協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 柴田卓哉:美浦追い切りレポート
  4. ビッシリ追えたマウントロブソンに一縷の望み

競馬コラム

柴田卓哉:美浦追い切りレポート

2016年04月14日(木)更新

ビッシリ追えたマウントロブソンに一縷の望み

桜花賞時と全く違う雰囲気だったのが今週の追い日。曲がりなりにも最有力候補がいた先週と違って栗東三強に関してはこちらとランクが違うからだ。中でも早仕掛けの弥生賞が試運転といった印象のリオンディーズは、本番でこそ底力発揮のタイプと見做す。

とはいえ、せっかくGⅠゼッケン着用馬が追い切るのであれば関東馬における順位づけには是非とも触れておかねばなるまい。新潟2歳S時には展望が開けていた筈のロードクエストは、前哨戦を叩いて定石通りの良化ぶり。何故なら、スプリングSに至る過程は冬場ということで体がほぐれなかったし、無理なレベルUPを避けた調整。対して、加速してから全身バネといった印象の強い今回は違う。

何せ、レース後10日で坂路51秒台マークと急ピッチ。更に、1度目のハロー明けに3頭併せの最内から素晴らしい瞬発力で抜け出してのラスト12秒2。課題は距離に対する適性。

となると、1F短い距離のTRで差し切ったマウントロブソンに気持ちが傾く。篠つく雨となった木曜だが、厩舎のスタイルを崩さずに4Fスタートのしまい重点。3頭縦列からの最後尾からで自身の時計は4F53秒6~1F12秒6。確かに、脚色では劣ったものの、一杯に追えたのは大きなプラス。元々、稽古は目立たぬタイプだし、小倉帰りのTRでは遠征の反動に気遣った調整ぶりだったのだから、ここは渾身の仕上げと判断。まともに勝負しては関西の牙城を攻略できぬものの、末一手に駆ける奇襲に出れば食い込み可能

暮れの取り消しから一足飛びに重賞ウィナーとなったディーマジェスティのポテンシャルは高い。ゆとりのあるローテは魅力的だし、最終追いの遅れは追走の分。1週前、内目でも5F65秒8での先着はさすがで仕上げに抜かりはない。しかし、まだメリハリの利いていない体型で身体能力のみに頼る走り。府中も緩いレースだっただけに、ここは見送りが妥当。従って、豪快な動きでウッド5F67秒0を楽々とマークしたリスペクトアース(共同通信杯組)の底も割れている。

能力に隔たりがある日曜メインとは逆に紙一重で何が来ても不思議ないほどの混戦が春興S。ハンデ抽選もあってメンバー次第で展開がガラリと変わるが現時点ではマルターズアポジー。暮れのマイルは1000万下で粘り一息。が、そこではキャンベルジュニアに潰された形であれば瑕疵にはならぬ。

それよりも今回の放牧でリフレッシュどころか覚醒。内の馬を圧する迫力をともなっての5F66秒6で道中のラップもきつい。3歳初頭にはOPと見紛うばかりの調教大将だったが昨夏以降はそれに翳りが見えていた。久々に同馬特有の稽古を見せつけられたのであれば買うしかない。

日曜は鹿野山特別もピックUP。先のディーMのパートナーだったショウナンマルシェの前走をフロック視してはいけない。何せ、内のGⅠ出走馬に対して‘おいでおいで’でフィニッシュ。身のこなしが実にスムーズで去勢効果は計り知れぬ

もう1頭がサクラアンプルール。一息入ったが帰厩後2本目に5F67秒6の併せ馬消化だからパワーUPを実感できたし、最終追いなどは格上との追い比べに持ち込んで1馬身先着の高密度。今冬の中山2000の内容からも昇級即通用

日曜はあと1鞍、6Rのアサマを推奨。確かに、自分でレースを造れぬ他力本願のクチだが、末脚は強烈だし、1分11秒台の持ち時計もある。そもそも、冬場は手加減した調整続き。対して、今回は連闘明けにも関わらず、外ラチ沿いでアクションを起こしての5F72秒7。普通の基準なら取り上げるべきタイムではないが、同馬としては久々にレベルを上げた。暖かくなっての上昇ぶりは著しい

中山の土曜、最終Rのルールソヴァールにとっては現級突破に王手といった状況。唯、理想的なレース運びだった前走での惜敗が詰めの甘さ。それならば、ひと皮剥けた感のオトメチャン。以前からパワーを感じさせる走りではあったが、ここにきてフォームが洗練されてきたように体の使い方を完全にマスター。だからこそ、とても追いつけない態勢からの先着だった最終追いがある。程良いペースメーカーの存在だけが前走の圧勝に繋がったわけではない。本来のポテンシャル発揮はこれから

8Rのウォークロニクル(出走回避)は地方帰り。鹿戸流で時計は目立たぬが、厚みが増した(まだ成長余地を残すが…)体つきでセンス溢れる動き。3歳時、中央での2戦はいずれも見切り発車でギスギスした不健康そうな造りだったからその時点で結果を望むのは酷。上の狙える素質の持ち主で人気になり切らないここが狙い目

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line