競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【天皇賞秋など】東京芝の回復具合は?
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

年末年始・徹底討論会

サムネ画像そろそろ12月。今年の競馬も残り1開催を残すのみとなりました。今回は、2019年...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 「けっ!どこが国際GⅠだ!」――。外国馬の参加はゼロで社台絡みの馬ばっかだっ...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 今年これまでGⅠレースで2着4回、3着4回と常に好勝負を演じながら、なか...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

馬場トレンドジャッジ

2019年10月26日(土)更新

【天皇賞秋など】東京芝の回復具合は?

南海上の台風21号と列島上の低気圧が並走しながら東北上しつつ、台風が低気圧に暖湿気を供給し続けたことで、金曜の列島は広い範囲が大雨に曝された。こういうパターンもあるのか、と驚かされた。降水量は3場の中ではとくに東京が多かった。

大きな雨雲は金曜中に抜けて、東京、京都の土・日は曇りまたは晴れ。新潟は土曜は曇りだが、前線の影響で日曜は午前中に弱い雨が降る可能性がありそう。


【東京芝】


■含水高めでやや緩み加減の芝、やや差し有利、やや内有利


《今週からBコース》

先週は木曜に3ミリ、金曜の午前中に2.5ミリ降り、さらに金曜の夜から土曜の朝にかけて55ミリ降った。土曜は2・3Rが不良、5~9Rが重、11・12Rが稍重だった。土曜は富士Sを除いて午後のレースがすべてスローペースで、時計の判定が難しいが、タイム差なし前後の時計としておく。日曜は朝から良。時計は0.6秒前後速かった。ただし2・4・9Rはスローペース気味だった。月曜も朝から良で0.7秒前後速かった。3日間とも風は弱かった。

先週土曜当日の朝までに50ミリ超降ったのに、とくに馬場が緩んだ印象もなく、メーンレースまでに稍重、日曜の朝には良にまで回復した。今週に限らず4回東京はやたら雨にたたられているが、水はけのよさで芝の傷みの進行が最小限に抑えられている。

今週もまた木曜の深夜から降り始めて金曜の夜までに100ミリ近く降った。月曜に5.5ミリ、火曜に57ミリ降っているので、実は今週雨が降らなかった日は水曜だけ。しかも金曜の雨量は先週の倍。だが雨の止む時間は若干早かった。また今週はBコースになるため、先週より内の芝の状態はいい。

土曜は晴れ→曇り、稍重を想定し、タイム差なし前後の時計を想定する。日曜は曇り、良を想定し、0.5秒前後速い時計を想定する。土・日とも風は強くなさそう。やや差し有利、やや内有利。

2000m級のGⅠとして天皇賞秋は本来JCに並ぶ存在であるべきレース。しかも今年の天皇賞はメンバーが揃った。予想以前の段階で一言だけ。アーモンドアイとダノンプレミアムには前走大きな不利があった。また馬場適性という面ではアエロリットが無視できないと思う。



【東京ダート】


■目いっぱい高い含水で速いダート、やや外有利、やや差し有利


先週は木曜に3ミリ、金曜の午前中に2.5ミリ降り、さらに金曜の夜から土曜の朝にかけて55ミリ降った。土曜は7Rまで不良、10Rが重で、2.2秒前後速かった。日曜は一日中重で、1.8秒前後速かった。月曜は一日中稍重で0.2秒前後速かった。3日間とも風は弱かった。

今週は月曜に5.5ミリ、火曜に57ミリ降り、さらに木曜の深夜から金曜の夜までに100ミリ近く降った。土曜は晴れ→曇り、重を想定し、2秒前後速い時計を想定する。日曜は曇り、重→稍重という推移を想定し、1.5秒前後速い時計を想定する。土・日とも風は強くなさそう。やや外有利、やや差し有利。



