協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 馬場トレンドジャッジ
  4. 今週の馬場傾向【阪神開幕週の馬場】
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

馬場トレンドジャッジ

2015年06月05日(金)更新

今週の馬場傾向【阪神開幕週の馬場】


【東京芝】


■土曜は中速芝、日曜は高速芝、内外互角、やや差し有利


《Cコース2週目》
 Cコース1週目の先週は金曜日に1.5ミリ降水があったが、土曜日が朝からカンカン照りになり、先々週に続いて速めの芝になった。金曜日に小雨が降ったため散水を控えたが、1.5ミリの雨量では通常の1日の散水量に届かなかったためだろう。それにより土曜日は1秒前後速くなった。日曜日も晴れたが、土曜日の競馬終了後に散水したようで、日曜日は少し時計がかかり気味になり0.7秒前後速くなった。

 今週は金曜日から土曜日の午前中にかけて雨の予報が出ている。合計30ミリ程度は降りそうだが、5レースの新馬と6レースの未勝利戦が正午過ぎに続けて行われるものの、9レースの頃には水はけして良になっている可能性が高い。だが明日の予想最高気温が24度とこの時期にしては低く、また湿度も残りそうなので、芝の乾き方がゆっくりで先週ほど速くならないだろう。土曜日は0.6秒前後速い芝を想定する。土曜の番組終了後には通常並に散水するだろうし、また日曜の最高気温も土曜と同じくらいという予報なので、日曜も土曜と同じくらいの速さになりそう。0.7秒前後速い芝を想定する。芝の状態は内がいちばんいいけれども、外でも遜色ない状態。やや差し有利、内外互角。




【東京ダート】


■速めのダートで先行差し互角、やや外有利


 先週は土、日とも晴れただけでなく、最高気温が土日とも30度越えで、土曜日はタイム差なしのダートになった。日曜日はさらに乾いてカラカラの白いダートになり、0.6秒前後遅いダートになった。東京のダートがこれだけ遅くなるのは久しぶりだ。

 今週は金曜日の夜から土曜日の朝にかけて降り、土曜の開催前には止んでいる予報だが、東京のダートはそれほど水はけが速くないし、明日の予想最高気温も24度とこの時期にしては低めなので、土曜日は重または不良スタートで、良化しても稍重どまりと考えて、2秒前後速いダートを想定する。日曜日は稍重スタートで、午後に良に回復すると考える。0.7秒前後速いダートを想定する。外に持ち出して差せる馬場で、土日とも先行差し互角、やや外有利。




【阪神芝】


■時計のかかる芝も内めがよくやや内有利、やや先行有利


《Aコース1週目》
 昨年の秋以降の阪神の芝のローテーションは、Aコース(4日間)→Bコース(4日間)→Aコース(6日間)→Bコース(2日間)→Aコース(10日間)→Bコース(6日間)。これまでAコースは合計20日間使われているが、阪神の芝コースにはAコースとBコースしかないので、それらを交互に使うしかない。そのためAコースを走るときはBコースも走るが、Bコースを走るときはAコースは走らないという単純な理屈で、見た目はともかくBコースよりもAコースのほうが傷みが少ないことが多い。また昨年以降のAコース開催の最後になる3月28・29日の競馬がかなり内有利、先行有利な傾向があったことからも、今週のAコースがやや内有利な状態であると考えて大きく間違えることはないだろう。

 今週の阪神は水曜日に58.5ミリも雨が降ったにも関わらず木曜日に散水している。さらに金曜は夜9時半の時点ですでに20ミリ近い雨量が降っている。この雨は朝方にやむようだが、重からのスタートになる可能性が高い。午前中は曇り、昼ごろから晴れる予報。気温が25度くらいまでしか上がりそうもないのは府中と同じだが、府中に比べると阪神はやや風が強いため、その分乾くのも速いだろう。だが今年の阪神は秋以降ずっと時計がかかっている上、渋って時計がかかる傾向も顕著につき、土曜日は1.5秒前後遅い時計を想定する。日曜は最初から良で競馬できるはずだが、気温の上がり方は土曜とほぼ同じで、朝から晴れて芝はほどほどに乾き、1秒前後遅い前後の時計を想定する。やや先行有利。やや内有利。




【阪神ダート】


■速いダートで逃げ・先行有利、内外互角


 今期の阪神のダートの特徴は水はけがいいこと。そのため週日にかなりの雨量が降っても不思議と水はけして回復してしまうことが多い。今週は水曜日に58.5ミリも降り、他場なら金曜日正午の馬場発表は「稍重」になるところ、阪神は「良」になっていた。

 金曜日の午後から土曜日の午前中にかけて30ミリ以上降りそうで、不良または重のスタートになりそうだが、前述したように阪神のダートは水はけがよく昼以降は稍重に回復している可能性がある。とはいえ土曜日は終日含水のある速いダートで、1秒速い時計を想定する。日曜は午前中が稍重で、昼過ぎに良になると考えて、0.5秒前後速いダートを想定する。逃げ・先行有利、内外互角。



プロフィール
城崎哲

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。


城崎哲

JOSAKI TETSU

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line