協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 美浦追い切りレポート
  4. 関東馬は用なしJC そして美浦から「負けようのない」一頭!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2015年11月26日(木)更新

関東馬は用なしJC そして美浦から「負けようのない」一頭!

水曜が全休明けとなって変則日程を強いられた上に、本追切りの木曜は前日からの篠つく雨で坂路を使用する馬が激減。そのアオりを受けたのがJC出走のダービーフィズ。コース追いに切り替えての5F68秒4でラストが12秒4。はち切れんばかりの馬体を誇って好調なのは分かる。唯、中央場所では能力的な限界を前回で露呈、状態面だけでは飛びつけぬ。

同様に水曜の坂路が最終追いとなった藤沢厩舎の2騎がレースに関われるとは思えない。残念ながら日曜メインに関しての調教レポートは成り立たぬ状況で寂しい限り。大枠で今の見解を軽く述べるなら天皇賞組。中でもそこでは脚を余し気味だったショウナンパンドラ、あと日本馬では実績で群を抜いているゴールドシップか。広い府中が向くわけではないが、メンバーの質低下が顕著であれば急浮上するし、一昨年の凡走にしてもB着用以前で度外視できる。でなければ、斤量有利な外国の3歳という選択になりそう。

日曜は他の特別戦で攻めることに。まずはシャングリラ賞で、ここはアナザーバージョン。ハンデ抽選の7分2をクリアーしなければならぬが軌道に乗った。中2週だけに強い稽古は不要で先行併入の5F71秒5。しかし、力の籠った四肢を駆使してのダイナミックなアクションながらテンションは抑えられている。以前より均整が取れた馬体に様変わりした点が去勢効果。3歳OP2着の実績があるぐらいで昇級は文字通り形だけ。(編集部注:無事、出走が確定しています)

これが除外となると混沌。やはり昇級戦になるイダクァイマを押さえで挙げておきたい。追い切りでは一杯になっての2馬身遅れだったが相手は1600万下。加えて、最後は音を上げた感じだし、右回りのウッドではスムーズさを欠く部分も。サウスポーだけに実戦に行けば不安は皆無。

その直後、オリエンタル賞は将来性豊かな3歳の復帰戦。夏のGⅢでは輸送と馬体減が全てだったレアリスタがそれ。丸味帯びた体つきで帰厩した時点から成長を実感できたし、柔らかみを生む上質な筋肉は以前通り。最終追いは木曜の10時過ぎで、先行する準OPネオリアリズムを2馬身追走。相手が口向きの悪さを見せたとはいえ、一瞬のうちに交わす脚を示せたように非凡。最後は流してほぼ同時入線だったが、1000万下の範疇を超えている

しかし、水曜の単走で5F68秒4を楽々マークしたマイネグレヴィルも好調キープ。となると、ハイピッチになった場合、府中ではスローしか経験していない弱みが露わになる恐れも。その展開で浮上するのがポトマックリバー。内に併せて脚色劣勢も行き出しは4馬身追走。フォームも伸び伸びとしているから調子は上々。これは近走でも同様で不振が続くのは気性に尽きる。それをカバーできるのが今回。

他では1Rのゴルゴバローズ。というより、今週のどの鞍より自信があるのがこれ。3頭縦列の先頭で直線を迎えるアドバンテージはあった。唯、最内から追い上げたのは1000万下でも即通用と底見せていない3歳。これが直線で迫ってくる気配を感じ取った刹那、二段ロケットのような加速で2馬身突き放す。ハミを取ってと同時に重心が沈む見事なフォームで2歳とは思えぬ力強さ。デビュー戦では惜敗したが芝1400での時計も優秀で明らかに砂向きをフットワーク。負けようがない

土曜メインはマイルのOP特別。古馬との対戦に慣れてきた3歳をピックUPしたい。アブニールMを推奨するつもりだったが府中への入厩で現地調整。となるとグランシルク。水曜のウッドで単走だったが、楽々と5F66秒1。馬場を考慮すれば並みの時計ではないし、シャープな身のこなしに磨きがかかった

。 同じマイルでもう1頭。500万下のミッキードラマ。春の中山では先のグランSの2着だから1勝クラスの器ではない。長期休養から復帰ということでレース勘が心配という向きもあろうが、質の高い併せ馬を繰り返した挙句の最終追いは1000万下のビッグギグ(土曜8R予定、叩いての良化が確実で脚を矯める競馬なら首位争いも)を尻目に余裕のフィニッシュ。少々重いのは承知だが、7分のデキでも元値の違いを示せるほど。

あとは1000万下。土曜12Rはマンゴシェリーでブランク明けの前走は仕上げが甘かった分、テンションが上がって案外な結果に。それでガス抜きはなった筈だし、直前は感触を確かめる程度のしまい重点でも十分なほど1週前の追い切りが洗練されていた。1F短縮でも◎。

土曜8R、ビッグギグにも気があるがトゥルッリが面白い。併せ馬では遅れたものの、稽古駆けするオープンザウェイの外に合わせたのであれば仕方ない。むしろ、ハードに追えたのは大きなプラスだし、パワフルなフォームだったのだから、スランプ脱出の気配濃厚。控えて大事に乗ろうとすると二束三文、我武者羅なレースをすれば一枚上の能力を発揮できる。

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line