協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 美浦追い切りレポート
  4. 中山での雪辱が果たせるデキに達したアルビアーノ
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2016年03月24日(木)更新

中山での雪辱が果たせるデキに達したアルビアーノ

寒の戻りで肌を刺すような冷たさ。唯、高松宮記念を迎える時期だから本格シーズンの到来を実感できる。関西優位は拭えぬ様相の中、少なくとも関東馬の順位づけは明確にさせたい。

全休明けの水曜にエントリーした4頭が全て調整を終えた。昨秋のスプリンターズS2着のサクラゴスペルは併せ馬で5F66秒3。4馬身追走しての同時入線で鋭い捌きを披露。調教で燃焼する面があったから良い意味で枯れてきたと言えるし、海外遠征の反動はない。唯、年齢的に勢いを感じない上に、苦手の中京では手が出せぬ。

復帰戦が大敗だったウキヨノカゼの直前は坂路で4F56秒1の軽目。しかし、先週の木曜には測ったように1馬身先んじてのゴールで実にダイナミック。馬体のハリも素晴らしいから状態面の瑕疵はない。長期のブランク後は一瞬の脚が全て。こなせる距離が極めて限定されるとすれば一叩きでのここは青写真通りであろう。展開利も見込める分、2番手に。

坂路オンリーのスノードラゴンに関しては何とも言えぬ。豊富なキャリアが生む立ち回りの上手さだけでのオーシャンSがあるものの、変則日程だった平坦・新潟のGⅠ勝ちを今さら持ち出すのもどうか?少々軽く扱いたい。

真打ちはアルビアーノ。前哨戦は致命的な不利を蒙ったから、オーシャンSに関しての対戦結果は白紙に戻すべき。当時。本質はスプリンターとも書いた。が、位置取りが悪くなったのは未経験の1200ゆえ。今回はその距離特有の流れに慣れてもいる筈。

間隔は詰まっているが一旦は放牧へ。輸送を考慮すれば水曜追いが妥当で3頭併せを敢行しての5F68秒5。縦列の2番手で入りが16秒5と緩かったからしまい重点だが、体に厚みが増してゴムマリのようなアクションに終始。そこから繰り出されるフットワークには凄みさえ感じる。中間にアクシデントがあったとの情報が流れて二の足を踏む向きも多いだろうが、それを微塵も感じさせぬ快調教。左回りに替るのもプラスだから◎候補。

GⅠ当日の中京にスポットを当ててまずは大寒桜賞のミヤビエンブレム。単走の形となったものの、先行2騎とは性能の違いを見せつけた1週前も圧巻だったが、4F追いだった最終追いではラスト1Fでもまだ後ろにいながら12秒1の切れで併入。パワーに頼った走りだったこれまでとは別の顔を覗かせた。これは馬体が洗練されたことと、無駄のないフォームを馬が学習した為。破壊力が抜群になる中京なら2勝目をマークしたも同然

最終の鈴鹿特別からはスールキートス。やや安定味に欠いた昨春だったのは、まだアンバランスな体だったから。腰回りの良質な筋肉の分がここにきての馬体増で成長に繋がった。木曜・2度目のハロー明けでは3F過ぎからスパートしての併入。唯、力強いかき込みにトモが連動する非の打ちどころがないアクションで豪快なラスト12秒8。牝馬ながらタフなコースでこそ

本開催の中山は天皇賞に直結する日経賞がメイン。頭数こそ揃わぬが有馬記念の再戦となる形だからハイレベル。当レースを得意としているホッコーブレ―ヴに敬意を表するべきだが、Dコースで5F70秒5とピッチが上がらぬ。硬さが目につくのは老いた故か。

GⅠゼッケンが映えるゴールドアクターは水も漏らさぬ仕上げ。先週までの併せ6本が意欲の表れだし、水曜・ウッドの朝3組目の3頭併せが圧巻。先行する2頭の間を割っての猛稽古が風格で、5F66秒9の時計も文句なし。むしろ有馬当時より上ではないか、と思わせるほど。58キロでも。

けれども、前目に極めて有利だったのが暮れのGP。となると、今一度アルバートという選択はある。堀厩舎のパターンに適った過程で先週の一杯追いの時点で態勢は整っていた。加えて、4Fからも18秒に近いラップで上がりだけだった木曜の最終追いでは1600万下に余裕で先着。ポテンシャルの差が露わにならぬメニューだったから、3F41秒5という額面を遥かに上回る密度。初のGⅠ挑戦で出遅れては出番がなくて当然。勢いを失っていない

他では日曜・常総Sのアデイインザライフ。復活した今、足踏みしてはいけない器だ。4F53秒台のしまい重点だった直前でも力感溢れるフォーム、先週にはOPを1秒置き去りにしたほどだから、3歳初頭のデキに戻った。昇級戦で57キロといっても上下差が僅かなハンデ戦。GⅡ好走と同じ条件なら恵まれた斤量

最後に3歳の平場戦から。オール日曜で1Rのセイカエドミザカがトップバッター。1秒4も追走しながら直線では外に合わせる負荷があっても揺るぎのないフットワークに終始。軌道にのったという点を実感させるのが滑らかでいて大きな飛び。全身を大いに使えているからこそで皮膚の薄さが目下のデキを物語る

次が5Rのラテールプロミーズ。持ち前の持久力を生かしたメニューで外2頭の古馬1000万下を1秒上回る時計での1馬身先着と計り知れぬ能力をアピール。速さが必須の府中マイルでは振るわなかったのは頷ける特性があるから中山での真価発揮は確実

続く6Rの芝・スプリント戦はコパノマリーン。アクセントをつけた競馬ならマイルまでが守備範囲となるが小気味良い身のこなしは短距離でこそ。小柄だが中身の詰まった印象で鞍上のゴーサインに即反応という面を稽古で見せている。2週連続の4F55秒台は馬体の維持がテーマという中身ではないし、シッカリとハミを取ってゴールに向かうシーンにも進境を感じることができる。

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line