協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 馬場トレンドジャッジ
  4. 【アルゼンチン共和国杯・みやこSなど】今週の馬場予報
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

馬場トレンドジャッジ

2020年11月07日(土)更新

【アルゼンチン共和国杯・みやこSなど】今週の馬場予報

土曜の関西方面には一時的に気圧の谷ができている。日曜には崩れて西高東低の乾燥した冬型の気圧配置になる。

土曜の阪神は一日中小雨が降ったりやんだりしそう。他の2場もおおむね曇り。

日曜の3場はほぼ雨の心配はなさそう。


【東京芝】


■内に1.5頭分くらい傷んだベルトあり、やや差し有利、やや外有利

《Bコース2週目》

先週はほぼ晴れで雨が降らなかった。土曜は晴れ、良で、1秒前後速い時計だった。日曜は晴れ、良で0.5秒前後速い時計だった。

日曜は芝の7レース中天皇賞秋以外の6レースがスローペースだった。なので単純計算だともっと遅いが、土曜よりちょい遅い時計と考えて、このようにジャッジした。

先週はBコース替わりということもあってそれほど内を避けてはいなかったが、最内を通った馬は最後の伸びを欠いていた印象。JRA-HPの写真を見ても3コーナーの内の芝がかなり剥げているのが分かる。例年ならこんなの下の野芝の枯れ色が出ているだけだよ、と言いたいところだが、1・2週目が重・不良だった経緯からみて、今回は内の芝が実質的にかなり傷んでいると考えていいと思う。

内にほぼ1.5頭分の傷んだベルトがあると考える。全体の芝の状態がよく外に逃げない分、小さい馬番の馬が最内に閉じ込められた場合はある程度不利と考えていいかもしれない。

今週は月曜に0.5ミリ、火曜に3ミリ降った。また開催日の雨の心配はなさそう。土曜は晴れ、やや乾き気味の良で0.8秒前後速い時計を想定する。日曜は晴れ、やや乾き気味の良で0.4秒前後速い時計を想定する。やや差し有利、やや外有利。






【東京ダート】


■やや乾き気味だが速めのダート、やや外有利、逃げ馬注意!逃げ・先行有利

先週はほぼ晴れで雨が降らなかった。土曜は晴れ、やや乾き気味の良で、0.7秒前後速かった。日曜は晴れ、やや乾き気味の良で0.7秒前後速かった。

秋の東京のダートの時計がずっと速い。路盤の状態がいい可能性もあるが、1週目に大雨に降られた際に砂が流れて多少薄くなっている可能性もある。同じ砂厚9センチといっても、みちみちの砂をすりきり9センチにしているのと、ないものを寄せて9センチにしているのとではかなり違うハズ。

今週は月曜に0.5ミリ、火曜に3ミリ降った。また開催日の雨の心配はなさそう。土曜は晴れ、やや乾き気味の良で0.5秒前後速い時計を想定する。日曜は晴れ、やや乾き気味の良で0.5秒前後速い時計を想定する。やや外有利、逃げ馬注意!逃げ・先行有利。




【阪神芝】


■硬めセッティングの開幕週の速い芝、逃げ・先行有利、内有利

《Aコース1週目》

例年ならこの時期は京都開催なのだが、京都競馬場が改修工事のため今年は阪神開催になり、このまま暮れまで阪神開催が続く。7月に4回阪神をやったので、今回が5回阪神、次が6回阪神になる。

9月の阪神が中京と変わったので、7月半ばに4回阪神を終えてから休みに入り、8・9・10月がインターバル期間になった。今年は2万1500㎡の芝を張り替えた(昨年は2万㎡だった)。ほぼ限界の数字だと思うが、今年の7月はひたすら雨ばかり降っていたので、面積が増えたのは仕方がない。ただ今年の夏は6・7月が涼しく8月が暑かったので、やや遅めの張り替えタイミングでも、芝の定着にとってそれほどマイナスではなかったかもしれない。

養生期間の芝の軟化作業は、シャタリングだけ行った。これは昨年と同様だ。阪神は毎年比較的硬めのセッティングをしているが、ローテーション的にいっそう厳しい今年はとくに硬めにしているハズだ。土曜の朝に小雨が降り、午後にも多少降る可能性があるが、夏と違って温湿気の流入がないので降水量は多くならないハズ。数ミリ程度の降水なら速い芝のままと考えていいのではないか。

今週は月曜から火曜の早朝にかけて30ミリ降った。その後は晴れたり曇ったり。土曜の朝に1ミリ程度降った。土曜は曇りのち雨、含水多めの良を想定し、1秒前後速い時計を想定する。日曜は晴れ、標準的含水の良を想定し、1.5秒前後速い時計を想定する。逃げ・先行有利、内有利。




【阪神ダート】


■含水多めでやや速いダート、外有利、やや先行有利

今週は月曜から火曜の早朝にかけて30ミリ降った。その後は晴れたり曇ったり。土曜の朝に1ミリ程度降った。土曜は曇り、良~稍重を想定し、1秒前後速い時計を想定する。日曜は晴れ、やや含水多めの良を想定し、0.5秒前後速い時計を想定する。外有利、やや先行有利。




【福島芝】


■軟らかく、2週目でも時計がややかかる芝、やや外有利、先行差し互角

《Aコース2週目》

先週は中間に雨が降っていない。土曜は晴れ、良で、0.7前後速い時計だった。日曜は晴れ、良で、0.5秒前後速い時計だった。

福島の芝は4コーナーの水はけが悪いのでちょっと降っただけで軟らかくなり時計がかかるようになる。しかも今年はクッション性の数値公開元年なので、少し気を入れて軟らかくしている気配。

今週は水曜に4ミリ降った。土曜は晴れ、良を想定し、タイム差なし前後の時計を想定する。日曜は晴れ、良を想定し、タイム差なし前後の時計を想定する。やや外有利、先行差し互角。




【福島ダート】


■標準的含水で標準的時計のダート、逃げ・先行有利、内外互角

先週は中間に雨が降っていない。土曜は晴れ、良で、0.2前後速い時計だった。日曜は晴れ、良で、0.1秒前後遅い時計だった。

今週は水曜に4ミリ降った。土曜は晴れ、良を想定し、0.2秒前後速い時計を想定する。日曜は晴れ、良を想定し、タイム差なし前後の時計を想定する。逃げ・先行有利、やや外有利。



城崎哲

JOSAKI TETSU

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line