協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 美浦追い切りレポート
  4. 狙いは、ダリア賞と一変したマイネルバールマン
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2016年08月25日(木)更新

狙いは、ダリア賞と一変したマイネルバールマン

能力差を把握し切れない段階での新潟2歳Sは難解この上ない。唯、奥行きを十二分に感じさせた関西馬を主力と目するのが無難か。着差こそ僅かだったが並ばれてからの勝負強さに非凡さを感じるアンジュシャルマン、粒揃いの中にあっても性能の違いを示したモーヴサファイアの二者択一と考えている。

が、完成度の高さも重要なファクター。となれば、イブキの食い込みがあって良い。テンションが少々高い中でのデビュー戦だったが、いざレースとなれば好位キープからの抜け出しでセンス抜群。加えて、一旦リセットしての仕上げだけに精神状態も安定していると思わせる中間があるのだ。奥村厩舎らしく、しまい重点の丹念な乗り込みで時計こそ目立たぬが、質の高い併せ馬が再三再四。最終追いにしても3頭併せの真ん中で両サイドを窺う余裕での先着。シャープな身のこなしでの完璧なフィニッシュを見せつけられては評価を上げざるを得ない。

同じく実戦さながらの3頭併せをこなしたのがオーバースペック。地味な厩舎だけに人気になり切らないが、果敢に馬を追い込む調整ぶりには好感が持てる。息の長い末脚が武器なだけに、外回りに替るのもプラス

稽古内容の良さで強調できる上記2頭だが、マイネルバールマンとの比較になると霞んでしまう。マイペースに持ち込んだ逃げ馬に利があったダリア賞だったが、期待ほど弾けなかったのは確か。唯、初戦を飾って楽をさせたのも事実。反動が出にくいスローだったこともあるから恰好の叩き台と見做せるのだ。

実際、大幅にピッチを上げたのがこの中間で、最終追いに至っては渾身の長目追い。それも軌道に乗った古馬500万下を1馬身先行させながら外のコースを取っての先着。痺れるような手応えでの6F82秒2は並大抵でない。正しく前走から一変、具合の良さで優位に立つ

最後に挙げたいのがアピールバイオ。こちらのデビュー戦も鮮烈で後続に8馬身差と水を開けての圧勝。稽古内容が際立っていたわけではないから実戦派で、前向きな気性が功を奏した形。唯、揉まれたら…といった不安はあるし、コーナー2回で上手く制御できるかかが鍵。つまり、まだ掴みどころのない馬ということ。

しかし、追い切りは迫力満点。手応えでは劣ったものの、絶好調を誇る3歳1000万下に食い下がっての5F68秒0で2馬身追走のビハインドがあったから併入自体に価値がある。初戦の勝ち時計が平凡でもノーマークにはできぬ

他の特別戦でまず取り上げたいのが瀬波温泉特別でモンサンアルナイル。新潟2歳S出走の2歳との併せは先に書いた通り。先行した利はあったものの、‘おいでおいで’の脚色で力強い捌き披露。たとえ何周走っても追い越されることなどあり得ない様子が、逃げ馬としての気性を物語る。昇級戦になっても自分の型に徹すれば良いだけで、持ち時計の裏づけも。

同じダート1800戦でのOP特別が土曜メイン。小倉の自己条件に登録がありながらこちらに照準を合わせたモズライジンは強い。それを含め、中京・白川郷S組が本線になるのは言うまでもなかろう。が、アルタイルを忘れて貰っては困る。2度目のハロー明けにウッド入り、ラッシュの最中で他の組とは一線を画すスピード感で道中を進むと、直線では気合いをつけるOP馬を尻目に楽々とフィニッシュ。5F67秒3もコース取りを考えれば優秀で上昇一途。形の上では格上挑戦になるが、3歳時にはユニコーンSでの3着があるし、前走の好時計が示す通りローカルは得意中の得意。

今週はOP特別がもうひと鞍。日曜10Rの朱鷺Sも1600万下に狙いを定めたい。ペイシャフェリスだ。北海道では現地での調整だっただけに前回との比較はできないものの、同馬本来の動きを披露。テンの入りからして14秒台というハイラップで、その勢いは最後まで衰えぬどころか、鞍上のアクションに応えて直線で一段とギアを上げられてからこその6F81秒0。1200ではハナを切るのにも一苦労だし、その形に持ち込めず能力を出し切れぬ。元々、マイルでの持ち時計が示すように、スピード持続性にこそ真価がある。内回りを利しての逃げ切りに期待

あとは2歳戦。まずは土曜5Rのレインボーアモーレ。先週の除外は残念だったが、その分1本余計に時計を出せた。しまい重点に徹する武市厩舎だけに目立つ時計はないものの、バランスの取れた好馬体で芝向きの柔軟性も。相手に食い下がる勝負根性、追っての反応から完成度は高いと見做す。

今週、そのパートナーに選ばれた上に脚色で優ったコパカバーナ(日曜1R)も注目。身体能力の高さを生かせないこれまでは一本調子ゆえ。従って、今回のダート替りがきっかけになりそう。部分部分の筋肉がダイレクトに伝わる走りから適性は間違いなくある。 。

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line