協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 岡田牧雄の太鼓判
  4. ブラストワンピースの「本格化」は秋以降
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

岡田牧雄の太鼓判

2019年01月17日(木)更新

ブラストワンピースの「本格化」は秋以降

岡田牧雄の太鼓判1頭目

ブレイキングドーン
ブレイキングドーン
牡3・中竹和也 (栗東)
ヴィクトワールピサ アグネスサクラ
(ホワイトマズル)
馬主前田幸貴 生産者高昭牧場

この馬はヴィクトワールピサ×ホワイトマズルという配合なんだけど、本来、この2頭の掛け合わせであれば、言葉は悪いけど「野暮ったい」馬が出るのが普通。

ところが、この馬はめちゃくちゃシャープな馬で、全く血統を感じさせない。いい意味で、ヴィクトワールピサっぽくないんだよね。

それだけに今後どういうレースを見せてくれるのか、個人的にかなり興味があるんだ。

岡田牧雄の太鼓判2頭目

ブラストワンピース
ブラストワンピース
牡5・国枝栄 (美浦)
ハービンジャー ツルマルワンピース
(キングカメハメハ)
馬主シルクレーシング 生産者ノーザンファーム

グランプリに勝った馬を挙げるのは反則かもしれないけど、今回は別の意味で強調しておきたいことがある。

鞍上の池添君が言い続けていたように、素質的にGⅠ級であるのは明らかなんだけど、なにせ「ゆるゆるハービンジャー」の典型で、本格化に時間がかかると思っていたんだ。

実際、この馬もまだ本格化はしていなくて、本当に良くなるのは4歳秋以降だと思っている。

その意味では、今回の有馬記念は「ハマった感」があり、まだまだ完全には信用しきれない点が多い。不器用さは相変わらずだし、コースや流れによっては、今後「不発」に終わるレースも十分考えられる。

岡田牧雄

OKADA MAKIO

父の立ち上げた牧場を引き継ぎ、岡田スタッドと改称。以来、マツリダゴッホ、スマートファルコン、サウンドトゥルーのGIホースを含む、数々の重賞ホースを生産している。スプリンターズSを制したスノードラゴンなど年間70〜80頭を所有する大馬主でもある。ビッグレッドファーム代表の岡田繁幸氏は実兄である。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line