競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. フィリーズレビューなどの馬場予想
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

どこよりも早い重賞分析

サムネ画像このページでは 豪華メンバーが集結した大阪杯2020の・・・ ・出走予定...
続きを読む

春の中山・阪神・中京攻略

サムネ画像昨年は、水上学が「戦略的集中プロジェクト」にて馬連1万2890円、3連単11万0...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 30日、月曜日の昼前に遠野の携帯が鳴った。「とのさんさぁ。申し訳ないけど今日...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

馬場トレンドジャッジ

2020年03月14日(土)更新

フィリーズレビューなどの馬場予想

金鯱賞の馬場ジャッジは
≪重賞データ・傾向と分析≫
のページ内で公開中です!


土曜は太平洋側を低気圧が北東上するため、接近するタイミングで雨が降ることになりそう。阪神は土曜の午前中、中京は昼過ぎまで、中山は一日中雨が降る可能性がある。

日曜は3場とも曇りを見込めるが、阪神と中京は南西風がやや強く吹くかもしれない。


【中山芝】


■土曜の雨で芝がかなり軟らかくなる、内外互角、やや先行有利


《Aコース3週目》

先週は月曜に4ミリ、水曜から木曜の朝にかけて8ミリ降った。土曜は曇り、良で0.3秒前後速い時計だった。日曜は弱い雨が一日中降り続き、5Rのみ稍重、8R以降は重で、2.3秒前後遅い時計だった。

JRA-HPの写真を見る限り、芝の状態はそんなに悪くなさそうだが、まだ野芝が休眠中の冬の芝なので雨が降ると一気に遅くなってしまうようだ。今週も土曜に雨が降りそうなので、先週並みの遅い時計になることを想定しておいたほうがよさそう。

今週は火曜に15ミリ降った。その後晴れが続いて芝はすっかり水はけした。ただし土曜の中山は一日中雨が降り続きそう。土曜は雨、重~不良を想定し、2秒前後遅い時計を想定する。日曜は晴れそうだが、前日の雨の影響は残るハズ。日曜は晴れ、稍重→良という推移を想定し、0.5秒前後遅い時計を想定する。内外互角、やや先行有利。




【中山ダート】


■含水多めの速いダート、やや外有利、逃げ・先行有利


先週は月曜に4ミリ、水曜から木曜の朝にかけて8ミリ降った。土曜は曇り、良で0.2秒前後速い時計だった。日曜は弱い雨が一日中降り続き、3Rまで稍重、6R以降は重で、0.6秒前後速い時計だった。

先週の中山ダートはとくに逃げ馬の活躍が目立った。なんと7レース中6Rで逃げ馬が勝っている。スローペースも多いが、ハイペースでも前が残りやすくなっている。これが無観客競馬の影響なのかどうかわからないが、今週も逃げ・先行馬に普段以上に注意が必要だ。これは全場、芝ダートともにある程度意識しておいたほうがよさそうだ。

今週は火曜に15ミリ降った。土曜は雨、重→不良という推移を想定し、1.5秒前後速い時計を想定する。土曜の夜に雨が上がり、日曜は晴れ、重→稍重という推移を想定し、0.8秒前後速い時計を想定する。やや外有利、逃げ・先行有利。




【阪神芝】


■状態よいがやや含水多めの軟らかい芝、やや内有利、やや先行有利


《Aコース3週目》

先週は水曜に12.5ミリ、木曜に0.5ミリ降った。土曜は晴れ、乾き気味の芝で、0.7秒前後速かった。日曜は午前中に雨が降ったが、芝のレースが午後からだったため、影響が多少軽減した。日曜は曇り、稍重で0.8秒前後遅い時計だった。

水曜から木曜にかけて10ミリ超の雨が降ったのに、土曜の芝が乾き気味で速かったのは芝の状態がいいシルシだ。日曜の雨が午前中に降って、芝レース開催中に降らなかったため、芝の状態が今週も維持されそうだ。

今週は火曜に10.5ミリ降った。土曜は朝からすでに3ミリ程度降り、昼頃まで降り続きそうだ。雨→曇り、重→稍重という推移を想定し、1秒前後遅い時計を想定する。土曜の開催終了後に雨が追加で多少降るかもしれない。日曜は晴れ、稍重→良という推移を想定し、タイム差なし前後の時計を想定する。やや内有利、やや先行有利。




【阪神ダート】


■含水多めでやや速いダート、内外互角、先行差し互角


先週は水曜に12.5ミリ、木曜に0.5ミリ降った。土曜は晴れ、4Rまでが重、7R以降が稍重で、0.5秒前後遅かった。日曜は午前中(4Rまで)に雨が降り、午後は曇り、重で1.2秒前後速い時計だった。

とくに風が強かったわけでもなく、馬場状態だけから見れば土曜の時計はもっと速くてもよさそうだったが、スローペースだったり、逆に超ハイペースだったり、極端なペースのレースが多かった印象。そのため時計が遅くなったのかもしれない。

今週は火曜に10.5ミリ降った。土曜は朝から雨で、昼頃まで降り続く可能性がある。雨→曇り、重を想定し、1.5秒前後速い時計を想定する。日曜は晴れ、稍重を想定し、0.5秒前後速い時計を想定する。内外互角、先行差し互角。




【中京ダート】


■含水多めで、やや速いダート、逃げ・先行有利、やや内有利


先週は水曜に5.5ミリ降った。土曜は晴れ、良で、0.1秒前後速い時計だった。土曜の夜から雨が降り始め、さらに日曜の開催中も降り続き、とくに午後は強い降りになった。結局開催終了間際に雨が止むまでに41ミリ降った。日曜は雨、2秒前後速い時計だった。

今週は火曜に41ミリ降った。土曜の午前中にも数ミリ程度降る可能性がある。土曜は曇り、稍重~重を想定し、1秒前後速い時計を想定する。日曜は晴れまたは曇り、良を想定し、0.3秒前後速い時計を想定する。やや内有利。先行差し互角。


城崎哲

JOSAKI TETSU

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN