協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 美浦追い切りレポート
  4. 中京記念からの巻返しに注意
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2016年08月11日(木)更新

中京記念からの巻返しに注意

サマーマイルCの過程にある今週のメイン・関屋記念。ということなら、ベースになるのが先の中京記念で、そこでは7着までが関西馬。今回も勢力図は西高東低となる。唯、当時は最終週で外が伸びる独特の馬場。不発に終わった馬の巻返しがあって良い。また、前半で流れに乗れなかったケントオ―などもフラットなコースがより向くだけに、新潟での躍進があって当然。

前走、馬が変わってきたと実感させたマイネルアウラートも同様。16着とはいえ、勢いづいた処での不利が痛かったからだ。確かに、追って味のある馬ではないから、長い直線で坂を迎える設定でスムーズなら際どかったとまでは言い過ぎ。が、状態の良さを生かせなかった事実はある。

ここに至る過程は単走で2本。併せ馬を必要としないルーティンと言える調整ぶりだが、スムーズな道中から体を目一杯伸ばしたラストの動きが素晴らしい。特に、最終追いでは重心が沈み込んでの1F12秒4で余力十分。ベストより1F長いのは確かだが、スローが前提になれば乗り切って不思議ない

ヴィクトリアMは少々家賃が高かったマジックタイム、ここ目標に据えて青写真通りの仕上がり。帰厩直後でもフックラとしていながら緩さを感じさせなかったほど。実際、1本目の併せ馬からして5F67秒5だったから放牧先での順調度が分かろうというもの。

直前は5Fで2秒先行する態勢から進み直線へ。鍛錬という感じではない併入だったが、相手は稽古駆けする分、消耗を避けたメニューでむしろ好感が持てるし、牝馬らしい切れを存分に発揮。新潟では1度走って2着1回。準OPだけに不満を覚える向きがあろうが、まだ460キロ台の華奢な時代。柔軟な筋肉を纏った今とは違う。

58キロのハンデだった降級初戦をクリアーしたヤングマンパワーの最終追いは坂路での54秒3。詳細は不明だが、完成途上だった前年3着で新潟は合う。同じように坂路中心のロサギガンティアの1週前はウッドでの3頭併せ。こちらの動きは豪快そのものだったが、マイルでは切れが鈍る恐れも。

転厩初戦になるクラリティスカイは6F82秒5とハードに攻めた。栄えあるGⅠゼッケンに相応しい豪快さには一定以上の敬意を表すべきか。唯、ややバランスを欠く歪な体型で鋭さといった点で今ひとつ。今回は様子見が妥当。

土曜のメインは1600万下のハンデ戦。OP経験馬が有利になろうが、新潟内回りで能力は反映されないシーンも。その間隙を突くのがオコレマルーナ。間隔は開いたが、リフレッシュされた上に洗練されたシルエットを誇っているし、柔軟性溢れるアクションがひと際目を惹く。前走でも守備範囲外の1800ながら0秒5差に過ぎなかったから悲観材料にはならない上に距離短縮。元々、マイルでも脚が続かないタイプで、立ち回りの上手さを身につけた今ならベストの条件

狙って面白いのがボンジュールココロ。6歳牝馬というと頭打ちといった先入観に囚われそうだが、2走前の3着には価値がある。追い切りも馬場が荒れ始めた時間帯での5F67秒8なら上々だし、小気味良い動きが印象的。52キロのハンデを生かせるだけのデキにある

他の特別戦からは日曜10RをピックUP。前走時より動きに余裕があっての4F52秒4だったエリーティアラは降級4歳だけに支持を集めそう。唯、左回りでは鞍上がセーブできないとの個人的な見立てがある。連下がやっと。

同じ降級組なら新潟では2戦2勝のスマートプラネット。もう1頭、見限ってはいけないのがテンダリーヴォイス。1週前の併せ馬では格下2頭に1馬身遅れだったが、それを境に覚醒。抜群のスピード感を示したのが最終追いで、幅の出た馬体を存分に駆使。輸送減りさえなければ…

500万下は最終Rに食指が動く。土曜のダートはストロボフラッシュ。身体能力を実感させる馬体の造りと動きだが、どうも詰めが甘い。それをカバーするのが初距離になる1200とローカルという舞台。きついラップを刻んだ1週前の単走、追走しても余裕綽々だった最終追いからしてランクが違う

日曜の直線競馬は今一度ミキノドラマー。中1週でもシッカリと追えたように馬に実が入っている時期。4Fからの行き出しだが、そこから13秒台のラップだったように決して手緩い調整ではなかったからだ。前走は出負けが全てで消耗もない。

最後に新馬戦。今週は木村厩舎の2騎が期待を背負ってのデビュー。土曜5Rのレッドエレノアはここ2週で連続して3頭併せを消化。特に、直前では縦列の最後尾から内を掬っての先着で、最外の古馬1000万下などは食い下がるのがやっとといった状態。首を上手く使った走法が追っての味を醸し出しているし、センスも伝わってくる。

それ以上の能力と思えるフローレスマジックが日曜5Rにエントリー。垢抜けた好馬体で先のレッドEに先着したのが先週。また、追えばどこまでも弾けそうな雰囲気だった最終追いから並々ならぬ器と再認識。勿論、キッチリと仕上げたわけではないが、厩舎としてもこの良血を躓かせるわけにはいかないだろう。 。

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line