本番に繋がりそうだ。まずは、3歳世代のトップを切るノンコノユメの動向が気になる。勿論、最終追いを含め併せ5本と入念だし、全体的に重厚感が加わりながらも太目感なし。が、直前の3頭併せは先着して当然の相手に対して道中は2番手。気合いをつけても弾けるといった印象がなくラストが13秒2と案外。稽古で目立つタイプでないから、杞憂に終わっても不思議ないが、別定58キロ克服を断言できるまでとはいかぬ。

同世代ならゴールデンバローズ。追い切りでは目下絶好調のアルバート(京都・比叡S予定)の内から鞍上がアクションを起こす。と瞬時に反応、3馬身突き放してのフィニッシュだったから価値◎。いくら輸送を控えた相手が馬なりだったとはいえ、豪快なアクションを生む大きなストライドが目を惹いた。柔軟性のある良質な筋肉を纏っている故で、ここ2走とは別馬。ドバイ遠征の反動から漸く立ち直った

あと古馬で面白いのがチャーリーブレイヴ。ステラWを追走して外に合わせる中身の濃さを経ての最終追いが4Fスタート。唯、馬場の外目を通る負荷があっても動じることなく力強い捌きに終始。春は去勢明けでややアンバランスな全体像だったのに、ここにきて鎧を纏ったような胸前の充実ぶりが強力な推進力を生むという一変ぶり。元々、スピードの持続性が売りだったのだから、1400で勢いをつけるのは骨。真価発揮の場がマイルでそれに見合ったデキにあるのなら狙う価値は十分

最終週になる福島は名物レースの福島記念。ビッシリ追って1F12秒5の見事なフィニッシュだったステラウインドの稽古は相変わらず目立っている。前回時も良かったが58キロに尽きるだけに2キロ減なら。唯、同じ七夕賞組というならフラアンジェリコに魅力を感じる。ヌーヴォRと競うような仕上げの過程があるから高水準で、夏は急仕上げが応えただけ。坂路オンリーのミトラとの斤量差が昨年と0.5キロしか違わないのは少々痛いが、それを脅かす存在なのは間違いない。

同じ日曜の福島2歳Sも興味深い。心身ともに未完成の時期で韋駄天揃いとなれば差し馬の台頭を前提に考えたい。まずは、ウッドが閑散とした時間帯に登場したエピックマジックは内目とはいえ糸を引くよう伸びを見せての3F38秒7。後ろが薄い分、現状では坂がネックで前走の敗因はそれに尽きる。見直せる調子の良さ。あとは、ポリの併せ馬で余裕の動きだったファド。シャープな伸びを示したのは最終追いに限らないほど中間は濃密。脚を温存して弾けさせるのが身上に思える。短距離の差し馬としてエンジン全開となるのが今回。

土曜・オキザリス賞はストロングバローズ。とにかくスケールが違う。4F55秒5でも重厚感のある馬体から繰り出すアクションには風格さえ。ここは通過点に過ぎぬ

あとは日曜。堅いところでは12Rのラテラス。3頭併せの最内で1馬身遅れたのは追走の分だし、最後は気難しさを見せただけで走り自体は実にパワフル。また、どうも右回りではスムーズに手前が換わらぬからウッドではムラもあるわけだ。間隔を開けて体もフックラしてきた。

日曜メインのOP特別はアイライン。中間は6F追いがあったから最終追いはセーブ気味との目論見だっただろう。実際、5Fの入りは16秒に近い緩め。が、鞍上との呼吸に一切の乱れもないまま進んだ道中から直線で追い出されると素晴らしい四肢の伸びで全身がバネといった印象。中身の詰まった印象で数字以上に大きく見せているのが充実の証しで、前回より更に軽くなる52キロなら昇級の壁はなかろう

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line