協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 柴田卓哉:美浦追い切りレポート
  4. 今週末「岩より堅い」一頭とは?

競馬コラム

柴田卓哉:美浦追い切りレポート

2016年09月01日(木)更新

今週末「岩より堅い」一頭とは?

サマー2000シリーズの最終戦となるのが今週の新潟記念。ということなら、関東馬で唯一ボーナスをゲットできる位置にいるマイネルミラノに注目したいところ。が、函館から現地入りしての調整。美浦に張りついている立場とすれば守備範囲外。

勿論、輸送の疲れを感じさせぬ日曜のダート調教→本馬場での追い切りと熱が籠っているのは分かる。唯、函館記念はあまりにも楽に逃がして貰えたから57.5キロを克服できる根拠にはならない。また、今季の快進撃の萌芽となった新潟大賞典(5着)、そこで先着を許した馬(ダコール)との斤量差が詰まったのであれば疑ってかかるのが妥当。

美浦での動きで‘さすが’と唸らせたのがアデイインザライフ。何せ、1週前には同格を子供扱いしての先着。リズミカルな動きで楽々とマークした5F67秒0が直前なら体質強化が明らか。元々、3歳時には皐月賞TRでの3着があるほどで、辛抱が花開いたと言える現在地。唯、あくまでも休み明けで手加減なしに馬を追い込んでいるほどではない。好戦必至は間違いなくても勝ち切るまではどうか?

それならばバーディーイーグルが面白い。3月にはアデイインザライフに先を越されたが同タイム。窮屈な競馬を強いられたし、芝に鉾先を向けての初戦だったから、そこからの上積みは相当。実際、府中での1600万下2戦はいずれも好時計と左回りの決め手比べでこそ。

従って、七夕賞は大目に見て良い。加えて、段階を追いつつの攻め強化がこの中間。挙句、最終追いではダービーに駒を進めた3歳を3馬身追走する道中から内にもぐり込むと矢のような伸び。ともに馬なりだったものの、動きの質で明らかに上回ったのだから感心しきり。体型的にも初になる当コースで切れが増しそう

馬場の荒れた時間帯に単走で追われたルミナスウォリアーも好調キープ。5F70秒9と目立たないが稽古駆けするタイプでないからスムーズな捌きさえ見せていればOK。OP入り2戦目で経験値UPが見込めるし、内回りだったとはいえ2戦2勝の新潟は相性抜群

しまい重点の繰り返しだったわりに身のこなしが硬くて数字ほど鋭さを感じなかったのがロンギングダンサーの先週まで。正直、直前のポリでもあまり期待はしていなかった。けれども、6Fスタートでの3頭縦列から最内にコースを取るとゴールに近づくにつれ、ストライドが広がる見事なフィニッシュで3Fに至っては37秒ジャスト。最終追いだけで買い被るのはどうかと思うし、展開頼みという面は打ち消せない。それでも連下にはマークしておきたい

目移りがする新潟記念とは真逆と言えるほど食指が動かないのが土曜のメイン。一応、アーバンキッドとロスカボス、3歳の一騎打ちが濃厚というアウトライン。このレベルになれば1600万下でも、キャリア不足を補って余りある。その点で言えば、1000万下にそのクラスが登場となると岩より堅い。それが土曜10Rのプランスシャルマン

4カ月ぶりというブランクを感じさせぬ鋭い動きが再三再四。美浦入りした直後でもシェイプUPされた体つき、かといってガレ気味だったわけではなく絵から抜け出たようなシルエットで実にキビキビした身のこなし。最終追いなどは、多少台風の影響を受けた重いウッドにも関わらず、しまい重点での4F51秒7でも余裕綽々。幾分、体高が上がった分で華奢に映るものの、不可欠な部分はシッカリとした肉づきで、むしろ成長を実感。1戦1勝の新潟を含め、左回りに限定すればのちのGⅠ馬に迫ったデビュー戦まである。骨っぽい相手は確かでも搭載エンジンの違いを見せつける

同じ1000万下でも日曜の飯豊特別は180度違う様相。何故なら、レースの綾がターニングPになる小倉からの転戦があるから。いずれにしろ、レベルの高い混戦。

福島でスプリント能力が露わになったダイワダッチェスが有力。唯、こちらは追い切りが坂路で53秒7。目の当たりにできなかった馬よりはウッド調教馬からピックUP、ハッピーノリチャン。確かに、前走でもデキは良かったが、少しゆとりのない過程で、牝馬だけに無理があった。対して、今回はしまい重点の3頭併せでも楽に1馬身先着と、一層厚みの出た体を駆使しての動きで迫力が加わった模様。ゲートから一気呵成に攻める

他の特別戦では日曜・最終Rを。自信満々というわけにいかないのは、名物の直線競馬ゆえで賽の目がどう転ぶかといった様相。その分、狙い処に限りはない。順当に良化してそうなピュアリーソリッドには敬意を払うべきであっても坂路調教馬だけに、これを◎とするのは無難すぎて面白くない。ここは、敢えてクラウンノキミ。単調な先行馬に見えるが、今季の北海道2戦目で持ち前のスピードを示した。加えて、最後までシャープな動きを見せつけた最終追いがある。昨秋、当条件で勝ち馬から離されたものの、その勝ち時計が示すように、自身は十分に走っている。2度目の芝1000で。穴目ということならリュウツバメも。4Fからピッチを一気に上げての51秒9で素軽さが増した。

最後に2歳戦。まずは土曜1Rで◎はゴールドスカル。伸び悩んだ札幌でのデビュー戦、桁外れに強い勝ち馬に挑んだことで末を失くしたという部分はあるが、頭の高い走法がネック。身体能力を生かし切れぬわけだ。が、シャドウR着用が美浦帰厩後で効果覿面。準OPに食い下がった1週前、それは常識に適ったフォームで走れたからこそ。2歳とは思えぬ骨格とパワフルな動きが目を惹く。

新馬戦は土曜5R。バブルウィズジョイは質の高い併せ馬を2週にわたって消化。特に、直前では外目のコース取りながら楽々と4F52秒台、瞬く間に3馬身も相手を置き去りにした瞬発力には目を剥いた。

唯、人気なので一捻り。タイセイエピローグには実戦向きの勝負根性がある。最終追いこそ単走扱いだったが、大きく先行した僚馬に及ばなかっただけで5F68秒を切れば上々。目算の外れた調整ということも言えるが、関係者の評価が高いからこそ課されたメニュー。鞍上の合図に即反応、追えば追うだけ伸びるタイプでセンスは相当

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line