協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 馬場トレンドジャッジ
  4. 乾き度合いを読み切りたい今週末【今週の馬場傾向】
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

馬場トレンドジャッジ

2018年03月17日(土)更新

乾き度合いを読み切りたい今週末【今週の馬場傾向】

北の低気圧から伸びた前線が列島を掃くように通過したため、金曜日は全国的に雨が降り風も強かった。だが土曜の朝には前線が遠ざかって3場とも晴れ。日曜日まで雨が降る心配はなく、風もさほど強くなさそう。天気はわかりやすいが、金曜の雨が含水としてどれくらい残るかだけが問題。


【中山芝】


■内の傷みは表面的、金曜の雨の影響も少々、やや内有利、やや先行有利


《Aコース4週目》

先週は1週間ぐずついた天気で、とくに木曜から金曜の朝までに合わせて73.5ミリも降った。土曜日も曇りがちで、芝は一日中稍重だった。時計は0.8秒前後遅かった。日曜は晴れたもののやはり一日中稍重で0.7秒前後遅い時計になった。

日曜日1日中稍重のままだったのは、芝が傷んでいる証拠のようにも思えるが、それにしてはそれほど時計がかかっていない。
JRA-HPの『馬場情報』欄には、「3コーナーから4コーナー及び正面にかけて、コース内側に傷みがあります」と書いてある。たしかに見た目はそうだが、レースに直接影響するような傷み方をしているのは3~4角中間の300メートルほどだと思う。内を嫌うのは得策ではない。

今週の金曜日は全国的に雨が降ったが、中山近辺の雨量は例外的に少なく、数ミリにとどまった。芝の最初のレースは昼過ぎなので、それまでにさらに水はけするハズ。土日とも良で0.3~0.5秒前後遅い時計を想定する。やや内有利、やや先行有利。



【中山ダート】


■乾いていない程度の標準的なダート、やや外有利、やや先行有利


先週は1週間ぐずついた天気で、とくに木曜から金曜の朝までに合わせて73.5ミリも降った。ダートは土曜の1Rから6Rまで不良、8R以降は重になった。土曜は0.9秒前後速かった。日曜は一日中稍重で、タイム差なし前後の時計だった。

今週の中間はほぼ晴れ、金曜に雨が降ったが雨量は数ミリにとどまった。土日もすっきり晴れそう。乾いていない程度の含水のある良のダートで土日とも良、0.3秒前後速い時計を想定する。やや外有利、やや先行有利。



【阪神芝】


■水はけ早く、クッション性のいい速い芝。先行差し互角、やや内有利


《Aコース4週目》

先週の中間は阪神も雨がちの天気で、木・金にも合計23.5ミリ降ったが、ただし阪神の場合は木曜日に大部分降り、金曜日の早朝には雨が上がっていた。そのため土日とも良で、土日ともほぼタイム差なし前後の時計になった。

今週の中間は前半は晴れたが、金曜日に前線が通過し、昼までに10ミリ程度降った。だが土日ともよく晴れそうだし、芝の状態もいいので、土曜の芝の最初のレースまでにほぼ水はけしそうだ。土日とも良で0.2秒前後速い時計を想定する。先行差し互角、やや内有利。




【阪神ダート】


■稍重に近い含水の良だがやや時計がかかる。やや先行有利、内外互角


先週の木・金の雨量は合計23.5ミリだったが、金曜の早朝には雨が上がっていた。土曜は午前中のレースが重、午後は稍重になった。土曜日の時計は0.3秒前後速かった。日曜は一日中稍重で、0.4秒前後遅かった。

今週は金曜の午前中に10ミリ程度降った。土曜朝の時点ではまだ稍重だが、よく晴れて早々に良に回復すると思う。含水率だけ見れば稍重に近い良だが、阪神のダートは時計がかかり気味で、土曜は0.2秒前後遅い時計を想定する。日曜は0.4秒前後遅い時計を想定する。やや先行有利、内外互角。



【中京芝】


■含水多めも芝の状態よく、内が伸びる状態。やや先行有利、やや内有利


《Aコース2週目》

先週は木・金で合計45ミリ降った。金曜の早朝までに止み、土曜の午後には晴れ間も出た。土曜の芝の最初のレースが稍重だったが、その後もなかなか水はけせず、土日を通じてずっと稍重だった。時計は土日とも0.7秒前後遅かった。

芝の回復が遅かったのは、傷みが思ったより進んでいるからなのか。時計も予想外に遅かった。だが先週は土日とも3~4コーナーで向い風になる方向に風が強かったのでその影響があったのかもしれない。

今週の中京は金曜日の午前中を中心に10数ミリ降った。雨量が少ないので今週はさっさと水はけするはず。また今週はそれほど風もなさそう。土日とも良で、0.5秒前後遅い時計を想定する。やや先行有利、やや内有利。




【中京ダート】


■カラカラではない標準的含水で、やや力の要るダート、内外互角、やや先行有利


先週は木曜日から金曜の早朝にかけて合計45ミリ降った。土曜は重で始まり、昼過ぎに稍重になった。土曜は0.2秒前後速かった。日曜は一日中稍重でタイム差なし前後の時計だった。

この時計の遅さは1月25日にまいた凍結防止剤の影響なのかどうか。開催間のダートは砂が飛んだり流れたりしないように転圧しておくことがあるので、それで開催終了間際にまいた凍結防止剤がまだ残っていた可能性はある。

今週は金曜日の午前中を中心に10数ミリ降った。土日はよく晴れそうだし、10ミリの雨量なら土曜中に良になるハズ。土日とも良で0.5秒前後遅い時計を想定する。内外互角、やや先行有利。


プロフィール
城崎哲

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。


城崎哲

JOSAKI TETSU

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line