協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 柴田卓哉:美浦追い切りレポート
  4. GⅠゼッケン映えるダノンプラチナが主役

競馬コラム

柴田卓哉:美浦追い切りレポート

2016年02月04日(木)更新

GⅠゼッケン映えるダノンプラチナが主役

東京新聞杯、破竹の3連勝で駒を進めてきたダッシングブレイズの下馬評が高い。府中マイルでの1分32秒9さえあるのだから頷ける。が、まだ競馬が荒削りだし前走の相手も軟弱。同じ明け4歳ということなら実績を重視すべきではないか。

GⅠゼッケン着用のダノンプラチナは先週まで全て単走。緩めの調整と言う向きがあるのは承知。しかし、直前では1600万下を6Fで1秒6追走する態勢で85秒3。脚色が劣ったのは仕方ないもののラストは12秒4。丸味帯びた体で四肢を十分に伸ばしたアクションで駆け抜けたのだ。

勿論、2歳時にはもっと重心を沈めるだけの柔軟性があった。唯、今回より硬い動きだった富士Sでも地力の違いを見せつけたほど。マイルCSを回避せざるを得ない過程からの香港遠征、レースでは包まれる不利があっての0秒4差には敬意を表すべき。

馳せ参じた池添が追い切りに跨ったグランシルクは充実一途。前走こそ取りこぼしたが、より洗練されたシルエットを誇って余念のない調整というのがこの中間。3馬身追走の行き出しから内にもぐり込むと実にキビキビした捌きで先着。透き通るような皮膚の薄さには気品さえ感じる。けれども、脚が長く続かぬタイプの府中替りということなら、3走前を尊重しなければなるまい。ダノンPより上には評価できない

マイル路線に転じて結果を出したダイワリベラルは侮れぬ。確かに、前走はスローに恵まれたしコーナーワークを利してのタイプで長い直線はネック。が、当コースでひと押しが利かなかったのは中距離路線だった時。しかも、ハロー明けとはいえ、6F82秒9の好時計で余裕綽々とひと皮剥けたし、子供扱いした外の500万下も能力十分で濃密なメニューを楽にこなしたということ。自在味を存分に生かせるメンバー構成でもある。

関屋記念以来となるサトノギャラントの乗り込みは入念で最終追いの3頭併せでも上々の伸び。力を出せる仕上がりだが、昨年からの劇的な変り身は?またパートナーを1秒5も置き去りにしたマイネルアウラートは高いレベルになるとマイルは長い。美浦では冒頭に挙げた3頭、それに底力のあるトーセンスターダムがどう絡むかといった様相。

土曜の府中メインは1600万下のダート戦。昨11月以来で今開催に照準を合わせてきたアルタイルが面白い。稽古の質をUPさせた中間に加え、最終追いの3頭併せでは先頭との差が1秒4にも及ぶ最後尾からの追走でもラストまで揺らぐことのないフォームで力強い伸び。秋よりも中身が詰まったと思わせる馬体で古馬としての風格をそなわったのなら、戦法が限定されるとしても思い切って狙いたい。

同じ準OPで推奨したい鞍は京都の山城S。ここはエリーティアラ。左回りではメリハリの利いた競馬にならないから中京は度外視。半マイルからの行き出しはいつも通りだが、前2頭の外に合わせる中身の濃さで3馬身先着。シャープな動きには目を瞠る。前走の惨敗で人気落ちとなる点でも旨味は増す。あとトーセンラークも。調教だけならOP級で、そのレベルを今回もキープ。そして、漸くクラス慣れといった段階での51キロ。体型的にも坂がないコースがベター。

他の府中からはまず土曜で堀厩舎の星勘定は3つ。7Rのレーヴァテインモノが違う。デビュー時に仕上がっていただけに中間は軽目で直前も5F72秒4。全くの楽走という以上に全身がバネと化した走りでどこまでも弾けそうな素晴らしい推進力。今回の平場戦はダービーを視野に入れているからこそ。前走の2分5秒台は気にならぬ。これの最内に併せて追走併入のマローブルーもさすが。綺麗なシルエットを誇っての動きは実にシャープ。この初音Sは相手も絞れそうで、しぶといマイネオーラムと力をつけたシャルール。あとは、馬体に実が入った印象の箱根特別・エバーシャルマン。2走前の4着は忘れて良い。

日曜は3歳戦にスポットを当てる。春菜賞で挙げたいのは2頭。1週前には古馬1600万下を追走して負かしたリリカルホワイトは鍛錬を重ねた結果、一本芯が通った印象。直前でも追い比べを制しての5F66秒5だったから後先を考えぬ仕上げと言える。将来性ということなら、これに優る馬多数だが現時点でのアドバンテージは絶大

2週続けての単走で目立つ時計ではないが外ラチ沿いというコース取りを考えれば密度は高いシーブリーズラブ、実にリズミカルな動きで横山典との呼吸がピタリと合った最終追いが特に好印象。見切り発車だった年明けは参考外でコース替りも大きなプラス。

朝のラッシュの最中、3頭併せの大外で豪快に先着したメジャースターダムが日曜1Rにエントリー。決して順調とは言えない今回の過程だが、デビュー時よりはハードに追えたし、見栄えのする馬体をパワフルに駆使している点で典型的な砂馬。未勝利にいる器ではない

3R、ダートの新馬戦はシュナウザー。質の高い併せ馬が再三再四。追走の形でも確実に伸びる点で追っての味が魅力だし、それを生かせる条件。力感溢れるフォームで均整の取れた馬体にも魅力を感じる。

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line