協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 美浦追い切りレポート
  4. 特別戦は尾関、鹿戸厩舎に注目
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2016年08月18日(木)更新

特別戦は尾関、鹿戸厩舎に注目

札幌と小倉で重賞が組まれているのとは対照的に、OP特別のハンデ戦がメインだから小休止といった風情の新潟。加えて、そのNST賞は質量ともに関西優位とあって当コラムでは取り上げようがない鞍。逆に、美浦勢にとってつけ入る隙があるのが土曜11R。

中京で惜敗だったヴォルシェーブの力量上は明らか。が、先週のバンドワゴンのように、復活直後の激走→二走ボケというリスクはある。過酷な夏場ともなればなお更。

叩き2走目のディスキーダンスの上積みは相当。少々力強さを欠く動きだった前走は急仕上げ。現に、レース後翌週の水曜に始動というから稽古代わりであったのは想像に難くない。台風の影響で悪化したウッドを避けてのポリ追い。5Fからビッシリ併せた3歳は格下とはいえ、稽古で目立つ馬。それに対して持ったままでの5F68秒4で、動きとともに全身から発する活気が上昇度を物語る。新潟は不得手だが、外回りよりは脚の使い処が明確になろうし、2走前のような競馬なら実績の乏しいコースでも可能性はある

急激に力をつけたと実感させるのがトル―クマクト。何せ、力の要る芝だった阪神で結果を出したのだから驚き。軽い走りの同馬にとっては収穫大と言えるのだ。一息入れての再出発となるが、アクセントの利いた馬体を駆使したアクションで、最後尾から2頭の間に割って入る厳しい態勢でも動じる気配なし。余裕の手応えでのラスト12秒4の鋭さであった。当コースに対する実績に目下の充実ぶりが加わるのは心強い限り

このパートナーだったステイパーシストも取り上げなければならぬ1頭で土曜9Rにエントリー。確かに、格上の古馬に対して半マイルで4馬身のアドバンテージがあった。が、こちらのコース取りは外ラチ沿いだったから4F54秒9という数字以上の負荷。にも関わらず、力強いアクションに終始して併入だったから、自身の伸びも相当。

振るわなかった春・福島では自身にとってのハイPに未知。また、使い詰めと輸送があっての馬体減では仕方ない結果。筋肉量が増えたと一目で分かる造りで帰厩した上に、1本目の併せ馬からして質が高かったのだから、リフレッシュ効果は計り知れない

他の特別戦では鹿戸厩舎に注目。まずは日曜10Rのシャクンタラー。稽古の時計が目立たないのは厩舎の流儀、こちらが口出しすることではない。豪雨で荒れたウッドを避けての芝入りで行き出しは5F。先行2騎をリズム良く追走する道中から直線に入ると鞍上がセーブするのに苦労するほどのハミがかり。結果、2馬身遅れだったが時計自体は他2頭を上回ったし、全身バネといった身のこなしに非凡さを感じる。手探りの調整だった春先に比べるとゆとりある過程を踏めたのだから、長距離輸送を控える身となれば青写真通り。

もう1頭は土曜10Rのストロングトリトン。同じく芝コースで朝の4組目に単走で5F72秒2。が、ゴールに近づくにつれ、アクションが大きくなってのラスト12秒1で前走以上の鋭さ。去勢して精神面の成長が著しい上に、重厚感が醸し出される全体像に。今回、昇級初戦となるが、ひと皮剥けたとなれば連勝も視野に入る

平場戦では日曜・最終Rのアデレードヒルを推奨。春・新潟以来となって5F追いは2本のみ。しかし、休む前より洗練された馬体での美浦入りだったから、放牧の効果十分。元々、首差しや胸前が発達した典型的なスプリンター。従って、初勝利がずれ込んだのは、自身の良化待ちという以上にレース選択の誤り故。前走より一層短くなる1000が向かぬ訳ないし、少し脚が長く見える体型からも芝でこそ。輸送を考慮した直前軽目の5F73秒台は息がデキている証し。

今週の2歳戦は土曜1Rで勝負。ここまで連続2着とリーチがかかっているシュピールカルテは3頭併せで豪快に先着。それも、重いウッドでのラストが12秒1、余力十分だったからハイレベル。しかし、敢えて今一度ブライトエピローグを軸に。

ポリの単走で5Fから抜群のスピード感。実際の時計以上に受け取れるのは道中からして脚の回転が速い故。それが直線でも持続、馬なりでの5F67秒2が能力と目下の調子を遍く伝えている。満を持しての出走だった前回は開幕週にも関わらず、最悪の位置取り。折り合い面に留意した結果とはいえ、あまりに消極的。唯、バックストレッチが短ければ、ありがちなアクシデント。ユッタリと流れるマイルならレース運びも変わろうし、しまいも一層切れる筈

最後に新馬戦。イの一番に挙げたいのが土曜6Rのブライトンロック。ひと際目立つ垢抜けた好馬体、だけではなく全体に力の漲りを感じる質感さえ、最終追いの芝コースでは3頭縦列の最後尾から最外を選択。力強いかき込みとシャープな身のこなしが一体となった見事なフォームでの先着で、5F64秒8という時計以上の鋭さ。怖いのは抽選除外だけ

もう1頭がカレン。こちらは将来性というより完成度の高さが売り。並んだら抜かせぬ勝負根性ゆえに併せ馬での遅れなし。不確定要素の多い新馬戦にあって確実に能力を出せるのであれば大きなアドバンテージとなる。

日曜5Rの牝馬限定戦、トーホウアイレスをまずはピックUP。乗り込み量が反映された馬体の造りで、未出走とは思えぬ仕上りの良さを誇る。3頭併せの最終追い、中身は最外に劣ったものの、先に挙げたブライトンロックが相手ならむしろ胸を張れる。ラストの12秒1にしても追えばもっと弾けそうな気配であった。

キビキビした身のこなしが印象的なレインボーアモーレ首位争い。少々余裕残しの仕上げだが柔軟性が伴っているからこそのスムーズな動き。ゴールに向かってシッカリと反応する点にセンスを感じる。繰り返しきた併せ馬の質も高い 。

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line