協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 馬場トレンドジャッジ
  4. 【中山金杯・京都金杯など】今週の馬場予報
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

馬場トレンドジャッジ

2021年01月05日(火)更新

【中山金杯・京都金杯など】今週の馬場予報

大陸性の高気圧に覆われている中で、朝方に小さな低気圧が日本海に発生し、寒冷前線をぶら下げて列島上空を通過する。そのため午後にかけて雲が増える。2場とも開催中の降水はなさそうだが、中京はメーンレース前後に雪がぱらつく可能性もある。


【中山芝】


■軟らかい芝もCコース替わりで状態一変、やや内有利、やや先行有利

《Cコース1週目》

有馬記念の開催の週は雨が降らなかった。ほぼ3週間降ってなかったことになる。そこで木曜に1回だけ散水した。土曜は晴れ、乾き気味の良で1.3秒前後遅い時計だった。日曜は晴れ、乾き気味の良で1.2秒前後遅い時計だった。

土曜はともかく日曜は大きな馬番の馬が上位を独占した。有馬記念の1着クロノジェネシスは道中ずっと4頭分くらい外を回っていた。2着のサラキアはさらに外を回っていた。一方8Rのグッドラックハンデは内ぴったりを逃げた馬が大差で勝った。外のほうがよかったことはたしかだが、内外の差は見かけほど大きくはなかったと思う。

今週からCコースになる。JRA-HPの写真を見ると、直線部分は内外まんべんなく傷みが浅く広がっているが、コーナー部分はよく洋芝が伸びていて、内も傷んでいる感じはない。

秋以降Cコースは4回中山で2週使われている。うち1週は土日とも稍重だったが、その時のダメージがそんなに大きかったとは思えない。芝が休眠して軟らかくなっている真冬の開催でも、全体的な芝の状態はAコース使用時とは一変しているハズ。

有馬記念の後、30日に3ミリ降り、3日(日曜)に散水した。暮れの開催時よりは若干含水多めだ。5日は曇り時々晴れ、やや乾き気味の良を想定し、0.8秒前後遅い時計を想定する。やや内有利、やや先行有利。






【中山ダート】


■凍結防止剤入りの2週目でやや時計がかかるダート、やや外有利、やや逃げ・先行有利

先週は雨が降らず、3週間降ってない状態で週末を迎えた。かつ先週から凍結防止剤がまかれた。土曜は晴れ、カラカラに近い良で0.3秒前後速い時計だった。日曜は晴れ、カラカラに近い良でタイム差なし前後の時計だった。

先週も書いたが、凍結防止剤がまかれても、まいた直後で、かつ砂がカラカラだと水を吸って粘り気が出ないので、それほど時計が遅くならない。先週はそういう感じだったのだと思う。

その後30日に3ミリ雨が降った。先週と比べて多少粘り気が出ていると考える。5日は曇り、凍結防止剤入りで、カラカラに近い良を想定し、0.5秒前後遅い時計を想定する。やや外有利、やや逃げ・先行有利。




【中京芝】


■中間の整備でやや路盤が締まった状態の芝、やや先行有利、内外互角

《Aコース1週目》

Aコースは2回中京の1・2週目、3回中京の1・2週目の合わせて9日間使われた。そのうち2回中京の前2週は前日に雨が降ってやや緩い状態で競馬が行われた。

昨年の中京は夏の養生期間が中山なみに長く、秋しょっぱなの芝は絶好だった。そこで芝の耐久性も上がっていると考えたが、実際には傷みの進行が意外なほど早かった。JRA-HPの写真を見ると、3コーナーの内に芝が傷んだラインができていることがわかる。中京の芝の傷みやすさはローテーションの問題だけではなく、路盤自体の質からも来ているのかもしれない。

だが今年の中京は、本来の中京開催に加えて改修中の京都開催も引き受けるので、これから夏までに13週も消化しなければならない。そこでできるだけ締め気味のセッティングにしたいハズ。

JRA-HPには「人力による蹄跡補修作業を実施しました」とある。これはローラーによる締め固めは行ってないという断りだが、逆にいうと、ローラーを使いたくなるような状態だったとも読める。

ローラーを使わない分、念入りに均したハズ。締めたくても締まらないのが中京の路盤という可能性もあるが、芝のクッション性の数字も今週は10.5と、秋以来2番目に大きな数字が出ている。今週はやや速めの時計になると考える。

直近の天気は、昨年の30日に3ミリ、31日に0.5ミリ降って、それ以降は降っていない。散水もしていない。5日は曇り、標準的含水の良で、0.3秒前後速い時計を想定する。やや先行有利、内外互角。




【中京ダート】


■標準的含水の標準的速さのダート、やや先行有利、やや外有利

中京ダートは2回中京と3回中京の間でガクッと時計が遅くなっている。ということは間に新砂を多めに入れたのだと邪推する。また中間の作業に凍結防止剤をまいたとは書いてない。だから昨年の3回開催時の状態をそのまま引き継ぐと考える。

昨年の30日に3ミリ、31日に0.5ミリ降って、それ以降は降っていない。5日は曇り、標準的含水の良で、タイム差なし前後の時計を想定する。やや先行有利、やや外有利。



城崎哲

JOSAKI TETSU

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line