協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 美浦追い切りレポート
  4. 京成杯、関東ではメートルDとウムブルフ
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2016年01月14日(木)更新

京成杯、関東ではメートルDとウムブルフ

3日開催直後で変則日程。が、今週よりスタートする中京の土曜には愛知杯が組まれている。従って、全休明けの水曜に追い切りを終えたのが、ここに臨戦するグループ。

日曜が5Fからで直前のポリは感触を確かめる程度だったが、スムーズな捌きで実に軽快だったのがクインズミラーグロ。見た目は全くの楽走に見えてもラストは12秒5で馬体重以上に大きく映るのだから好調は間違いない。コーナーの緩やかな左回りでの一変があって良い

2度目のハロー明けに単走で追われたのがシュンドルボン。発達した筋肉を駆使した力強い動きで上々のフィニッシュ。1週前、5Fから時計になるという、矢野英厩舎にしては負荷をかけた調整が実を結んだ形。唯、前が勝ったバランスで距離に限界のある体型。2000をこなすには注文がつきそう。それならばバウンスシャッセ。久々になるが、如何にもリフレッシュしたという麗しいシルエットを誇る上に、最終追いの併せ馬では外を窺う余裕さえ。伸びやかなフットワークで休養前に西下した当時とは別馬と捉えて良い。勿論、道悪と早仕掛けに泣いた一昨年の当レースも度外視。

代わって3週目を迎える中山メインは3歳GⅢの京成杯。水曜追いはマイネルラフレシア。先週の3頭併せがあったから直前は単走でも十分。幾らでの時計を詰める勢いで迎えた直線では楽な手応えでの1F12秒6。操縦性に優れているから完成度は高い。しかし、昨年から急激な成長を感じるまでには至らぬし、軽い芝がベター。中山で割り引く。

このレース、最初のテーマがホープフルSからの巻返しがあるや否や。木曜、1度目のハロー明けだったのがブレイブスマッシュ。先行態勢で進む道中から直線では大外、余裕綽々での2馬身先着。唯、この中間は歩様が硬く、最終追いでハイラップを刻まなければならなかったのは、それまでの過程で楽をさせた故。勢いは失せた感。朝の早い時間帯での単走がプランスシャルマン。大きなストライドで身体能力の高さを存分に見せつけた形だが、その長所はマイル前後で発揮されて然るべき。従って今回も望み薄。

凄い動きだったのがメートルダール。4馬身追走の5Fスタートながら古馬の外に合わせに行くハードさ。コース利があった分、相手の脚色に余裕があったものの、ゴールに近づくにつれて重心が沈む見事なフォーム。稽古の質を一気にUPさせたにも関わらず、前走以上の動きを披露したのだ。確かに、暮れの1戦は仕掛けの妙があった。唯、完成途上の段階ならそれしか手がなかったし、そこからの上積みが計り知れないとなればGⅢでも◎候補に。

ラッシュの最中に併せ馬で相手を1秒切り捨てたアドマイヤモラールは相変わらず豪快な動き。が、1週前の段階ではデビュー前のパートナーに中身で劣った点が気懸かり。手応えほど弾けない面を阪神で露呈したとなれば食指は動かぬ。もう1頭の推奨はやはりキャリア不足を元値で補うタイプ。堀厩舎のウムブルフは鍛錬に余念がない。何せ、2週連続のパートナーがキャンベルジュニアだから期待のほどが窺える。

最終追いではほぼ馬体があった道中からしまいまで互角の動き。少なくとも1勝馬が容易くこなせるメニューではない。垢抜けた好馬体で素質には太鼓判を捺せるということ。問題は切れるタイプではない点。今回、テン乗りのベリー。となると、手応えに騙されて強引な競馬を避ける恐れも。唯一の心配がそれ。

昇級が形だけとなるキャンベルジュニア(日曜9R)も当欄で取り上げなければなるまい。暮れのマイル戦も圧巻だったが、その後も在厩での調整が続く。ひと追いごとにパワフルさを増した上に、良質で厚みのある筋肉を余すところなく使うフォームに非の打ちどころなどない。コーナー4回の1800に難があったとしても、モーリス並みのポテンシャルを持つ馬。これで取りこぼしたら内田博の腕が疑われても仕方ない

他の特別戦は一長一短だけに確たる推奨馬不在。平場の1000万下にスポットを当てて日曜8Rから。ここはムーンレンジャーで仕方ない。先着して当然の相手とはいえ、大きく先行する前2頭を内からアッサリ抜き去ってのフィニッシュはさすが。少々気合いをつけた程度のDコース3F37秒1だったから軌道にのった。

相手は叩き2走目のアンヴァリッド。3頭併せの真ん中で余裕の動き。やや一杯になる外には2馬身先着。前走も動きに関しては及第点だったが精神面の脆さが出た形だっただけに、最後まで安定した走りを見えた今回の追い切りから上積み確か。

最後に日曜6Rの新馬戦から。直前は5F72秒9と控え目だったネオヴェルザンディだが、先週の抽選除外があったから乗り込み豊富で仕上がり切った体。しかも、センス溢れる走りと好馬体があれば素質上位。首位争いは約束されている

それでも田中剛厩舎・プレイヤードの魅力には劣る。仕上げの過程で順調さを欠いたが、暮れから再び急ピッチとなって1週前のポリでは古馬に食い下がった。脚色こそ劣ったが厳しいラップを刻んでの1F11秒9が能力の証しだし、息がデキた直前のウッドでは楽々と4F53秒1。この厩舎にしては外目のコース取りで回転の速さを最後まで失わなかったのだから良化急。芝向きの体型と追っての味で他をリード

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line