協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 柴田卓哉:美浦追い切りレポート
  4. モーリスを超えろ!キャンベルジュニア

競馬コラム

柴田卓哉:美浦追い切りレポート

2016年03月31日(木)更新

モーリスを超えろ!キャンベルジュニア

輸送を控える大阪杯組は水曜に最終調整。香港や天皇賞へのステップとなるから自然とメンバーが揃う。中でもオールカマー以来となる牝馬2頭の直接対決が見物。

その時の雪辱を期すヌーヴォレコルトが鬼気迫るデキ。先週、大きく先行した僚馬2騎を内から交わしてのフィニッシュだった時点で仕上がったから、直前は軽目と高を括っていた。岩田を背に5Fから一気に加速すると直線に向いても手を緩めることなくラスト11秒8、3Fなら36秒台の好時計をマーク。いくら内目とはいえ驚異的。

牝馬らしい気品と丸味帯びた全体像から繰り出すシャープな捌きには目を瞠った。対ショウナンということなら2キロのアドバンテージ。今後の為にも落とせない

逆に、イスラボニータはトーンダウン。最終追いの平凡な5F71秒6は、それ以前の過程を思えば納得できるし、歩様がスムーズな点には好感が持てる。しかし、手応えに余裕があっても収縮と伸びというメリハリに欠けて迫力不足。

阪神での注目レースがもう1鞍。今後の3歳マイル路線に繋がるマーガレットSは、スキャットエディが帯同馬(斎藤誠厩舎)としてエントリー。1週前にはヌーヴォRのパートナーを務めたほどで、水曜も外ラチに触れんばかりのコース取りで6F82秒0だったから背水の陣。唯、ティソーナとの逆転は叶うまい。1度目のハロー明けに3頭併せで併入。縦列の2番手で5F70秒1と目立たぬ数字だが、内の古馬OPに歩調を合わせる余裕さえあった上に、キビキビした身のこなしで完成度の高さを実感させた。

ここからは東の3歳戦にスポットを当てる。ダート路線の羅針盤となり得る出世レースが日曜の伏竜S。ドバイ遠征を大成功のもとに終わらせたラニがヒヤシンスSで5着なら、俄然この組がクローズUPされる。木曜追いのストロングバローズは中山でも強い競馬をしている点でプラス。木曜の早い時間帯の併せ馬で4F55秒9の2馬身遅れ。が、気合いをつけられるとシッカリと反応できたし、稽古駆けしないタイプ。まして、鋭さを問われるメニューだったから心配無用。力を出せるデキ

しかし、インザバブルも負けていない。新開厩舎だけに速い時計は避けての併せ馬でハロー明けを考えれば5F68秒8は特筆すべき数字ではない。唯、動きに余裕があるし、1走ごとにメリハリのある馬体に。逆に、着実ではあるものの、ワンペースに終始するのが現状で成長度合いとすれば遅め。緩急に即対応できるかは疑問。

同じように発展途上だが、スケールの違いを感じさせるのがグレンツェントで◎まであり得る。周りを威圧するような馬格ではないが、とにかく中身が詰まって四肢に力感が籠っている。加えて、追走してインを突いた併せ馬ではスムーズなコーナリングからラストが迫力満点。古馬OP相手の5F66秒8も文句なしで先物買いといった次元を超えた

土曜・山吹賞も個性派揃いで面白い。変り身ならユークリッドが抜けている。2週にわたってスムーズな捌きでフォームも豪快。前走がコズミで走れるような状態でなかったことを思えば一変。けれども、シュペルミエールが目の上のタンコブ。4F56秒6は、絶好調の古馬1000万下と同等の内容。動きはと言えば、内にもぐり込んだ相手を圧するような動きで実に小気味良い。前走でも柴山が普通に乗っていればもっと際どかった。

唯、それで◎確定かというとそうでもない。上昇一途のオーダードリブンがいるからだ。こちらは朝の早い時間帯で5F69秒6だったが久々の前走よりアクセントの利いた馬体と動き。実戦で見せる尋常ではない末脚にも合点が行く。

これに2馬身先行して同時入線だったケイアイダイチャン(土曜5R)の態勢は整った。立ち姿からして垢抜けた上にレベルの高い稽古を消化したのだから能力は確かだし、マイルもピタリ。あと、未勝利戦でもう1鞍。土曜3RのアートハルキはDコース。重い砂をものともせずに余裕で1F12秒7。デビュー戦の時計は平凡だったが見切り発車だった当時とは違うし、府中の忙しい競馬は合わなかった。条件揃いの今回は首位争い。唯、もっと魅力を感じるのはレイエストレヤ。一息入った後はオール坂路だから当欄での推奨は禁じ手。が、デビュー前のウッドでは水準を遥かに超える動きだったし、勝負根性も示していた。前肢がどうも硬い分、ダッシュがつかなかったのが前走。ということなら、砂での一変がある

最後にダービー卿CT。再びマイル路線に戻すロゴタイプの実績は周知の通り。水曜のウッドで調教師が跨っての一杯追い、1F11秒6だから鋭い伸びに見える。けれども、馬場の内目だから当然だし少し歪な体型に様変わり。同じ速い時計でも冒頭のヌーヴォRとは違う。

東風Sで復活したインパルスヒーローは4馬身遅れも5F67秒6なら上々、軽快な動きのマジックタイムも同様に瑕疵はない。しかし、木曜に登場したキャンベルジュニアの前では全てが霞む。

馬場開場して15分も満たない時間のDコースに姿を現す。定番通りキャンターからウッドの向正へ。使う週だけに4Fスタートのしまい重点だったがラスト1F付近から鞍上がアクションを起こす。それに応えた伸びで豊富な筋肉を生かした豪快なフォーム。豪州産で実質3歳秋という段階になって急激な成長曲線を描いている。超一流のオーラさえ感じさせてきたのだからGⅢ程度は通過点。昨年のモーリスを想起させる調教なら迷うことなく◎。

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line