協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 美浦追い切りレポート
  4. 今回は矯める競馬が叶いそうなメジャーE
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2015年12月10日(木)更新

今回は矯める競馬が叶いそうなメジャーE

全体的に小粒な印象が否めない阪神JF。ということなら、展開ひとつで大勢逆転のシーンはあるし、消長の激しい牝馬だけに状態面というファクターのみでの急浮上があり得る。

文句なしの稽古内容だったのがポリでの3頭併せだったウインファビラス。外を通るコース取りでも少々気合いをつけただけでのラスト11秒8。それもしまい重点ではなく5Fであれば64秒2の好時計。恐らく、馬体重は前走と大差ないだろうが、引き締まった印象が強くて正にGⅠ仕様。新潟2歳S時から調教は目立っていたタイプだが、それを割り引いても当コラムで取り上げる価値あり。坂が課題であってもマークは不可欠

けれども、同じアルテミスSということならメジャーエンブレムに軍配が上がる。3角手前から制御が利かなくなって望む形ではない競馬ながら出し抜けを食っただけ。古馬1000万下を子供扱いにした1週前には奥行きを感じさせたし、向正出しの直前は、ペースメーカーとなった前2頭を追走して鞍上との呼吸もピタリ。その道中があったからこその伸び、素晴らしい身のこなしでの1F12秒3。ルメールにしても同じ轍は踏むまい。首位争いに名乗りを上げる

同じメジャーでも函館2歳S以来となるメジャータイフーンはトーンダウン。確かに、遠目でも分かる好馬体には気品さえ。が、休養を経たわりに厚みが足りないし肩の出も少々硬い。そもそも、胴が詰まって距離に限界があるタイプと見做していた。マイルのGⅠでいきなりを期待するのは酷。

それならば、重賞経験はなくてもクードラパン。先週は1600万下相手の追走で、最終追いに至ってはOPに先行させる中身の濃さ。輸送を控えてのしまい重点でも伸びやかなフットワークで1馬身先着というのだから実戦を経るたびの良化は明らか。問題は、まだ成長途上にあると思える馬体の造り。将来は約束されているものの、完成度といった点のビハインドはある。同じようなことがシーブリーズラブにも。トモが薄いイメージで4F57秒7の軽目。素軽さだけでは阪神外回りを消化し切れぬ。

土曜の阪神メインはチャレンジC。福島記念では拙い競馬で消化不良だったマイネルミラノが面白い。同厩の他3頭とともに向正を進むが、自身は輸送を考慮して感触を確かめる程度の5F70秒0。唯、四肢を目一杯伸ばしたアクションが柔軟性ゆえだし、1週前の6F追いでは豪快に先着と高いレベルの状態をキープ。

新潟記念ではハナを譲っても二枚腰を見せたように広いコースなら展開不問と考えて良い。‘帯に短し…’のメンバーであれば巻き返し必至

中山の重賞は日曜のカペラS。が、関東からのエントリーは1頭のみでそれが昇級初戦となると触れにくい。その日は他の特別戦、美浦SをピックUP。坂路でハイラップを踏んだダイワレジェンドには体質の弱さがつきまとうものの、潜在能力はOP級で昇級は形だけだし、逃げ一手でない中山巧者ということでここが通過点になって不思議ない

が、物凄い調教を目の当たりにした今、ウインマーレライを推奨せざるを得ない。2週連続の併せ馬でいずれも追走の形。特に、3頭縦列の最後尾から抜け出した先週、直線で身を沈めながら加速する様は圧巻で、その時点で取り上げることを決めていたほど。確かに、北海道での好走以来、案外な結果が続くが、脚が一瞬しかないだけに中山へのコース替りでチャンスが広がる筈。1600万下のレベルなら平坦オンリーとの見立ては捨てるべき。

あとの中山では2歳戦。土曜・黒松賞から。函館2歳S好走のヒルダが一枚上の筈。唯、直前でも5F72秒を超える時計と中身が薄い。軽快な動きだし、首を上手く使ったフォームと潜在部分に翳りはないが、夏からの進歩ということになると他に譲る。実際、9月のカンナSではフレンチイデアルに先着を許した。こちらは向正出しで5Fからスピードに乗る伊藤大厩舎らしく鍛錬の余念がなくゴムマリのような身のこなしで地味ながら着実な地力強化が見込める。

あとはダノンキャップ。ここ2週のウッドでは格上相手の併せ馬。直前は4F行き出しのしまい重点だったが軽やかな捌きを披露。強い攻めは必要としないほど皮膚が薄くてバネの利いた走り。また、テンションを上げない為のケアーということならスプリンターとしての前向きさも具えていることになる。前走、府中1400で振るわなかったことは忘れて良い

あとは新馬戦。土曜6Rのジルズパレスは好素材。美浦入りして1本目にウッドでの3頭併せをこなせたほどだから、外厩での調整がスムーズだったのは想像に難くない。加えて、古馬1000万下(先週に準OP入り)に食い下がったことも凄いし、余裕の手応えに終始した直前の動きにもセンスを感じさせた。ピッチが利いてスピード感抜群な上に、相手が抵抗すると再び伸びる勝負強さもある。 

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

 

柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line