協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 美浦追い切りレポート
  4. 絶好のデキで侮れなくなったハレルヤB
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2015年12月17日(木)更新

絶好のデキで侮れなくなったハレルヤB

今週の2歳GⅠは牡馬となるが、来年を担うと思われる大半が中山・ホープフルSに集結となると、エアスピネル一色となっても仕方ない。しかも、府中からの上積みが相当と期待したイモータルにムーアが跨れなくなったのだ。となれば、マイルが合うとは考えられぬものの、スケールの違いを感じさせるリオンディーズがどこまで迫れるかといった様相。

更に、美浦組となると一枚落ちは否めぬ。能力の反映される流れではなかった京王杯2着・アドマイヤモラールが一番手となりそうだからだ。確かに、前回時を明らかに上回るハードな稽古。1週前の6F追いでは古馬OPを先行させながら、これを突き放す快調教だったし、しまい重点でも4F52秒4だった最終追いからも正に‘唸っている’。

唯、首を上手く使えるフォームではなく身体能力のみに頼っている現状では1F延長がネックになりそう。それならば同じ上原厩舎でもショウナンライズ。4~3Fまでに一旦開いた前との差を一吹かしで挽回と抜群の瞬発力。小気味良いフットワークで追っての味を如何なく発揮したのだ。これまでは前目からの競馬のみだが、センスの良さ故で脚を温存することによって破壊力が増す筈。落ち着いて構えられる阪神外回りでの飛躍があって良い

関東でもう1頭挙げるならハレルヤボーイ。というより、こちらには魅力タップリ。内目を選ぶ田村康厩舎ではあるが、速い時計で攻める。その効果が覿面となって筋肉が発達していながら透き通るような皮膚の薄さ。全身を躍動させることができるから完歩が大きく伸びやかな身のこなし。中山マイルでの好時計勝ちがあるように右回りなら別馬というシーンがある。穴ならこれ

中山メインは土曜の牝馬戦。格上げとなったターコイズSは、当然ながら例年以上のメンバー。2度目のハロー明けに単走で追われたケイアイエレガントは巻き返しに余念がない。府中牝馬Sでも着順ほど負けていないし、マイルCSは牡馬相手に半ば呑まれた印象で力を出し切ったとは言えないからだ。半マイルから加速して3Fは38秒台の好時計だったからさすが。唯、コース取りは内目。ならば、もう少し弾けて欲しかったというのが正直な処。

カフェブリリアントが弾むようなフットワークで素晴らしい動き。勿論、先週までに負荷をかけているから直前は感触を確かめる程度。実際、前2頭に迫ることを避けて単走となった。が、鞍上がセーブするのに苦労するほどの道中だったから、軽快さだけでなく体全体に漲るパワーさえ実感できる。でいながら、あらゆる無駄を削ぎ落としたようなシャープなラインを誇っている。同じ55キロのハンデならこちらを上位に取る。

折角のハンデ戦なら好調な軽量馬の台頭を期待したい部分もある。状態面で一際目を惹くのがアイラインで丸味帯びた体を駆使しての矢のような伸びだったラストは12秒3。けれども、急坂の中山が似合うほどではない。コース替りということならレッドセシリア。府中が悪いわけではないが、前走が示すように噛み合うことが条件。当コースであれば2000までこなせるように直線が短ければ早目に動いても保つのだ。鹿戸流だから単走で5F70秒6なら十分だし、外ラチに触れんばかりのコース取りで1F12秒8なら上々。自らハミを取って推進する直線の動きからひと皮剥けた印象さえ

中山の他ではまずダートの香取特別。関西馬バスターTも含めた3歳からのチョイスが妥当で中でもムーンレンジャー。間隔を詰めて使えるように体質強化。余力十分のDコースでは痺れるような手応えでの5F68秒5で、仮に少しでも促せばどこまでも弾けそうな勢い。四肢に力が籠ったフォームに加え、相性の悪い府中からのコース替りというフォローも。

準OPのスプリント戦となるクリスマスCはペイシャフェリスが好調キープ。2度目のハロー明けで真っ新なウッドだったとはいえ、抜群のスピード感あっての5F65秒1だから凄い。しかも、中1週での高密度だから軌道にのった。唯、1200となるとアンブリカルにより大きな魅力を感じる。

小柄な牝馬という以上に調教をセーブしなければならぬ前向きすぎる気性がネックだった。従って、使い詰めでの最終戦だった夏・新潟は出涸らし。リフレッシュ効果で丸味帯びた体つきになったことに加え、坂路でキャンターの後にウッドでの併せ馬という濃厚なメニュー。1馬身遅れとはいえ、追走して5Fからビッシリ追えたこと自体に成長を感じる。52キロなら1600万下でも

あとは2歳戦。土曜・ひいらぎ賞はキャプテンベリー。1勝クラスでひと押しが利かぬ現状だが、先週の3頭併せで好時計をマークした上に直前も6F追い。馬体のハリ上々で冬場とは思えぬ毛ヅヤ。決め手に欠けるように映るが胴が詰まっている点と筋肉量が豊富という特徴から距離に限界があったのでは。タフな中山のマイルで好機到来。

土曜5Rの新馬は素質馬揃い。たとえ、ここで振るわなくても質の高いグループと考えて今後とも追いかけていきたい組。中でもデナリが素晴らしい。バランスの取れた好馬体を駆使しての動きが秀逸で内目とはいえ時計も上々。GⅠ挑戦のハレルヤBと互角だった最終追い、古馬準OPを寄せつけなった過程もあるから一枚上の素質

長目から追ったにも関わらず、1F12秒2で伸びたアースコレクションは追っての味が魅力。速い脚というより持続性が売りと思えるから、新馬特有のスローに対処できるかが鍵となるものの、将来性豊かといった点には異論を挟めぬ

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

 

柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line