協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 美浦追い切りレポート
  4. 差し馬の台頭が確実なフェブラリーS
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2016年02月18日(木)更新

差し馬の台頭が確実なフェブラリーS

フェブラリーS3連覇の偉業に迫るコパノRだが、ここ2年より先行勢が揃ったのがネック。唯、昨年はよもやの出遅れでレースに参加できなかったコーリンベリーは抑える競馬になりそう。Dコースでの追い切りは道中で馬体を合わせずに直線へ。ラストだけで前を並ぶ間のなく交わしての1F11秒8。勿論、素晴らしいフォームで非の打ちどころはないのだが、この稽古には控える形をマスターしたいとの思惑が透けて見える。距離を意識しすぎる余り、状態の良さを生かせぬシーンはある。暮れのGⅠのように。

とはいえ、ハナを切りたい馬の存在には事欠かない。同厩の他3頭とウッド入りしたモンドクラッセなどは逃げてこそ。結局、セーブした形で単走に終わったが前走を上回る活気を呈している点で無視できぬ存在。が、スーサンジョイとの兼ね合いもあるから差し馬の餌食になりそう。

木曜追いのノンコノユメは破壊力満点の末脚。それを安定して繰り出せるのだから正真正銘。1度目のハロー明けにウッド入りして3頭縦列の真ん中で行き出しは5F。元々、稽古は走らぬタイプで今回の最終追いも他2頭に挟まれた直線ではほぼ余力を感じさせない強目での同時入線。が、69秒3なら上々の数字だし、一層と発達した胸前に筋肉は眩しい限り。ハイラップを刻んでの6F82秒2だった1週前が渾身の内容で、GⅠ仕様の仕上げ。世代交代に名乗りを上げるのは間違いない。常識的にはこれが◎か。

チャンピオンズCではそれと際どい差だったロワジャルダンにより大きな魅力を感じる。東海Sはよもやの当日乗り替りでスムーズさを欠けば取りこぼしもやむを得ぬ。しかし、間隔を詰めても歩様が硬くならない。1秒3追走した5Fからセーブして進むと、内にもぐり込んだ直線では重戦車のような迫力で楽に先着して5F67秒9。デキもさることながら、前が勝った体型でイメージほどスタミナに長けたタイプではないと見做しているし、みやこSが示すように切れ味を問われる状況でポテンシャルが高まるのであればマイルでの大駆けを見込むべき。(※なお、ホワイトフーガは坂路追いのため割愛)

土曜メインのダイヤモンドSは特殊な3400という距離。従って、ビッシリ併せながら手応えに余裕があったモンドインテロなどは‘お客さん’。身体能力だけに頼った昨春とは別馬と思えるほど洗練された。つまり、OP級だった素質開花と考えて良い。唯、あまりにも切れのある動きから純然たるステイヤーとはとても思えぬ。坂に対する懸念を拭い去ったとは言えぬ現状も。

かといって58.5キロを背負わされるフェイムゲームもどうか?勿論、調教では目立たぬ馬だから脚色劣勢での5F70秒8は気にならぬ。けれども、海外遠征直後のレースというのは生涯初だし、AJC杯を叩く余裕があった前2年には直前でももっと動いた。同じようなことがホッコーブレ―ヴにも。ここ2週のDコースではさすがと思わせる1Fの伸びで先着したが、絶好調時にはもっと伸びやかなフォームであった筈。少々割り引く。

それならばタンタアレグリア。明け4歳の世代にあってトップには及ばなかったものの、シルエットが朧だったことから完成を待つ段階だっただけで素質は相当。この中間は6F追いを含め鍛錬に余念なし。スピード感を感じさせなくても速い時計をマークできるのはユッタリと走れることとラストのストライドが大きくなった故。体の使い方を覚えたことに他ならぬから本格化は近い

ステイヤーズS2着のカムフィ―も侮れない。3週にわたって追走する形からシャープな身のこなし。ひと追いごとにパワフルになっている点に好感が持てるし、長距離戦に関しては底を見せていない。昨年からの増量よりも前走からの2キロ減を重視したい。

芝1400となって新装開店といった趣きの京都牝馬Sが関西のメイン。当然ながら地元の実績馬に人気が集まるものの、フラットな直線ということならマジックタイム。2度目のハロー明け、好状態のウッドだったとはいえ余裕綽々での5F67秒3は凄い。‘小気味良い’という形容は同馬の為にあるような動き。課題は右回りだけ

しかし、ここはディープジュエリーにより大きな魅力を感じる。先に推奨したタンタAの直後に併せ馬でダイナミックな動きを披露。回転の速さだけが強調されていた以前と違うのは馬体から漲るパワーが加わった為。昨春、中山1800では目を瞠るような切れで楽勝。その特性は初距離になる今回でこそ存分に発揮されよう。

最後に府中の他から。3歳500万下でも将来性豊かな馬が揃ったのが土曜9R。最終追いが坂路だったブラックプラチナムやリンクスを除くとミヤビエンブレムが随一。使うたびに馬体が締まって筋肉質の見事な体に変貌。でいながら、追走しての脚色優勢で大幅に時計を詰める余地を実感させながらの4F52秒6。上昇一途

平場戦では日曜8Rのラテラス。使い込むとテンションが上がる馬で馬体減も気懸かりだけに消耗のない休み明けでこそ。綺麗なシルエットで捌きも軽快だから初芝の今回が狙い目。セーブ気味の中間はリラックスさせる意味で不可欠。リズミカルな動きが精神面の安定を物語る。

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line