協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 柴田卓哉:美浦追い切りレポート
  4. オークスに名乗りを上げるビッシュ

競馬コラム

柴田卓哉:美浦追い切りレポート

2016年04月21日(木)更新

オークスに名乗りを上げるビッシュ

次週より続くGⅠシリーズの前にしてのエアポケットといった風情だが、オークスへの前哨戦を軽く扱うわけにはいかない。そのフローラSは1勝馬で19分の11という抽選。まずは確実に出走できるグループにおける順位づけから。

素晴らしい切れでOP特別勝ちを果たしたのが前走のチェッキーノ。バランスの取れた好馬体で良質の筋肉を纏っているからバネの利いた走り。良血が醸し出す気品、匂おうが如し。唯、ウッドでは感触を確かめる程度の4F追い。勿論、他のメニューが豊富だからこその軽目とは承知しているものの、現時点での体質と相談しながらの過程だけに他との違いが際立っているわけではない。

同じように卓越した性能を感じさせるのがビッシュ。朝一番のラッシュが一息ついたタイミングでの単走。鹿戸流で時計は平凡だったが、直線に向いてのギアチェンジが実にスムーズで、1F12秒5という数字以上の鋭さ。長く脚を使えるアピールポイントに機敏性が加わった感があるし、変則日程の前走は直前軽目とパーフェクトな仕上げと言えなかった。府中替り、上昇度を買ってこちらを中心視。

デビュー当初の弱いイメージを一掃して良いのがフロンテアクイーン。最終追いでは古馬1000万下を2馬身追走の態勢で進んでの抜け出し。それも、余力のない外を尻目にシャープな身のこなしで持ったまま。元々、距離延びて良さの出るタイプと見做していた。クイーンCでは漁夫に利といった感も、少々忙しいマイルでの上手い立ち回りが能力の証し

1勝馬の中で将来性ということならコルコバード。広いコースで真価発揮といった要素もある。が、フラワーCの除外で再放牧。帰厩後は馬体維持をテーマにした調整続きで3頭併せの直前も1F14秒2。期待が大きい分、辛口になってしまうが現時点では成長待ち。

それならば共同通信杯で牡馬に揉まれた2頭。1週前、古馬1600万下を子供扱いにしたアグレアーブルは青写真通りのしまい重点。とはいえ、リズミカルな動きで内からアッサリ抜け出しての2馬身先着で進境著しい。調教師を背に1度目のハロー明けで3頭併せを消化したファイアクリスタルはパワフルな動き。1F13秒2も追えば幾らでも弾けそうな雰囲気を醸し出していた。2000は大歓迎

早くも最終週を迎える福島は、開催唯一の重賞がメインで、こちらは4歳以上の牝馬限定。中山牝馬S優位の傾向に反するが、尋常でない上昇ぶりを示すシャルールが最有力か。それを含め、関西勢が上位を占めそうな様相。それでも指名したいのがノットフォーマル

久々になるが豊富なメニューで実にパワフルな動き。特に、直前のウッドでは6Fスタートの長目追いでも最後まで弾力性のあるフォーム。朝一組目で馬場コンディションのフォローがあったとはいえ、容易くはマークできない6F80秒4は馬なり。同型との兼ね合いはついて回るテーマだが黛がハナに拘ればスランプを脱出できる

同じように展開が結果を左右するのが日曜・府中S。メンバーが確定しない段階では難しいものの、先週も当欄で取り上げたマルターズアポジーを推奨しないわけにはいかぬ。

当然ながら直前は単走でしまい重点に微調整程度。が、1週前の併せ馬では追走して外、負荷が大きくかかっても5F66秒6.稽古駆けしていた好調時の勢いを取り戻した

同じ4歳のレアリスタも凄いデキ。冬場は妙にテンションが上がって思い通りに調整することが不可能だったから前走は度外視できる。逆に、今回は適度な落ち着きを保って同馬本来のバネの利いた走りを披露。定石通りの4F追いだった木曜は4F54秒6。その中身は濃密で洗練された身のこなしと回転の速い捌きはOP馬のそれ。再出発を図れる

ここからは平場戦。日曜6Rのタイガーヴォーグの前走はレース選択のミス。捌きが力強い反面、前肢が伸び切らない典型的な砂馬だからだ。唯、府中を目標にしてレース間隔が開くのを嫌った叩き台との穿った見方もできる。実際、2週連続での併せ馬で稽古の軽かった前走とは内容一変。本来の姿に戻った。

最後に未勝利戦。というより今週のイチオシが土曜5Rのケイアイダイチャン。素質馬揃いの加藤征厩舎に入っても垢抜けた馬体が目立っているし、抜群の推進力を見せるラストが圧巻。現に、最終追いでは3歳1勝クラスを先行させての併入で手応えでも大きく優った。前向き過ぎる気性だけに今回の距離でこそ。前開催の中山マイルをスキップした事情を鑑みればパーフェクトな仕上げとは言えないが、元値が違いすぎる

土曜2Rは初出走のステーションボートの素質を買う。ウッド5F70秒を超える時計で一見して地味に映るが、経験馬相手にも根負けしないように精神面と追っての味が魅力。勿論、均整の取れた好馬体もアピールポイント。同じレースで捨て切れないのがサノマル。古馬相手の併せ馬で互角の動きという以上に、5F66秒を切る時計を楽々マークできたのだから、この辺りでウロウロするような能力でないのは確か。距離短縮で身体能力を生かせる状況になった。人気になり切らない今回こそ狙い目。 

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line