【京都芝】


■含水多めで内が傷んで緩んだ状態の芝、やや差し有利、やや中~外有利


《Aコース4週目》

先週は月曜に2ミリ、金曜の夜から土曜の朝にかけて14ミリ程度降った。土曜は曇りで2~5Rが重、8R以降は稍重だったが、2時過ぎから雨がかなり強く降ったため10Rだけは重に近い稍重だったハズ。土曜は1秒前後遅い時計だった。その後も少し雨が残って結局土曜は7.5ミリ降った。日曜は晴れ、3~5Rは稍重、9R以降は良になった。日曜は0.9秒前後遅かった。土曜と日曜の午前中風は弱かったが、土曜の昼から少し北北西の風(3~4コーナーで向かい風)が強くなった。

4回京都は同時開催の東京に比べれば降水量自体は少ないが、東京と違って台風19号がやってきた先々週も開催があり、1日降水量80ミリという大雨の中で競馬が行われた。先週まで馬群は内めを回っていたが、直線はやや外の馬の伸びが勝っていた感じ。また今週からコース替わりする東京と違って京都は今週までAコースが使われる。

今週は月曜に11ミリ、火曜に6.5ミリ、木曜に27.5ミリ、金曜に26.5ミリ降った。ほぼ1週間降り続いて週末を迎えることになる。土曜は曇り、重で1.5秒前後遅い時計を想定する。日曜は曇り→晴、稍重→良という推移で0.5秒前後遅い時計を想定する。土・日とも風はあまり強くなさそう。やや差し有利、やや中~外有利。




【京都ダート】


■含水多めでめいっぱい速いダート、やや内有利、逃げ・先行有利


先週は月曜に2ミリ、金曜の夜から土曜の朝にかけて14ミリ程度降った。土曜は曇りで1~7Rまでは重だったが、2時過ぎから強めの雨が降って11・12Rは不良になった。土曜は2秒前後速い時計だった。結局土曜は7.5ミリ降った。日曜は晴れ、一日中重で1秒前後速かった。土曜と日曜の午前中風は弱かったが、土曜の昼から少し北北西の風(3~4コーナーで向かい風)が強くなった。

今週は月曜に11ミリ、火曜に6.5ミリ、木曜に27.5ミリ、金曜に26.5ミリ降った。土曜は曇り、重で2秒前後速い時計を想定する。日曜は曇り→晴、重→稍重という推移で1秒前後速い時計を想定する。土・日とも風はあまり強くなさそう。やや内有利、逃げ・先行有利。



【新潟芝】


■含水多めで薄く広く傷んだ芝、先行差し互角、内外互角


《Aコース3週目》

先週は月曜に1ミリ降り、その後は降っていなかったが、金曜の深夜から土曜の朝にかけて8ミリ程度降った。いったん止んだものの、昼過ぎからまた降り始め、2時頃はかなり強く降っていた。土曜は5・6Rが良、8R以降が稍重で、5・6Rは0.3秒遅く、8Rは1秒前後遅く、10Rは1.5秒前後遅く、12Rは1.8秒前後遅い時計だったと考える。日曜は晴れ、一日中稍重で、0.9秒前後遅かった。

新潟は台風19号の襲来週の開催をスキップした。そのため今開催はまだ3週目で、また芝の傷みは少しずつ進んではいるものの、内が傷んでいるというより、内から外へ徐々に、全体的に傷みが広がっているという印象。 今週は火曜に3.5ミリ、金曜に25ミリ程度降った。土曜は曇り、重→稍重という推移を想定し、1秒前後遅い時計を想定する。日曜は前線の出現により午前中弱い雨が降りそうで、稍重を想定し、0.5秒前後遅い時計を想定する。先行差し互角、内外互角。




【新潟ダート】


■含水多めで速いダート、逃げ・先行有利、やや外有利


先週は月曜に1ミリ降り、その後は降っていなかったが、金曜の深夜から土曜の朝にかけて8ミリ程度降った。いったん止んだものの、昼過ぎからまた降り始め、2時頃はかなり強く降っていた。土曜は2~7Rが稍重、9・11Rが重で、2秒前後速い時計だった。

今週は火曜に3.5ミリ、金曜に25ミリ程度降った。土曜は曇り、不良→重という推移を想定し、1.5秒前後速い時計を想定する。日曜は午前中弱い雨が降りそうで、重~稍重を想定し、1秒前後速い時計を想定する。逃げ・先行有利、やや外有利。


城崎哲

JOSAKI TETSU

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN